スマートフォン版はこちら

ダイバーシティ推進について考えてみました

Fotolia_197136150_181112.png

皆さんも「ダイバーシティ推進」という言葉を聞かれた事があると思います。性別・年齢・国籍等にかかわりなく能力を発揮できる環境の実現を目指すという考え方で、多様な人材を活用して企業の競争力を高めようという動きです。アベノミクスの後押しもあり、企業としても「ダイバーシティ推進室」を設置したり、新たな制度を作ったりという取り組みが進められています。ダイバーシティは女性のみを対象にしたものではありませんが、「ダイバーシティ」という中でどんな女性が求められているのかを考えてみました。

「自分やチームに与えられた仕事や役割をきちんとこなせる女性」がその答えのひとつなのではないかと思います。そんなの当り前、と思われますか?そう、特別な事ではないんです。
日々きちんと仕事をして、上司や同僚、後輩との信頼関係をしっかり作ること。その先に新たなキャリアステップがあります。例えば、チームのマネジメント。マネジメント=マネージャー(管理職)と言うと、「私にはとても無理」「できるか不安」と考えられる方も多いですが、自分がしてきた仕事を教えると考えれば、後輩を指導したりする事もそこまで難しくないのではないでしょうか。または、時短勤務。産休・育休からの復帰実績も徐々に増え始めていますが、これもそれまでの経験あってこそです。仕事を理解していて、どうすれば効率的に時間内に終えられるかを常に考える事ができる。時短勤務の方が、休暇前よりも高い実績を出す事もしばしばあるそうです。そして、管理職であり時短勤務という方もいらっしゃいます。もちろん、忙しくもあり大変な事もあると思いますが、イキイキと元気に働かれている方が多い気がします。

最近、ある講演を聞いて印象的だったのが、「ワークライフバランスとは、仕事とプライベートの時間をバランスよくとるという事ではありません。いかに仕事を効率良く終わらせて、いかに仕事以外の時間を使って学んで、成長を続けられるかなんです」という言葉です。

実際、その方は2児の母であり、ワーキングマザーであり、経営者です。経営者でなくとも、終身雇用制が崩壊し、転職も当り前になっている今、男女問わずいかに「自分の価値を高めるか」が重要です。仕事だけでもプライベートだけでもない、多様性が受入れられつつある中、ご自身の働き方長期的なキャリアプランを見直してみてはいかがでしょうか。