スマートフォン版はこちら

仕事が辛い…辞めたい時の乗り越え方と転職決断のタイミング

tired_1_1.jpg

なんとなく仕事に行きたくないな…と思ってしまうことは誰にでもありますよね。しかし、「本当にもう行きたくない、無理かもしれない」と思ったときには、注意が必要です。まずは、仕事がなぜ辛いのか原因を理解してから、今後どうするのかを考えましょう。この記事では、仕事を辞めたいと思ってしまう理由や、気持ちの切り替え方、転職する場合には何が大切なのかをまとめています。自分の今の状況と照らし合わせて、参考にしてみてください。

仕事が辛い…その理由は?

上司や周囲からの風当たりが強く、また注意されるかと思うと毎日不安だ。やりがいがなく単調な仕事内容で、この先の展望が期待できない。神経を使うプレッシャーのかかる仕事に従事していて、精神的に疲れる。など「仕事が辛い」と感じる理由は、1人1人の職場環境や価値観によって変わってきます。その中でもまずは、一般的に多く聞かれる悩みについて見ていきましょう。

人間関係がうまくいかないとき

職場の中でも、直接指示を受ける上司とうまくいかない人が多いようです。自分では精一杯やっているつもりなのに、ダメ出しばかりされる、怒鳴られる、意見が合わずにイライラが募る。など上司とのコミュニケーションに対してストレスを感じている人が多い傾向です。
また、上司だけではなく、仕事をしてくれない同僚のせいで自分ばかりに業務の負担がかかり、ストレスが重なってしまうこともあるようです。
仕事を進める上では、コミュニケーションは欠かせません。人間関係がうまくいかないと、仕事も辛くなってしまうことでしょう

仕事ができない、要領が悪い、ミスをして自信をなくしたとき

期待された通りの仕事ができず、注意を受ける。強い叱責ではなかったとしても、それが続くと自信をなくしてしまい、やる気が出なくなってしまいます。やらなければいけない仕事があるのにもかかわらず、仕事も、会社に行くことも辛くなってしまいます。
職場環境が要因で能力が発揮できない、業務内容に極端な向き不向きがあるなど、自分だけが原因ではない場合もありますが、ネガティブな状態のときには冷静に判断できなくなることもあります。

人手不足で、深夜残業、持ち帰り仕事。仕事が多すぎて辛い

物理的な肉体面への負荷が大きすぎる場合は、おのずと精神面にも負担がかかります。職種の特性上、仕方ない場合もありますし、繁忙期など一過性のものであれば何とか乗り切れるという場合もありますが、非合理的な勤務条件や、理不尽に思える仕事量に限界が来てしまうことも。
常に身体への負担がかかる仕事は、体調を崩してしまう恐れもあります

仕事が少なくて暇、放置されていて辛い

一方、仕事をきちんと教えてもらえず、何をすればいいのかわからない。業務時間中にやることが無く、暇な時間をつぶしていることに罪悪感を覚えてしまう。といった状況もあるようです。
給料に見合った労働ができないことも、人がストレスを抱えてしまう理由の1つです。

どんな時に仕事が辛くなりやすいのか?

これといった理由は思い当たらないけれど、転職を考えてしまう、恵まれている環境のはずなのに辞めてしまいたい気持ちが湧いてくる。そんなときは時期やタイミングが関係しているかもしれません。

入社直後、新人の頃

入社直後は、覚えることも多く、同時に新しい人間関係を構築する時期。たとえ職場環境が良くても、精神的な負担が大きい時期です。1人で仕事ができるようになるまでは、思うように進まずにやる気が下がってしまうことも。

2~3年目の頃

独り立ちできるようになり、周囲との実力の差が見えてくる時期。責任のある仕事を任されて、プレッシャーに耐えられなくなってしまったり、キャリアアップしたい気持ちが湧いてきて、転職を考えてしまうことも。入社から2~3年目は変化の波が大きい時期なので、気持ちも動きやすい傾向にあります。

仕事が辛いと感じた時の乗り越え方は?

仕事が辛い…と感じた時に、どうやってその「辛さ」を乗り越えればよいのでしょうか?
重要なポイントは、自分の考えに固執せずに、意識的にリラックスして視野を広げてみることです。まずは取り組みやすいものから試してみましょう。

ブログやSNSで、同じ辛さを抱えている人を探す

仕事が辛いときどう乗り越えたのかを、個人ブログやSNSに投稿している人たちがいます。自分1人だけが辛いと考えてしまうと、気持ちが沈んでしまいますので、同じような境遇の人を探してみましょう。辛さを乗り越えた人の経験談を調べて、試してみるのも1つの方法。気持ちの切り替えができるかもしれません。

好きな歌や元気が出る曲を聴く、偉人の名言に触れて気分転換をはかる

音楽は気持ちの切り替えに効果的です。明るい曲を聴きたい気分ではないな…と思う時ほど、「元気が出る 音楽」と検索して、オススメの曲を聴いてみると意外と気分転換になるかもしれません。
また、誰かの助言がほしいと感じている時には、偉人の名言もオススメです。「偉人たちも悩んでいたんだ、自分だけが悩んでいるわけではない」と分かると、気持ちが落ち着くこともあります。

身体を動かす、休暇をとって旅行に行くなど、リフレッシュをはかる

身体を動かす健康的な気分転換は、まずやってみたい対策。仕事のことだけを考え続けることは、趣味は仕事と豪語できる人を除いて、誰にとってもストレスになり得ます。決まった休暇をとってゆったりと過ごすことは、自分自身をケアする基本として大切なことです。

