スマートフォン版はこちら

20代でもハイクラス層への転職は可能?転職で年収を上げる具体的な方法を解説!

img01.jpg

20代は社会人としての基礎を身につけ、少しずつ自信を持てるようになる年代です。だからこそ、「転職で今より上の年収を目指したい」という人もいるかもしれません。一方で、「ハイクラスのキャリアはハードルが高そう」「自分がハイクラスになれるイメージが湧かない」という理由から、挑戦をためらう人が多いのも事実です。
そこで今回は、20代の皆さんが転職でハイクラス層を目指しやすくなるよう、必要な知識を分かりやすく解説します。転職成功のポイントも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

20代でハイクラス転職は可能?

ひとことで「20代」といっても、20代前半と後半では社会人経験の長さやスキルの種類・習熟度も異なります。そのため、自身の年代に合わせてハイクラス転職への向き合い方も調整することが大切です。ここでは、「20代前半」「20代後半」に分け、ハイクラス転職市場における評価や転職を成功させるヒントについて解説します。

(1)20代前半:“ポテンシャル”を発揮できる企業を探そう

前提としてハイクラスの求人は、経営に近いポストや管理職、高度なスキルの必要な専門職が中心です。そのため、業務経験の浅い20代前半では、挑戦できる求人が限られてくる可能性があります。

一方で、20代前半には「吸収力」と「成長性」という他の年代に負けない武器があります。特に20代前半は「第二新卒」と呼ばれる、社会人経験3年以下も含まれます。第二新卒は新卒と同様の成長意欲を持ち合わせているだけでなく、社会人としての基礎的なマナーや考え方を身につけています。そのため、優秀な若手人材を育成したい大手企業や、年齢に関係なく採用を行う外資系企業などでは、第二新卒が歓迎されることもあるのです。だからこそ、業務経験よりポテンシャル重視の企業・職種であれば勝機はあるでしょう。

(2)20代後半:「マネジメント経験」や「専門スキル」がカギ

20代後半はキャリア形成のなかでもベースとなる時期で、ある程度の業務経験を積んでいる年代です。そのため、ハイクラス転職の選考でも若さやポテンシャルより、実績やスキルに重きを置かれるケースが増えるでしょう。特にハイクラス転職では、管理職や専門職の求人が多いため、「マネジメント経験」と「専門スキル」が重視されます。20代のうちに意識してリーダーとしての経験を積む、担当職種でのスキルアップを図ることが勝負の分かれ目です。企業の求めるスキルを研究し、意識して身につけておくことで転職成功にも近づけるでしょう。

20代のハイクラス転職のメリットとは?

20代であれば、転職せずに自社で着実に実績を積むという選択肢もあります。それに対して、転職でハイクラスを目指すメリットとは一体何なのでしょうか。ここでは、大きく3つのメリットを紹介します。

(1)年収や役職がアップする

ハイクラスのキャリアは、一般的に「年収800万円以上」のような高い報酬額が設定されています。経験を生かして年収アップを狙える点は、大きな魅力でしょう。またハイクラス転職では、管理職をはじめ役職付きの求人も珍しくありません。そのため、現職で上のポストが詰まっている場合、転職でキャリアアップが可能です。

(2)キャリア形成が充実する

ハイクラスの求人を出す企業では、当然ながら高い入社要件を満たした社員たちが働いています。優秀な人材と切磋琢磨しながら働くことで、スキルに一層磨きをかけることが可能です。また、転職後は今よりも規模の大きい案件やチャレンジングな目標に挑める可能性も高いため、将来に向けてキャリアの充実も図りやすくなります。

(3)経営に携われるチャンスもある

ハイクラス求人では、事業部の責任者や海外拠点の支社長、経営企画をはじめ経営に近いポストの募集も積極的に行われています。必要なスキルさえ持ち合わせていれば、若くして経営に参画できる機会も豊富です。早いうちに経営視点を養っておくことで、年齢を重ねるにつれて周囲から信頼され、重要な役職に就きやすくなるでしょう。

20代のハイクラス転職のデメリットとは?

ハイクラス転職には良い点だけでなく、リスクがあるのも事実です。ここでは、2つのデメリットを紹介します。

(1)より高いパフォーマンスを求められる

ハイクラスのポジションでは、給与水準が高いからこそより高いレベルのパフォーマンスを求められます。身の丈よりも上の目標が課されたり、案件の難易度が上がったりする可能性も高いでしょう。特に外資系企業をはじめ実力主義の根付いた職場では、期待された成果が出なければ降格や減給になることも覚悟しておかなければいけません。

(2)希望する条件がかなうとは限らない

年収や役職の高さは、確かにハイクラス求人の魅力です。ただし、その他の条件も希望通りになるとは限りません。例えば、「給与は高いものの、休日は今の職場より少ない」「役職が高い分だけ、残業が増える」というケースもあります。そのため、ハイクラス転職の際には、キャリアにおいて譲れない軸を決めておく姿勢も欠かせません。

20代でハイクラス転職をかなえる方法とは?

