スマートフォン版はこちら

女性がハイクラス転職で管理職を目指すには?成功のために意識すべき“5つ”のこと

img01.jpg

「積み上げたキャリアを生かして、ハイクラス転職で管理職を目指したい」という女性の方もいるのではないでしょうか。一方で、「周りに相談できる女性の管理職がいない」「女性の自分が管理職として採用してもらえるか分からない」といった理由で、ハイクラス転職に迷っている方が多いのも事実です。そこで今回は、女性の方が安心してハイクラス転職を実現できるよう、「転職上の課題」や「成功のポイント」を分かりやすく解説します。

※「そもそもハイクラス転職とは?」から知りたい方は、ぜひ下記の記事も合わせてお読みください。

今、女性の管理職登用に追い風が吹いている

今、日本では女性の活躍に向けた政策が進められており、女性にとって管理職へのハイクラス転職を実現しやすくなりつつある状況です。ここでは、女性活躍の具体的な動きや女性の活躍が求められている背景を紹介します。

(1)政府が進める「女性活躍推進」の施策とは?

政府は女性の社会参画を促進すべく、2016年に「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」を施行しました。同法では、採用や昇格における性差別の撤廃や、仕事と家庭を両立できる環境づくりが企業に求められています。また、2022年4月から、101人以上の事業者には「女性の活躍状況」を含む情報の公表が義務化され、優良な企業は政府から認定も受けられる仕組みです。こうした政策を通じ、政府は女性が活躍する社会を目指しています。

(2)女性の管理職が必要とされている背景

実際、企業活動でも女性の管理職が求められる場面が数多くあります。例えば、女性の管理職が増えることで、女性目線で労働環境の改善を推し進めることができ、従業員満足度の向上につなげることが可能です。また、同性の従業員がキャリアや私生活についてより気軽に相談しやすくなるため、居心地の良い組織が生まれます。このように女性の管理職は職場風土を変える存在になりえるため、積極的に採用を進める企業も少なくありません。

(3)国際的には「これから」の日本

現状、日本で女性の管理職登用はまだ道半ばともいえます。令和2年版「男女共同参画白書」(※)によれば、管理的職業従事者に占める女性の割合はアメリカで「40.7%」、イギリスで「36.8%」、シンガポールで「36.4%」なのに対し、日本は「14.8%」です。ただ、今後は国際基準を目指して政府が取り組みを加速させ、労働環境の改善を推し進めます。それに伴って、女性のハイクラス転職も一層推進されていくことが期待されているのです。

参考:令和2年版 男女共同参画白書|内閣府男女共同参画局(PDF)

女性がハイクラス転職で管理職になるメリットとは?

「管理職に興味はあるけれど、メリットがまだよく分かっていない」という女性の方もいるかもしれません。ここでは、女性がハイクラス転職で管理職を目指すことの利点を3つ紹介します。

(1)新しいやりがいを得られる

プレイヤーとは違う立場で、幅広い経験を積めるのは管理職の大きな魅力です。例えば、経営層との重要な会議に出席できたり、育成した部下が期待以上の成果を出してくれたりという新たなやりがいを得られます。もちろん、責任者としてのプレッシャーはありますが、そのぶん自分のキャリアに厚みが出るのを実感できるでしょう。

(2)給与が上がり、人生の選択肢が広がる

役職と同時に「報酬」が上がることも、管理職のメリットです。例えば、業務の難易度が加味されて基本給が上がったり、役職手当が支給されたりします。報酬が増えれば、生活に余裕が生まれ、今まで挑戦していなかった分野に投資することも可能です。人生の選択肢が広がり、プライベートに好影響が生まれることもあるでしょう。

(3)自分の裁量で仕事をコントロールしやすくなる

管理職はプレイヤーよりも裁量が大きくなるため、自分で仕事をコントロールしやすくなるという特徴もあります。例えば、目標達成までの最短経路を計算して、業務の進め方や勤務時間を柔軟に調整することも可能です。仕事の進め方によっては、プレイヤーの頃よりも生産性が高まり、働きやすさを感じる人もいるかもしれません。

女性がハイクラス転職で管理職を目指す際の“壁”とは?

