スマートフォン版はこちら

プロジェクトマネージャー(IT)とは?仕事内容や必要なスキル、キャリアパスを紹介!

プロジェクトマネージャー(IT)とは?仕事内容や必要なスキル、キャリアパスを紹介!

IT業界において需要が高い職種の一つに、「プロジェクトマネージャー」があります。転職サイトで多くの求人が並んでいるため、プロジェクトマネージャーに挑戦してみたいという方も多いかもしれません。

プロジェクトマネージャーは、IT業界でシステム開発の総指揮をとるポジションのため、広範な能力が求められます。そのため、プロジェクトマネージャーを目指す際には、仕事内容や必要なスキルを正しく理解しておくことが大切です。

そこで今回は、IT業界で上流工程を担うプロジェクトマネージャーの役割や仕事内容を紹介します。求められる能力やキャリアパスについても解説しますので、ぜひ転職活動を進める際の参考にしてみてください。

プロジェクトマネージャーとは?

そもそもIT業界において、プロジェクトマネージャーとはどのような職種のことをいうのでしょうか。本章では、プロジェクトマネージャーの定義や他の職種との違いについて解説します。

プロジェクトマネージャーの定義

プロジェクトマネージャー(PM)とは、システムやアプリケーションの開発において、プロジェクトの責任者となる職種です。具体的には、クライアント企業とやり取りしてシステムの開発計画を立てたり、最適な技術者を集めて開発チームを組んだり、予算やスケジュールを管理します。実際にシステムの開発が始まれば、現場のエンジニアへ指示を出し、トラブル時には迅速に対策を立てるのも重要な仕事です。高品質なシステムを納期通り完成させるため、プロジェクト全体を円滑に運営するのがプロジェクトマネージャーの役目といえます。

システムエンジニア(SE)との違いは?

システムエンジニア(SE)とは、現場のプレイヤーとしてシステム開発を担う職種のことをいいます。システムの要件定義から基本設計、詳細設計、プログラミング、保守・運用までを担う開発のプロフェッショナルです。

一方のプロジェクトマネージャーはシステムエンジニアを管理するポジションなので、実際に手を動かしてシステムを実装する場面は多くありません。あくまで責任者として、マネジメント業務を担うという特徴があります。

プロジェクトリーダー(PL)との違いは?

プロジェクトリーダー(PL)とは、開発チームでリーダーを務めるシステムエンジニアのことを指します。プロジェクト全体の規模が大きくなると、複数の開発チームに分かれることも珍しくありません。その際、チーム内の技術者をまとめたり、チーム間の連携をとったりする存在が必要です。そこでプロジェクトリーダーが各開発チームの責任者となり、エンジニアへの指示出しや育成、プロジェクトマネージャーへの進捗報告を担います。

一方のプロジェクトマネージャーは、プロジェクトリーダーの上司となる存在です。プロジェクトリーダーが開発チームの指揮をとるのに対して、プロジェクトマネージャーはプロジェクト全体の指揮をとる職種といえます。

プロジェクトマネージャー(IT)の主な仕事内容

 

IT業界のプロジェクトマネージャーは、具体的にどのような仕事を手がけているのでしょうか。本章では、プロジェクトマネージャーの主な仕事内容について解説します。

開発計画の策定

まずはクライアント企業の要望をヒアリングして、システムの仕様や性能、開発規模を決めます。システムの要件に応じて、開発に必要なスケジュールや予算も割り出します。また、要件定義書や基本設計書、詳細設計書をクライアント企業に提出し、意見をすり合わせながらプロジェクトの方向性を固めるのも重要な仕事です。

プロジェクトチームの編成

続いては開発工程に基づいて最適な人数・スキルの技術者を集め、開発チームを結成します。チーム結成後は、メンバーにプロジェクトの概要や方向性、具体的な作業内容をわかりやすく伝えることも重要です。また、チーム内のエンジニアやプログラマーに快適に開発へ打ち込んでもらえるよう、作業環境を整える必要もあります。

開発中のプロジェクト管理

開発がスタートしたら、定期的に各チームの進捗を確認します。各チームのプロジェクトリーダーから現場の意見をヒアリングしたり、必要であればエンジニアの育成や指導をしたりすることも珍しくありません。また、開発中にトラブルが起きた際はクライアント企業や現場と交渉しながら、開発内容を軌道修正することもあります。

開発後の移行サポート

システムの開発が終われば、最終的なレビュー(検証作業)を実施します。その後、クライアント企業にシステムのテスト結果や操作方法などを説明し、スムーズな移行をサポートするのも大切な役目です。最後はプロジェクト全体の評価点や課題点、クライアントの満足度などを「完了報告書」にまとめ、次回の開発に活かします。

プロジェクトマネージャー(IT)に求められる能力

 

