スマートフォン版はこちら

DXエンジニアになるには?仕事内容や必要な能力、主な転職先をわかりやすく解説!

DXエンジニアになるには?仕事内容や必要な能力、主な転職先をわかりやすく解説!

近年、さまざまな業界でDXの機運が高まっており、「DXエンジニア」の採用が活発になっています。DXエンジニアは多様な役割を任されることもあって、高水準の給与や待遇で採用されるケースも珍しくありません。そのため、キャリアアップのためにDXエンジニアを目指したいという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、DXエンジニアの主な仕事内容や必要な能力、目指すための方法についてわかりやすく解説します。今後の転職活動を有利に進めるためにも、参考にしてみてください。

DXエンジニアとは?

そもそもDXエンジニアとは、どのような人材のことを指すのでしょうか。本章では、DXエンジニアの定義や主な職種について解説します。

DXエンジニアの定義

DXエンジニアとは、DX(デジタル・トランスフォーメーション)の推進に携わるエンジニアのことをいいます。前提としてDXとは、企業が最先端のデジタル技術を駆使して、ビジネスモデルを変革する取り組みのことです。近年はAIやIoT、ブロックチェーンなどの発展が目覚ましく、事業の成功に最先端技術の活用が欠かせなくなっています。こうした背景から、高度なデジタル技術を備えたDXエンジニアの需要が高まっているのです。

DXエンジニアの具体的な職種

DXエンジニアは単一の職種というわけではなく、DXにかかわるさまざまなエンジニアの総体を指します。

例えば、事業計画の立案や推進を担う「ビジネスデザイナー」、事業戦略をもとにシステム設計を手がける「テックリード」、ビッグデータの分析や活用を専門にする「データサイエンティスト」、ユーザー視点での使いやすさを追求する「UI/UXエンジニア」、プロダクトの実装に携わる「エンジニア・プログラマ」などが挙げられます。DXエンジニアはそれぞれが高度な専門性を持ち合わせ、連携しながらDXに取り組んでいるのが特徴です。

DXエンジニアの主な仕事内容

DXエンジニアは、具体的にどのような仕事を手がけているのでしょうか。本章では、DXエンジニアの代表的な仕事内容について解説します。

DX全体の戦略立案

DXエンジニアの大きな役割として、DX全体の戦略立案が挙げられます。具体的には、自社の経営課題や競合他社の状況、市場の動向、消費者のニーズなどを細かく分析して、今必要とされているビジネス戦略を立案する仕事です。DXエンジニアがDXで目指すべき方向性を明確にすることで、プロジェクト全体が円滑に進みます。

DXプロジェクトのマネジメント

プロジェクトのスタート後、DXエンジニアはプロジェクト全体の管理も担います。具体的には、プロジェクトメンバーの選定や育成をしたり、予算を管理したり、新事業を開始するまでのスケジュールを決めたりする役割です。特にDXは部署の垣根を越えて実施することがほとんどであるため、経営層や他部署との交渉や調整も欠かせません。

プロダクトの設計・開発・運用

DXにおいては、レガシーシステムを刷新したり、新たなシステムやアプリケーションを開発したりするケースも少なくありません。その際は、DXエンジニアが外部のSIer(ベンダー)と協力して、設計から開発まで手がけます。また、システムがリリースされたあとに問題が起こらないよう保守・運用するのも重要な仕事です。

データの分析・利活用

近年は消費者の購入履歴や位置情報、気象データなど、さまざまなビッグデータがマーケティングに活用されています。こうしたデータを分析し、新しいビジネスへの活用方法を考案するのもDXエンジニアの仕事です。ビッグデータの使い方次第では、既存事業を大きく刷新し、市場での競争優位性を生み出せる可能性もあります。

DXエンジニアに必要な能力

DXエンジニアには、具体的にどのような能力が求められるのでしょうか。本章では、DXエンジニアに必要とされるスキルや知識について解説します。

IT関連の基礎的な知識・スキル

大前提として、DXエンジニアはITに関する基礎的な知識を網羅しておく必要があります。例えば、Webやアプリケーション、サーバー、データベース、ネットワークなどに関する広範な知識が不可欠です。また、DXでは小さな単位でスピーディにPDCAを回すアジャイル開発が主流になっています。こうした開発手法のメリットや課題、進め方なども正しく理解しておくことで、現場のエンジニアと意思疎通を図りやすくなるでしょう。。

最先端技術に関するノウハウ

DXでは、最先端のデジタル技術に関する知識も欠かせません。具体的には、AIやIoT、ブロックチェーン、AR・VR、クラウド、ビッグデータ、MaaS、5Gなどの領域が挙げられます。こうした最先端技術のトレンドを把握するだけでなく、「どうすればビジネスに活かせるのか」を考え、実際のプロダクトに落としこむ力も重要です。

プロジェクトマネジメントスキル

DXエンジニアは組織全体を管理する立場になることも多いため、プロジェクトマネジメントの能力も求められます。例えば、他部署と円滑にコミュニケーションを取る、経営層に事業戦略をプレゼンする力が必要です。また、メンバーの動機づけをして、モチベーションを高く働ける環境を作るのも大切な役目といえます。

課題分析力

DXは自社の課題や、社会に潜んでいる「不便」や「不満」を発見することから始まります。そのため、DXエンジニアには物事の課題を発見し、解決までの道筋を考える能力も必要です。普段から「デジタル技術で世の中の問題を解決できないだろうか」と考える習慣をつけておくことで、DXにおける課題分析力も養いやすいでしょう。

DXエンジニアの年収や将来性

近年ますますニーズの高まるDXエンジニアですが、どのくらい将来性のある仕事なのでしょうか。本章では、DXエンジニアの年収や将来性について解説します。

DXエンジニアの年収はどのくらい?