管理職になるメリットは理解しつつも、さまざまな不安から、ハイクラス転職を諦めてしまう女性も少なくありません。ここでは、ハイクラス転職を目指す女性が陥りがちな課題について、大きく3つの観点から解説します。

(1)周りにロールモデルがいない

日本は管理職に占める男性の割合が高いため、管理職を目指す女性にとってロールモデル(手本となる人物)が少ないのも実情です。女性から見れば、ロールモデルのいない職場では、女性管理職の具体的な働き方をイメージできません。結果的に不安が募り、管理職を志望する意欲が湧かなくなるケースもあります。また男性管理職ばかりの職場では、女性管理職がうまく相談相手を見つけられず、孤独感を味わってしまうこともあるでしょう。

(2)仕事と家庭の両立ができるか分からない

管理職は仕事上の責任が重くなるため、「業務量が増えて家庭を犠牲にしてしまうのではないか」と心配する女性もいます。裁量を生かして仕事の進め方はコントロールしやすくなりますが、管理職の業務に慣れないうちは仕事優先の生活になる人もいるかもしれません。結果的に「子どもが急に熱を出したときどうしよう」「家事に時間を割けなくなるのは困る」といった不安・不満が生まれ、管理職になることを断念してしまう女性もいます。

(3)自分に管理職の適性があるか分からない

自身に管理職の適性があるのか分からず、葛藤する女性もいます。例えば、部下を厳しく指導する管理職ばかりが評価されている職場では、調和を大事にするタイプの女性は自信をなくしてしまうかもしれません。また、周囲の管理職が長時間残業ばかりしていると、「自分には無理だ」と判断する女性もいるでしょう。このように本来は管理職としての適性が高いにもかかわらず、周囲を見て自分の能力を過小評価してしまう女性もいるのです。

女性がハイクラス転職を成功させる“5つ”のポイントとは?

女性がハイクラス転職を成功させるためには、どのようなことを意識すればよいのでしょうか。ここでは、ハイクラス転職における課題の克服方法も含めて、5つのポイントを紹介します。

(1)女性が必要とされている業界・企業を選ぶ

企業のなかには、女性ならではの視点や考え方を必要としている業界もあります。例えば、「女性目線でUI/UXを設計し、システムの品質を高めたい」というIT企業や、「女性向け商材の顧客に対し、納得感の高い提案をしたい」というコンサルティング企業などが挙げられます。このように女性の需要が高い業界・職種を選ぶことも成功のポイントです。募集背景を細かく読み込み、自身の価値を発揮できそうか確かめることも大切でしょう。

(2)女性だからこそ生かせる強みをアピールする

ハイクラス転職では、当然ながら男性の人材とも競合することになります。そのため、女性だからこそ生かせる強みをPRすることも一つの有効な戦略です。例えば、「細かなケアと面倒見の良さで部下のやる気を高め、チームの雰囲気を良くできる」「同性の部下からのキャリア相談にも乗りやすい」といった強みは、女性だからこそ組織に与えられる価値ともいえます。自身のキャリアを棚卸しし、差別化できる価値を見出すことも重要です。

(3)ワーク・ライフ・バランスへの配慮がある企業を選ぶ

家庭と仕事の両立を実現するためには、女性に対して配慮のある職場を探すことも大切なポイントです。例えば、「勤務時間の長さに関係なく、成果やプロセスが正当に評価される」「ベビーシッター制度が常設されている」などが挙げられます。ワーク・ライフ・バランスへの理解がある職場であれば、入社後も長く活躍しやすいでしょう。

(4)女性管理職の登用実績が豊富な会社を選ぶ

男性の管理職ばかりの職場では、女性管理職が気軽に相談できず、不安を感じてしまう場合もあります。そのため、応募先を選ぶ際には「直近の女性管理職の登用実績」や「管理職に占める女性の割合」も確かめるようにしましょう。ロールモデルの多い企業であれば、女性の管理職も自分のキャリアをよりイメージしやすくなります。

(5)第三者に相談に乗ってもらう

自身の強みや適性は、第三者から見てもらって初めて認識できるものです。そのため、転職エージェントを積極的に活用し、転職コンサルタントにキャリアの相談をしてみることも大切でしょう。女性の転職を支援した実績のある転職コンサルタントであれば、女性が必要とされている業界やライフイベントとの両立方法なども丁寧にアドバイスしてくれます。結果として、自分に自信を持ったうえで安心して転職活動を進められられるはずです。

まとめ

女性がハイクラス転職を成功させるには、数多くの求人情報に触れ、女性ならではの目線が必要とされている会社を探すことが大切です。ただ、ハイクラス求人は企業の経営戦略に深く関わるため、ほとんどが「非公開」となっています。非公開求人については、ハイクラス向けの転職エージェントを活用すれば紹介してもらうことが可能です。一人で求人を探すよりも応募先の幅を広げられるため、転職活動をより有利に進められるでしょう。

パソナキャリアでは、これまで女性のハイクラス転職を数多く支援してきました。転職コンサルタントが丁寧に相談に乗り、キャリアプランも見据えたうえで女性が管理職として活躍できる最適な求人を紹介します。企業との強い関係性があるからこそ、応募先での女性の活躍状況やワーク・ライフ・バランス支援制度の有無なども詳しく紹介することが可能です。ぜひハイクラス転職を検討の際には、お気軽にパソナキャリアをご活用ください。