スマートフォン版はこちら

将来に漠然とした不安を感じ転職をしたい。未経験から営業職へ転職された事例のご紹介です。

Fotolia_218521357_181112.png

ブライダル業界から未経験で人材業界へと転職をされたAさんの事例をご紹介させていただきます。

Aさんはブライダル業界でウェディングプランナーをされており、「残業が多く離職者も多いため長く働けるイメージが持てず将来が不安。何か専門的なスキルを身につけたい。」とのご相談でした。希望の業界、職種もなく漠然と転職したい、と考えていらっしゃいましたので、まずは面談の中でAさんの希望の働き方や強みをヒアリングさせていただきました。

その中で、「出産、育児を経ても両立して長く働きたい」「人の人生の岐路に深く関わりたい」という希望と、「お客様の欲望を正確に汲み取り、提案をする」「先回りができ、きめ細やかなサポートが出来る」という強みをお持ちという事がわかりました。

これらの希望や強みにマッチする求人として「人材業界の営業職」を提案させていただきました。人材業界は女性社員が活躍しやすい業界であり、女性で管理職となる方や、産休後も活躍している方が多いため女性が働きやすい業界です。また、「営業職」は未経験でも挑戦しやすく、幅広い業界で通用することのできる専門スキルを身に着けることができます。

ただし、Aさんは営業職未経験であったため、応募要件をクリアできず応募可能な求人が少ない点が課題でした。そこで、「目標達成力」「PDCAをまわす力」「コミュニケーションスキル」などのウェディングプランナーとしてのご経験を営業職でもいかすことのできる経験としてまとめること、人材業界への志望理由に対して、現状抱えている転職理由を解決でき、今までの経験も活かすことができるというストーリーをまとめることのお手伝いをさせていただきました。経験者を対象とした求人企業に対しても、Aさんのお人柄や意欲を伝えてマッチする点をお伝えしながら、ご紹介させていただきました。

書類選考が通過した企業に対しては、企業の特徴や事業内容を深くご理解いただくために、担当営業より直接ご説明する機会を設けたり、模擬面接を行うなど、入念な対策をして臨んでいただいた結果、3社から内定をいただき、志望度の高い企業への入社を決められました。

今回のAさんは、漠然とした転職したいという思いから、ご自身の軸を見つけ、専門スキルを身につけられる職種へと転職された事例です。

将来的に結婚や出産を考えたときに、現在の職場では長く働けるイメージを持つことが出来ず漠然とした不安を感じている方や、これまでの経験を活かせる転職先が自分ではわからないという方も多いと思います。面談を通じて、そこから新たな一歩へとつながることもありますので、まずはお気軽にご相談ください。