スマートフォン版はこちら

ハイクラス転職の年収はどのくらい?年収を上げるための必須スキル・ポイントも解説!

img01.jpg

「ハイクラス転職では、一体どのくらいの年収を目指せるのだろう」という疑問を抱えている方もいるかもしれません。「ハイクラス」という言葉からなんとなく年収の高さはイメージできるものの、具体的な金額は知らないという方も多いはずです。
そこで本稿では、「ハイクラス転職における年収の目安」を、職種や年代なども踏まえて紹介します。また、「ハイクラス転職で年収を上げるための必須スキル」や「転職成功のポイント」についても解説しますので、ぜひハイクラス転職を実現させるための参考にしてみてください。

パソナキャリアのハイクラス転職エージェントサービス

そもそも「ハイクラス転職」の定義とは?

そもそもハイクラス転職とは、一般的な転職とどのように違うのでしょうか。ここでは、「ハイクラス転職の定義」や「ハイクラス求人の年収が高くなる理由」について解説します。

(1)ハイクラス転職の中心は「管理職」や「専門職」

人材サービスによっても定義は異なりますが、基本的にハイクラス人材とは、経営目線を持って活躍できる人材のことです。具体的には、CEOや事業責任者、現場の管理職といったマネジメント層の人材や、エンジニアや研究職など高度な専門スキルを持った専門職の人材を指すことが一般的です。こうしたハイクラス人材を募集している求人を「ハイクラス求人」、ハイクラス求人へ応募して転職することを「ハイクラス転職」とも呼びます。

(2)どのような企業がハイクラス人材を求めているのか

ハイクラス人材は、以下のようにさまざまな企業から必要とされています

◆大手企業:新規事業の立ち上げにあたって、責任者として経験豊富なマネジメント人材を募集したい
◆新興ベンチャー:創設した会社を軌道に乗せるため、経営の経験があるエグゼクティブ層を迎えたい
◆老舗企業:社長の後継者が不在なため、マネジメント実績の豊富な経営層候補を募集したい
◆外資系企業:国内シェアを高めるため、他社で優秀な成果をあげている営業職のハイプレイヤーを採用したい
◆中小企業:社内のDXを推進するため、最先端領域に詳しい専門職の人材を責任者として採用したい

このようにハイクラス人材は、基本的に経営上重要なポジションやポストとして迎えられます。そのため、「どれだけ高額な報酬を支払ってでも採用したい」と企業が考え、必然的に年収も高水準になることが多いのです。

ハイクラス転職における年収の目安とは?

ハイクラス転職では、具体的にどのくらいの年収を実現できるのでしょうか。ここでは、「ハイクラス転職における年収の目安(一例)」を年代別・職種別に紹介します。

(1)ハイクラス転職における年収の目安(年代別)

転職サービスごとに「ハイクラス」の定義は多少異なりますが、ハイクラス求人は「年収800万円以上」が基準となることがほとんどです。ちなみにハイクラス向け転職エージェント「パソナキャリア」では、利用者が転職を通じて以下のような年収を実現しています。あくまで年代別の年収の目安として、参考にしてみてください。

◆29歳男性/年収850万円(コンサルティングファーム)
◆28歳女性/年収800万円(大手商社)
◆35歳男性/年収900万円(製薬会社)
◆37歳女性/年収1100万円(MAツールベンダー)
◆45歳男性/年収1500万円(銀行)
◆49歳男性/年収1200万円(自動車部品メーカー)

参考までに国税庁の「民間給与実態統計調査」によれば、日本の年代別の平均給与(年間所得)で最も高い金額は55~59歳男性の「668万円」でした。それに対しハイクラス求人は、「年収800万円以上」が目安です。単純比較できるものではありませんが、ハイクラス求人の年収は日本の平均給与を超える例も珍しくないでしょう。

※参考:令和2年分 民間給与実態統計調査|国税庁(PDF)

(2)ハイクラス転職における年収の目安(職種別)

ハイクラス転職では、職種や業界、ポストの重要さなどでも年収が異なります。ちなみに「パソナキャリア」には、以下のような年収の求人が掲載されています。こちらもあくまで年収の目安として参考にしてみてください。

◆マーケティングリサーチ会社の「経営企画(幹部候補)」/予定年収900万円~1200万円
◆大手ネット銀行の「労務企画」/予定年収900万円~1200万円
◆ソフトウェア開発会社の「システム統括責任者」/予定年収800万円~1000万円
◆上場食品メーカーの「生産技術開発責任者」/予定年収900万円~1500万円
◆外資製薬会社の「臨床開発プロジェクトマネージャー」/予定年収800万円~1200万円

このようにハイクラス転職では、職種によっては「年収1000万円」を超える求人も数多く掲載されています

ハイクラス転職で年収を上げるために必要なスキルとは?

