スマートフォン版はこちら

30代の転職は管理職経験が決め手?転職における"2つ"の選択肢と転職成功のコツを紹介!

img01.jpg

管理職経験を生かし、30代から転職を検討している方も多いかもしれません。なかには「管理職経験があるとはいえ、30代での転職は厳しいだろうか」と不安を抱えている方もいるでしょう。しかし、実際のところ30代の管理職経験者は市場価値が高く、転職を通じて希望のキャリアをかなえる絶好のチャンスでもあるのです。
そこで本稿では、「30代の管理職経験者が転職に向いている理由」や「転職成功のコツ」について分かりやすく解説します。人生の分岐点である30代のキャリアをより充実させるために、ぜひ参考にしてみてください。

参考:ハイクラス転職・求人情報サービス

なぜ管理職経験のある30代は転職のチャンスなのか?

なぜ管理職経験のある30代人材は、転職で有利といえるのでしょうか。ここでは、30代の転職事情について3つの観点から解説します。

30代の管理職経験者は、企業の採用ニーズに合致する

社会人経験の浅い20代と比べると、30代はある程度の経験や実績も積み、業務上のスキルを蓄積しています。そのため、ポテンシャルが重視される20代と違って、30代は「即戦力」として採用されることが一般的です。また、企業では年代が上がるにつれ、管理職の割合も高まります。そのため、30代の人材が採用の候補にあがる際には、必然的に管理職の即戦力として招かれるケースも増えるのです。その点、現職で部長や課長、チームリーダーとしてマネジメント経験を積んだ30代は、管理職の適性が高い人物として重宝されることになります。

年齢が上がると転職の難易度は上がる

年齢が上がるにつれて転職の難易度は上がってしまうのが実情です。40代や50代になると、経験や実績が豊富なぶん給与水準も高まるため、企業も採用に対して慎重になってしまいます。また、若い年代が中心の企業では、「40代・50代から組織になじめるだろうか」と心配されてしまうこともあるでしょう。つまり、30代の今は変化にも柔軟に対応しやすい年代で、転職でキャリアアップをかなえる好機ともいえるのです。

事実、30代は年収アップ率が高い

実際、30代で転職した人材は、「年収が上がった人」の割合が高いというデータもあります。厚生労働省の調査(※)によれば、前職に比べて賃金が「増加」した転職転入者の割合は、30~34歳で「41.1%」、35~39歳で「37.4%」です。逆に賃金が「減少」した割合は、30~34歳で「31.9%」、35~39歳で「33.7%」となっています。つまり、30代は転職で年収が減少する人より、増加する人のほうが多いという結果です。30代は即戦力という明確な採用ニーズがあって募集されるため、スキルや実績が合致すれば、より高い待遇で迎えてもらいやすいでしょう。

※参考:令和2年雇用動向調査結果|厚生労働省(PDF)

30代の管理職経験者が転職を選ぶ理由とは?

管理職経験のある30代は、どのような理由から転職を検討し始めるのでしょうか。ここでは、30代管理職経験者の主な転職理由について紹介します。

今よりも収入を伸ばしたい

管理職を経験した30代のなかには、給与に不満を抱えている方も多いかもしれません。特に企業が年功序列型の賃金体系を取り入れている場合、30代ではまだ給与水準も思うように上がらないのが実態でしょう。「どれだけ管理職として成果をあげても報酬に直結しない」「年次が浅いという理由だけで評価が上がらない」というもどかしさを抱える方もいると思います。その場合は、管理職経験を生かして転職するのも一つの有効な選択です。

より大きな裁量を持って働きたい

30代の管理職経験者のなかには、スキルアップのために今より高い役職を目指したいという方もいるでしょう。しかし、企業によっては一定の年次にならないと役職が上がらない場合もあります。また、上のポストがすでに詰まっており、大幅な人事異動や配置転換が起きない会社では、なかなか昇格のチャンスもありません。その際には、管理職としての実績をより高く評価してもらえる会社へ転職し、今より上の役職を狙うことも可能です。

社風や経営方針に不満がある

30代で管理職を経験することで、現場側だけでなく、「経営者側」の視点も持てるようになります。だからこそ、経営戦略や事業方針に敏感になり、経営層への不安感を抱いてしまった方も多いかもしれません。例えば、「中期経営計画の内容が時代の変化にそぐわない」「トップダウンの社風なので、現場の意見がまったく通らない」などの不満があがられるでしょう。こうした社風や経営層への不満を解消するため、転職を決断する人もいます。

専門職のほうが向いていると感じた

30代で管理職を経験した結果、「専門職のほうが向いている」と感じる人も少なくありません。実際、専門性を発揮して成果を出したり、顧客と直接やり取りしたりすることにやりがいを感じる“現場志向”の人もいます。また、「部下に任せるよりも自分でやりたい」と思い、部下に仕事をうまく割り振れないという経験をした人もいるかもしれません。現場で活躍したい場合は、転職で管理職のポストを離れ、専門職を目指すのも選択肢の一つです。

この記事もCHECK!

