スマートフォン版はこちら

30代営業職 転職活動で失敗しないためのポイント

以前とは異なり、今の時代では、2回、3回転職をする方も増えてきていますが、30代で転職活動を行うと、「次の会社で長期間働こう。最後の転職にしよう。」という決意を持って転職活動をされている方が多く見られます。「次の会社が最後の会社」と考えると、失敗はできない、と転職にも非常に慎重になるでしょう。30代営業職の転職で失敗しないためのポイントをご紹介します。

30代営業職の転職 失敗しないためのポイント

●なんのための転職なのかを明確にしておく

なんとなく内定をもらった企業に転職してしまい、入社後に思い描く仕事ではなかった、と再度転職をしたいとご相談にこられる転職希望者の方がいらっしゃいます。転職が当たり前になってきた世の中とはいえ、転職回数が多いと、「この方は長期で働いていただけるだろうか」と人事側からの懸念材料となってしまいます。このようなあいまいな理由での転職をして、短期間に社歴が1社増えただけ、というのは30代では特に望ましくない転職といえます。

そうならないためにも、「なんのための転職なのか」の軸を明確にしておく必要があります。「チャレンジできる環境にいきたい」「マネジメントの道を究めたい」「営業として●●業界の製品を扱いたい」など理由はさまざまあるでしょう。転職に関する決断をするときは、この軸にかならず立ち返るようにしましょう。

●自分の得意な営業スタイルや商材を見極める

30代の営業職の転職では、今までのご経験をベースに転職をすることになるでしょう。その場合、今までの自分の得意な営業スタイルはなんなのかを整理しておきましょう。新規開拓系が得意なのか、リレーションを深く構築する営業が得意なのか、また、商材であれば、無形の商材が得意なのか、有形の商材が得意なのか、など10年以上のご経験の中でご自身の強みがあるでしょう。そういったとを見極めること、ご自身の望む営業スタイルでの営業ができるポジションなのか、この点を見極めた転職活動を行いましょう。