心身一体という言葉のように、身体を動かすことで、活力が湧いてくることもありますし、反対に身体を休めることで、気持ちが癒やされることもあります。

上司に直接相談してみる

仕事が辛いということを相談できそうな上司の場合、直接相談してみましょう。職場環境を理解し、マネジメント経験も豊富な上司であれば、解決策をアドバイスしてくれるかもしれません。
また、会社の人には相談しにくい。という場合には、あなたをよく知る、信頼できる人に相談してみるのも良いでしょう。

公共の相談窓口に相談してみる

職場の上司や、プライベートの知り合いには相談しづらい、相談できそうな相手が浮かばない場合は、厚生労働省のホームページに、公共の相談窓口の情報が掲載されています。電話、メールでの相談も受け付けています。問題解決に向けて、まずは連絡をしてみてはいかがでしょうか。

何より、一人で抱え込まずに、誰かに相談することで、冷静に自分の考えを客観視することができたり、具体的な解決に向けたアドバイスをもらえたりします。

参照:こころの耳 専門相談機関・相談窓口(厚生労働省)

 

休職制度を利用してみる

仕事が本当に辛くて、身体にも不調が出ているといった場合は病院で診察してもらいましょう。
療養のための休職は、労働基準法で義務付けられてはいませんが、就業規則によって定めている企業は多くあります。自分の会社の就業規則を一度確認してみましょう。
休職の延長は可能か、休職中の給与や社会保険の扱いはどうなるかなど、しっかりと確認をしてから利用すれば、トラブルを防ぐことができます。会社側も、社員が健康な状態で仕事を続けてくれることを期待しているのです。

仕事を続ける理由が見つけられないときは、転職するのも1つの方法

今の仕事が辛いから逃げ出す、といったネガティブな発想ではなく、問題を解決するために転職を選ぶことは間違いではありません。
もし転職することを選んだ場合は、問題が解決できるかどうかを見極めながら転職活動をしていきましょう。

課題を改善するための企業選び

なぜ会社を辞めたいと思ったのか。その理由がはっきりしないままでは、次の職場でも同じことを繰り返してしまう可能性があります。転職をしようと考えた理由が明確になれば、今の課題を改善するための企業選定ができるはずです。そのためにも、応募する企業の情報収集、企業研究をしっかりと行いましょう。

自己分析を行ってから転職活動をはじめることが大切

仕事が辛いと感じた原因の分析と共に、改めて自己分析をしてみましょう。これまでの業務において、何が得意で、何が不得意だったか。自分にはどんな業界・業種、企業が合うのか。
転職は、自分にとってメリットがあるだけでなく、採用する企業側にもメリットがある必要があります。自分がどんな形で企業に貢献できるのか、アピールしましょう。

退職理由を聞かれたとき

面接で退職理由はかならず聞かれる質問の1つと言えるでしょう。一般的に退職理由は前向きな回答をすることが鉄則。現職(前職)への不平・不満や悪口は前向きさに欠けると判断されてしまうので避けましょう。ネガティブな退職理由をポジティブに伝える例をご紹介します。

 

【労働条件が厳しい場合】
「個人に任される仕事の件数が多いため、1つの仕事に割く時間があまりありませんでした。
担当された仕事を、自分で最後まで携わることのできる環境で働きたいと考え退職しました」

 

【給与待遇に不満がある場合】
「仕事の成果に見合った評価をもらえることで、より良い次の仕事につながると考えています。
あいまいな評価基準であったため、モチベーションを維持することが難しくなってしまいました」

 

「前職で辛かったこと=自分が大切に思っているのに実現できなかったことを、実現するため、課題を解決するために、退職し転職しようと考えた」という流れにまとめられると良いでしょう。

転職エージェントに相談しながら、自分に合った企業・仕事探し

何もかもがうまくいかず自信を無くしてしまったときなど、自分を客観的に分析するのが難しいなと感じたときには、第三者の意見を聞いてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントを利用すると、無料でキャリアアドバイザーと電話や対面で面談をすることができます。話を聞いてもらう中で、自分の気づかなかった長所を見つけることができますし、希望する職種の最新情報や求人も提供されます。1人でうまく進められない時には、利用を検討してみてはいかがでしょうか?

仕事は辛いもの。辞めたいと思うことは甘えなのか?

「仕事が辛いのは当たり前だ」、「甘えているだけ」という意見の人に出会うこともあるかもしれません。しかし、本当にそうでしょうか。仕事が辛いと感じることが甘えなのか、そうでないのかはどのように判断すればよいのでしょうか?

「仕事が辛くて泣けてくる、眠れない、吐き気がする」症状は放置してはダメ

仕事をしていると時には辛いこともあります。しかしずっと辛い状況が続いている場合、どこかで改善しなくてはいけません。「寝つきが悪い、深く眠れない、呼吸が苦しい、手足の震え、食欲の減退、情緒不安定」など、身体に何らかの症状が表れている場合は、すぐに病院で診てもらいましょう。心だけでなく身体のSOSにも耳を傾けることは重要です。

自分のなかで最大限努力して、それでも「辛い」と感じているのであればそれは甘えではなく、解決すべき課題です。他人の判断だけを信用せずに自分の判断を信じましょう。

その辛さの乗り越え方。 まずは、状況を冷静に判断することから

自分自身をケアしながら、辛い状況を乗り越えられそうか。周りの協力を得ることで、課題解決の見込みがあるのか。それともこのまま辛い状況が続くと、身体からSOSが出てしまうのか。
まずは、身体を動かすリフレッシュをしてみたり、旅行をしたりして仕事以外に視野を広げることからはじめてみてはいかがでしょうか。それでもダメなら、休職や転職をいう選択もあります。
あまり悩みすぎず、自分の状況を冷静に判断して、できることから行動してみましょう。