ハイクラス転職で今よりも上の年収を目指すためには、どのようなスキルが必要なのでしょうか。ここでは、ハイクラス人材に求められることの多いスキル・資質を紹介します。

(1)市場価値の高い専門スキル

ハイクラス転職で募集がかかりやすいのは、何らかの専門性を持ったプロフェッショナル人材です。例えば、ITやデータ運用、マーケティング、財務会計、研究開発などにおける専門スキルを習得しておくと選考でもPRしやすいでしょう。また、IoTやAIのエンジニア、ニッチな分野の研究職など、まだ人材の母数自体が少ない人材は企業から必要とされやすい傾向にあります。いかに競合人材の少ない領域で専門性を身につけるかも、重要といえます。

(2)マネジメントの能力・実績

ハイクラス転職では、現場の管理職以上のポジションが採用されるケースも少なくありません。そのため、年収を高めるためにはマネジメントの実績を積んでおくことも重要です。例えば、「○○人規模のチームを管理した」「組織全体で目標○○%、業績○○万円を達成した」といった定量的な成果があるとよりPRしやすいでしょう。また、成果だけでなく、そこにいたるまでの仮定の立て方や業務プロセスも説明できると説得力が高まります

(3)適応能力

ハイクラス転職では、たとえ高いスキルを持っていても、新しい組織で自分の考え方を押しつけるだけでは企業に貢献できません。求められるのは、いかに組織に適応し、柔軟性高く業務に臨めるかどうかです。そのため、新しい風土へ溶け込もうとする積極的な姿勢を示し、柔軟性を印象づけることも年収アップの秘訣といえます。

(4)ポータブルスキル

ポータブルスキルとは、論理的思考力や計画性、コミュニケーション能力、プレゼン能力といった職種・業種に関わらず発揮できる基礎能力を指します。こうしたポータブルスキルが高い人材は、企業から「どんな組織でも活躍できそう」という評価につながりやすいため、ハイクラス転職での年収アップにもつながりやすいでしょう。

(5)グローバルな視野

近年はグローバル展開を進める日系企業も増えています。また、実力主義の風土がある外資系企業では、特にハイクラス人材の採用が活発です。外資系企業に管理職や経営層として勤務する場合は、業務で本土とやり取りする機会も増えるかもしれません。だからこそ、グローバルな視野を身につけておくこともハイクラス転職の成功につながりやすくなります。例えば、語学力や海外の市場に関する知識を習得しておくと評価も高まるでしょう。

ハイクラス転職で年収を上げるためのポイントとは?

ハイクラス転職で今よりも年収を高めるには、どのような点を意識して転職活動を進めればよいのでしょうか。ここでは、ハイクラス転職を成功させるためのポイントについて解説します。

(1)自身の強みを明らかにする

ハイクラス転職では、専門性が高く、経験や実績も豊富な人材と競合することになります。そのため、選考で自分を魅力的にPRするためには、自分だけの強みを明らかにしておくことも大切です。例えば、同じ管理職の経験でも、「年上の部下をマネジメントした経験」が自身の強みとなり、企業から高く評価されることもあります。一度今までのキャリアを棚卸しし、経験の内容を整理してみると、自身の意外な武器が見つかるかもしれません

(2)募集背景を深く理解する

ハイクラス転職で年収を高めるには、募集背景を読み込み、企業の求める人材像を深く理解する姿勢も大切です。例えば、同じ財務でも、上場企業の経験者を求める企業もあれば、あえて中小企業で経営視点を持っていた人材を求める企業もあります。入社後の役割や職務を正しく把握しておくことで、面接でPRしやすくなるでしょう。

(3)非公開求人を活用する

ハイクラス求人は、企業の経営戦略と密接に関わるため、競合他社に知られないよう「非公開」として扱われることがほとんどです。ハイクラスの非公開求人は、転職エージェントを活用することで閲覧できるようになります。そのため、ハイクラス転職で年収を高めるには、転職エージェントで多くの求人に触れることも大切です。

(4)転職コンサルタントからアドバイスをもらう

自身の強みを明らかにするには、第三者から客観的なアドバイスをもらうことも有効です。転職エージェントを活用すれば、転職コンサルタントにキャリアの棚卸しや市場価値の分析、最適な求人選びを親身にサポートしてもらえます。心強い相談相手を得られるため、ハイクラス転職での年収アップにもつなげやすくなるでしょう。

まとめ

ハイクラス転職では、一般的に年収800万円以上の求人が多く、そのぶん高い専門性やマネジメント能力が求められます。だからこそ、転職エージェントをはじめとする転職サービスも活用しつつ、自身のスキルやキャリアを客観的に分析し、転職に備える姿勢が重要です。

パソナキャリアは、求人の約半数が「年収800万円以上」のハイクラス向け転職エージェントサービスです。業界専任の転職コンサルタントが選考対策から求人選び、企業との年収交渉まで一貫して支援するため、転職者の「67.1%」が年収アップを実現しています。

ハイクラス転職で今よりも高い年収を目指す際には、ぜひお気軽にご相談ください。