転職でより確実に高い年収・役職を手に入れるためには、具体的にどのような求人を選べばよいのでしょうか。ここでは、20代がハイクラス転職で狙うべき企業・職種の特徴について解説します。

(1)収益基盤の整った会社を選ぶ

年収を上げるには、ビジネスモデルが確立され、収益基盤の整った企業を選ぶと良いでしょう。というのも、利益の出やすい事業があると給与原資を確保しやすく、社員への還元もしやすいためです。応募先を選ぶ際には、大手・中小に関係なく、業績の伸び率や利益率、将来性なども含めて検討することをおすすめします。

(2)実力主義の会社・職種を選ぶ

年齢に関係なく、実力重視で待遇を決める会社であれば、若くしてキャリアアップも可能です。特に若い人材が少数精鋭で経営している新興ベンチャーでは、20代でも要職に就けるチャンスが高まります。また、高額商材の営業職のように成果に応じた歩合給が支払われる職種であれば、実績をあげることで高収入も狙えるでしょう。

(3)市場価値の高い職種を選ぶ

年収を高めるには、世間で必要とされており、かつ競合人材の少ない職種を選ぶことも重要です。例えば、現在はDXの必要性が叫ばれているため、機械学習エンジニアやネットワークエンジニアの需要が高まっています。現職で希少価値の高い専門スキルを身につけておけば、転職市場でも一目置かれ、年収も自然と高まるでしょう。

(4)管理職の求人を選ぶ

マネジメント経験がある人は、ハイクラス転職でいきなり管理職を狙うのも一つの方法です。ただ、年功序列の等級制度では若くして管理職を狙うのが難しいため、あえて実力主義のスタートアップや外資系企業を目指す方法もあります。特に「20代人材の管理職への登用実績」が豊富な企業であれば、転職成功率も高まるでしょう。

20代でハイクラス転職を成功させるポイントとは?

20代でハイクラス転職を成功させるには、どのようなことを意識すればよいのでしょうか。ここでは、4つのポイントについて解説します。

(1)長期的なキャリア形成を意識する

20代のハイクラス転職で陥りがちなのが、年収や役職だけで企業を選んでしまい、転職後にミスマッチが生じるケースです。20代は30代や40代へと続いていく、キャリアの重要な過渡期にあたります。だからこそ、「今後どのようなキャリアを歩みたいのか」「将来のためにこの会社で身につけられる能力は何か」など、長期的な視野で応募先を選ぶことが大切です。キャリアを入念に設計しておくことで、転職での失敗リスクも軽減できるでしょう。

(2)今の会社でアピールできるだけの経験を積む

20代はポテンシャルが重視されるとはいえ、新卒人材との差も明確に出す必要があります。そのため、職務経歴書でアピールできるだけの実績を今の会社で積んでおくことも重要です。例えば、あえて少し高い目標に挑んだり、自ら手を挙げてプロジェクトの責任者になったりと、目に見える実績を積極的につくることをおすすめします。

(3)企業研究に力を入れる

ハイクラス求人は年収が高い分、企業の目も厳しくなります。企業に対する理解が浅いと、面接で「志望度が低い」と判断されかねません。だからこそ、企業のサービス内容や社風は入念に研究し、選考に臨みましょう。特に求人の募集背景は、「企業がどのような人材を必要としているか」「なぜ採用するのか」が如実に表れます。そのため、募集背景を正しく理解した上で、自分が企業にどう貢献できるのかをアピールすることが大切です。

(4)非公開求人を活用する

ハイクラス層の求人は企業の経営戦略と密接に関わるため、「非公開」になっていることがほとんどです。こうした非公開求人は、転職エージェントを活用することで応募が可能になります。転職エージェントとは、転職コンサルタントが求人紹介から応募先との選考調整、年収交渉まで一貫して代行してくれるサービスです。特に20代は初めて転職に臨む人も多いため、転職エージェントの活用でより安心して転職活動を進められるでしょう。

まとめ

20代でハイクラス転職へ挑む際は、短期的に年収が上がるかはもちろんですが、「自分のキャリアにプラスになるか」も考えることが大切です。長期的なキャリアを意識することで、後悔のない転職を実現できるでしょう。

キャリアを考えるときには、転職エージェントを使うことで、転職コンサルタントというパートナーがあなたの心強い相談相手になります。ぜひハイクラス転職に臨む際には、お気軽にパソナキャリアまでご相談ください。