スマートフォン版はこちら

MRになった後のキャリアって?

『高年収』『価格交渉をしなくてもいい営業職』『未経験でもチャレンジ可』……MR(メディカル・リプレゼンタティブ_Medical Representative)の特徴として挙げられる3つのポイントです。若手でまだ社会人経験の浅い方はもちろん、経験のある方でもその年収の高さに十分惹かれる職種です。

MRのキャリアパスは?

ただ、求職者の方から「MRになった後、自分はどんな風になっていくんだろう?」という質問をよく受けます。MRとして就職したその後のキャリアパスを、今回のコラムではご紹介します。

1.そのままMRとしてキャリアを積む

文字通り、そのままMR職をとことん極めるというキャリアパスです。極め方としては、いろいろな製品を幅広く担当するゼネラリストMR、もしくは、1つの製品・領域を極めるスペシャリストMRの2通りがあります。また、MR職として、組織のなかでマネジメント業務を担うことも、成長の一つといえるでしょう。

2.同じ会社内で、別職種へ異動する

MRに限らずですが、営業の現場から例えばマーケティング担当や教育担当、人事などの本社のスタッフになるケースもあります。

3.医療分野の専門性を別職種へ活かす

MRという仕事ではなく、例えばCSO(医薬品販売業務受託機関)にて製薬会社にコントラクトMRを提案する営業職や、CROにおける臨床開発の業務への従事など、MRとして培った業界知識・経験が活かせる職業はたくさんあります。

パソナキャリアでは、目先の希望だけを満たす転職先のご紹介だけではなく、その後のキャリアパス全体を踏まえた上で、求人のご紹介をさせていただきます。