30代の管理職経験者が転職する際の“2つ”の選択肢とは?

30代の管理職経験者が転職で選ぶ道としては、「管理職」と「専門職」という2つの選択肢があります。ここでは、それぞれを選んだ際のメリットや選考でのアピールポイントなどについて解説します。

(1)【管理職】を目指す

一つ目の選択肢は、管理職を目指す道です。近年は「管理職になりたくない」という若年層が増えており、企業によっては社内昇格で管理職のポストが埋まらず、中途採用を行うケースも珍しくありません。その点、管理職経験のある30代は即戦力として迎え入れられやすいでしょう。管理職としてのキャリアを選ぶことで、自分の裁量で組織をダイナミックに動かせるので、経営視点が身につきやすいという魅力があります。「いずれ企業の経営に携わりたい」「役員や取締役を目指したい」という方は、管理職の道を選ぶことで夢に近づけるでしょう。

<選考でのポイント>
企業から求められるのは、管理職としての定量的な実績です。例えば、担当部署の人数や年齢層、目標達成率は聞かれる可能性が高いでしょう。また、企業によっては「組織の課題を能動的に解決した経験」がある人材は一目置かれやすくなります。例えば、「上層部へ人事評価制度の見直しを提案した」「部署内でITツールの勉強会を開き、社内のDXを推進した」などの実績です。事前に自分の経験を整理し、まとめておくようにしましょう。

(2)【専門職】を目指す

もう一つの選択肢は、専門職を目指す道です。近年は管理職のキャリアコースとは別に、「専門職コース」として複線的なキャリアパスを設ける企業も増えています。また、「ジョブ型雇用」のように職務内容や必要な専門スキルをあらかじめ規定して募集する雇用制度も、日本に浸透しつつある状況です。そのため、ジェネラリストだけでなく、スペシャリストもキャリアを築きやすい時代になりつつあります。現時点で市場価値の高い専門スキルを持っており、今後も磨き続ける努力をすれば、社内で管理職と同等の給与水準を得ることも可能でしょう。

<選考でのポイント>
専門職への転職で最も必要なのは、専門スキルの高さです。例えば、「マーケティング職としてリード○○件の創出を達成」「上場企業の経理職として開示業務や連結決算まで担当」のように、応募職種に関する実績があると評価されやすいでしょう。また、管理職経験のある30代だからこそ、面接官から「なぜ管理職を選ばないのか」という質問が寄せられることもあります。その際、納得感のある解答を事前に用意しておくとスムーズです。

この記事もCHECK!

30代の管理職経験者が転職成功するためのコツとは?

30代の管理職経験者が転職を成功させるには、どのようなことを意識すればよいのでしょうか。ここでは、転職成功のコツについて3つの観点から解説します。

(1)長期的な視野で転職活動する

30代での転職となると、今後のキャリアを左右する決断になるため、企業選びに慎重になる可能性が高いでしょう。また、30代の人材は応募先企業で重要な役割を任されることもあり、選考回数が増え、内定までに時間がかかることが予想されます。そのため、できるだけ長期的な視野で余裕を持って転職活動を進めることが大切です。

(2)応募先でのミッションを深く理解する

企業が30代の即戦力を採用する際は、任せたいミッションが明確になっていることがほとんどです。そのため、事前に企業のホームページや求人の募集背景をチェックし、応募先での役割を細かく把握するようにしましょう。ただし、求人の内容だけでは、企業の求める人材像を深く把握できないこともあります。その際には転職エージェントを活用し、応募先の詳しい企業情報を得ておくと、選考でのアピール内容も最適化しやすいでしょう。

(3)数多くの非公開求人に触れる

管理職や専門職の求人は企業の経営戦略と深く関わっているため、競合他社に知られないよう「非公開求人」として扱われることがほとんどです。そのため、ハイクラス転職向けの転職エージェントを活用し、非公開求人の紹介を受けることをおすすめします。豊富な求人に触れることで、転職成功のチャンスも得やすくなるでしょう。

この記事もCHECK!

まとめ

30代の管理職が転職を成功させるためには、応募先企業の社風や経営戦略などを深く理解し、適切なアピール内容を考える必要があります。その点、転職エージェントを活用することで、転職コンサルタントから応募企業にまつわる深い情報を教えてもらうことが可能です。転職活動を有利に進めるためにも、ぜひ転職エージェントへ相談することをおすすめします。

パソナキャリアは、「約28.4%」を管理職求人が占めるハイクラス人材向け転職エージェントサービスです。管理職の転職支援に強い転職コンサルタントが、キャリア相談から求人紹介、選考対策、企業との年収交渉まで一貫してサポートします。管理職の転職を検討の際には、お気軽にパソナキャリアを活用ください。