DXエンジニアは高度な専門性が求められる職種であるため、年収水準が高いのが特徴です。IPAの発表した『IT人材白書2020』(※)によれば、DXエンジニアのような先端IT従事者の年収として最も割合が高いのは、「1,000万円~1500万円未満」(15.2%)でした。一方、先端IT非従事者の年収は、「600万円~700万円未満」(15.2%)が最も高い割合です。最先端領域に携わるエンジニアほど、高い年収が期待できる傾向が見てとれます。

※参考:IT人材白書2020|IPA 独立行政法人 情報処理推進機構(PDF)

DXエンジニアの将来性は高い

近年あらゆる業界でDXが盛んになっているため、DXエンジニアの需要は非常に高い状況です。さらに総務省の情報通信白書(※)によれば、DXを進めるうえでの課題について「人材不足」と答える日本企業は53.1%にものぼります。つまり、需要があるにもかかわらず、人手が足りていないのが実情なのです。経済産業省を中心に国をあげてDX人材の育成を推進しているため、DXエンジニアの将来性は引き続き高いといえるでしょう。

※参考:令和3年 情報通信白書|総務省

DXエンジニアになるための方法

DXエンジニアになるためには、具体的にどのようなことを実践すればいいのでしょうか。本章では、DXエンジニアになるまでの道筋を“3つ”のステップで解説します。

STEP1:書籍や資格取得で知識を身につける

まずはDXエンジニアの素養となる、ITの基礎知識や最先端デジタル領域の知見を身につける必要があります。参考書籍を読んで勉強したり、社外研修やオンラインスクールで体系的に学んだりしながら、インプットを重ねましょう。特に実際のシステムを操作しながら授業を受けられる「ハンズオン形式」のセミナーは、効果的です。

また、IT関連の資格取得を目指しながら、基礎知識を学ぶのも有効といえます。例えば、経営視点でデジタル戦略を立案できるようになる「ITストラテジスト」、アジャイル開発のマネジメントに役立つ「認定スクラムマスター」、クラウドの活用技術が身につく「Google Cloud 認定資格」などは、転職の際にも武器になるでしょう。

STEP2:インプットと同時進行で、実務スキルと経験を積む

DXエンジニアの仕事は、知識だけでは通用しない場面もあります。そのため、知識を習得したら、実務スキルも身につけることが大切です。例えば、社内のIT業務やDXプロジェクトに積極的に参画し、実務経験を積むのも有効でしょう。また、未経験でも挑戦できるエンジニアやプログラマの求人に応募し、システムの開発技術を学ぶという道もあります。インプットと並行し、実際の開発現場でしか得られない経験を蓄積しましょう。

STEP3:DX関連の求人に応募する

IT領域で一定の実務経験を身につけたら、DX関連の求人に応募してDXエンジニアを目指しましょう。

DXエンジニアを募集している企業は、大きく2種類に分かれます。クライアントのDXを支援する「ベンダー側(SIerやソフトハウス)」と、自社のDXを推進する「ユーザー企業側」です。ベンダー側のDXエンジニアは幅広い業界や企業のDXを支援でき、ユーザー企業側のDXエンジニアは自社のDXプロジェクトに深く携われるという特徴があります。どのような役割を担いたいかを考えたうえで、最適な転職先を選ぶことが大切です。

DXエンジニアを目指すには、ハイクラス転職の活用を

DXエンジニアの求人は給与水準が高いこともあり、主にハイクラス向けの転職サービスで扱われています。そのため、転職でDXエンジニアを目指す際には、ハイクラス向けの転職エージェントを積極的に活用することで、より自分の希望に合った求人と出会いやすくなるでしょう。

パソナキャリアは、求人の約半数が「年収800万円以上」のハイクラス向け転職エージェントサービスです。DXエンジニアの転職を豊富に支援してきた転職コンサルタントが、履歴書・職務経歴書の添削から面接対策、求人の紹介、企業との交渉まで一貫してサポートします。ぜひ転職でDXエンジニアを目指す際には、パソナキャリアへお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

年収800万円以上、年収アップ率61.7%

ハイキャリアの転職に特化したコンサルタントが、最適なポストを提案します 

仕事のやりがいは何ですか?
今の仕事で満足な点と変えたい点はありますか?
あなたにとってのワークライフバランスとは?
パソナキャリアはあなたのキャリアを相談できるパートナーです。キャリアカウンセリングを通じてご経験・ご希望に応じた最適な求人情報をご案内します。