IT業界でプロジェクトマネージャーになるためには、どのような能力が求められるのでしょうか。本章では、プロジェクトマネージャーに必要なスキルについて解説します。

コミュニケーションスキル

プロジェクトマネージャーは普段からさまざまな相手と調整や交渉をするため、コミュニケーション能力が欠かせません。例えば、クライアント企業と予算や納期を決めたり、現場のエンジニアに的確な言葉で指示を出したりします。また、クライアント企業や現場の要望をそのまま受け入れてしまった場合、開発工程に破たんが生じかねません。両者の意見をすり合わせながら最善の着地点を探すためにも、コミュニケーション能力が不可欠です。

アカウンタビリティスキル

アカウンタビリティスキルとは、問題点や解決策などを論理的に説明するスキルのことです。プロジェクトマネージャーは、クライアント企業に対してシステムの要件や設計をプレゼンしたり、トラブル時の進捗について報告したりする場面もあります。その際、論理的に説明する能力があれば、相手の納得感を高めることが可能です。

マネジメントスキル

マネジメントスキルとは、ヒト・モノ・カネのリソース(資源)を適正に管理する能力のことです。例えば、エンジニアを適切なチームに配置したり、予算を計画的に配分したりする能力を指します。また、リスクを事前に察知して十分な対策を施すリスクマネジメントのスキルも備えておくことで、円滑に開発を進められるでしょう

アーキテクトスキル

アーキテクトスキルとは、ITシステムの構造を考える能力です。プロジェクトマネージャーは要件定義や基本設計、詳細設計のような上流工程で、システムの土台作りにかかわる場面も少なくありません。クライアント企業の要望にそった性能を考えたり、設計に潜む問題点を改善したりするためにもアーキテクトスキルは必要です。

プロジェクトマネージャー(IT)のキャリアパス

 

IT業界でプロジェクトマネージャーになるためには、どのようなキャリアを築けばいいのでしょうか。本章では、プロジェクトマネージャーのキャリアパスを4つの流れで解説します。

STEP1:開発現場でスキルを習得

プロジェクトマネージャーになるには、技術者としての開発スキルやIT分野の基礎知識が欠かせません。そのため、まずはプログラマーとしてシステム開発のスキルを身につけることが王道です。その後システムエンジニアにキャリアアップし、要件定義や基本設計、詳細設計といった上流工程のノウハウを習得します。

STEP2:プロジェクトリーダーとしてマネジメント力を向上

プロジェクトマネージャーに欠かせないのが、マネジメント能力です。そのため、システムエンジニアとして一定の経験を積んだあとは、開発チームの責任者であるプロジェクトリーダーに挑戦しましょう。クライアント企業との交渉や現場エンジニアへの指示出しを経験することで、対人関係力やマネジメントのスキルを磨けます。

STEP3:プロジェクトマネージャーに挑戦

ITシステムの開発現場で「開発力」「コミュニケーション能力」「マネジメント能力」を身につけたら、それらを活かしてプロジェクトマネージャーに挑戦します。特にプロジェクトマネージャーは多様なスキルが必要なぶん、人手不足が顕著な職種です。そのため、さまざまな企業で重宝され、高水準の待遇も期待できるようになります。

STEP4:さらなるキャリアアップも可能

プロジェクトマネージャーになったあと、さらにキャリアアップすることも可能です。例えば、経営に関する知識を身につけて、企業のIT戦略を立案する「ITコンサルタント」へキャリアチェンジする人も珍しくありません。また、経験を重ねてCTO(最高技術責任者)やCIO(情報統括役員)などの役職者になる道もあります。

IT業界でのキャリアアップは、転職エージェントの活用を

IT業界でプロジェクトマネージャーを目指すには、まずエンジニアやプロジェクトリーダーとして一定の経験を積むことが大切です。開発現場でアーキテクトスキルやマネジメント能力を身につけながら、着実にステップアップすることをおすすめします。

キャリアチェンジの際、転職エージェントを活用すれば、IT業界における最適な求人選びをサポートしてもらうことも可能です。ぜひIT業界でのキャリア形成をスタートする際には、IT業界の転職支援に強い転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

パソナキャリアは、求人の約半数が「年収800万円以上」のハイクラス向け転職エージェントサービスです。IT業界での転職を数多く支援してきた転職コンサルタントが、履歴書・職務経歴書の添削から求人紹介、面接対策、企業との交渉まで一貫してサポートします。ぜひ転職を通じてプロジェクトマネージャーを目指す際には、パソナキャリアへご相談ください。

おすすめ記事

年収800万円以上、年収アップ率61.7%

ハイキャリアの転職に特化したコンサルタントが、最適なポストを提案します 

仕事のやりがいは何ですか?
今の仕事で満足な点と変えたい点はありますか?
あなたにとってのワークライフバランスとは?
パソナキャリアはあなたのキャリアを相談できるパートナーです。キャリアカウンセリングを通じてご経験・ご希望に応じた最適な求人情報をご案内します。