スマートフォン版はこちら

書き出しから締めくくりまで 志望動機の書き方 例文付きで解説します

3366(1)-thumb-600xauto-11758.jpg

転職活動で必要になる履歴書。履歴書は企業に向けた自己紹介の一つとなり、第一印象を左右する重要な提出物です。内定を勝ち取るための第一歩は、採用担当者の目に留まる履歴書を作成すること。中でも履歴書に記載する志望動機は、書類選考時にも面接時にも重視される傾向があります。今回は履歴書の志望動機欄の書き方について、例文付きで解説します。

志望動機がうまく書けないとお悩みの方へ

履歴書に書く志望動機は、採用担当者の印象を左右するものです。
どのように書けば良いものなのか、よくわからない、うまく書けないという方もいるかもしれません。
まずは記載する書類の形式を、そしてその後に書くべき内容の詳細を、詳しく解説していきます。

まずは、履歴書のフォーマットを選ぶ

履歴書のフォーマットは、実は一つではありません。応募先企業の指定フォーマットがあればそれに従いますが、特に指定がない場合は、自分がアピールしたい点を強調しやすいものかどうかを基準に選ぶと良いでしょう。

例えば、未経験や応募する職種の業務経験が不足している場合は、自己PRの記入欄があるフォーマットを選ぶようにしましょう。職務経歴でアピールできる項目がなくても自己PR欄があれば、これまでの経験をどう活かそうと考えているのか、あるいはどういったスキルがあるのか書くことができます。そうすることで、一見足りないと思われかねない職務経歴をフォローすることが可能です。

履歴書は手書きか、PCか?

履歴書をパソコンで作成するか、あるいは市販の履歴書を買い、手書きで記入すべきかについては、求人の募集要項を確認してみましょう。書き方の指定があればそれに従い、特に指定がなければ、どちらでも問題ないと言えます。
ただし、IT企業や外資系企業ではPC作成が一般的です。メールやインターネット上で応募書類のやりとりをする場合も、わざわざ手書きで作成する必要はありませんので、PCで作成して問題ないでしょう。

もし手書きで履歴書を作成する場合は、読みやすさが大切です。字がきれいであるに越したことはありませんが、自分の字に自信がない場合も丁寧に書くようにしましょう。雑に書いた文字は相手にも伝わってしまいますので、注意が必要です。
手書きで履歴書を作成する際は、黒のボールペンを使って記入します。書き損じた際には修正液などは使わず、新しい履歴書の用紙に書き直します。消せるボールペンや、シャープペンシル、鉛筆での記入はNGです。

志望動機の文字数、長さを確認

志望動機は、選考を受ける会社への入社意志を表示する文章でもあります。そのため、短すぎるのはNGです。では、実際どのくらいの文字数書けば良いものなのでしょうか?

スペースが充分なくても、150~200字は書きたい

手書き、PCに関わらず、志望動機や自己PR欄は必ず150~200字程度は書くようにしましょう。文字量が少ないと、応募意欲を疑問視される可能性があります。

志望動機書など別書類で出す場合はA4用紙1枚 800字を目安に

履歴書の志望動機欄が小さくて書ききれないという場合は、志望動機書を別書類として添えても良いでしょう。その場合は内容が散漫にならないよう、簡潔にわかりやすく記載し、多くともA4用紙1枚800字程度にまとめることをおすすめします。

志望動機の内容、書き方 5ステップ

志望動機欄は、履歴書の中で自分の特徴を企業に最もアピールできる項目です。採用担当者の目に留まりやすい志望動機を書くために、盛り込むべきポイントを押さえましょう。志望動機の書き方を、ステップごとに分けて見ていきます。

ステップ1) 書き出しは、現在の仕事内容から

まずは現在の職場、あるいは前職でどんな仕事をしていて、これまでにどんな経験を積んできたかを簡潔に書きます。

ステップ2) 転職理由はできるだけポジティブに

現在のあるいは前の会社を辞めようと思った理由、そしてなぜ、志望先企業を選んだのかを相手に伝わるようにわかりやすく書きます。
辞めようと思った理由については、ネガティブな内容は避けましょう。前職の上司や同僚に対する批判、仕事内容や給与への不満などはNGです。志望企業の良さを強調するつもりで書いたとしても、こうした批判は「社内の情報を社外に漏らす信用できない人」という印象にもつながりかねません。
「この転職を機に、より高みを目指したい」など、キャリアアップ、スキルアップを目的とした前向きな転職という姿勢を見せると、志望企業の方々にも良い印象を与えることができます。

ステップ3) 志望理由は業務内容に関連付けて

本題の志望理由は、文面から志望企業に対する熱意が伝わる内容にすることを心がけましょう。
「貴社の事業内容に興味を持ちました」 など、どの企業にも当てはまるような抽象的、かつ端的な志望理由では、入社したいという熱意は伝わりません。
企業のホームページや求人情報を見るだけでなく、志望企業に関するニュースや関連情報をインターネットや経済紙、ビジネス誌などを駆使してできるだけ集め、応募企業に特化した内容に仕上げましょう。上場企業なら株価などのファイナンス情報のチェックもおすすめです。

また、応募先企業の事業の得意分野や同業他社との違いを研究した上で、その企業を志望する理由を自分の業務経験と関連付けて説明できるとより理想的です。

自分が「できること(業務経験)」で確実に会社に貢献した上で、「やりたいこと(志望理由)」をやっていきたい。そうして自分も、企業も成長させたいとまとめられると訴求力のある志望動機になります。

未経験業務の場合でも、前職で身に付けたことの中から、応募職種に活かせる経験やスキルを見つけて、関連付けをした上で記入しましょう。そのためには自己分析をしっかり行い、過去の業務経験や仕事上で身に付けたスキルの棚卸しをすることが大切です。

また、具体的なエピソードを記載することで、より説得力が生まれます。
応募する企業が一般消費者向けにビジネスを展開している場合は、実際にサービス利用や商品購入をした際の経験を盛り込んでみても良いでしょう。

ステップ4) 入社後の自分の具体的なイメージを共有する

志望理由を踏まえた上で、入社した暁には、どのようなことに力を入れていこうと思っているかなど、入社後の仕事の仕方について、具体的なイメージを伝えます。

漠然としたイメージでも構いませんので、入社後どんな仕事に携わり、将来的にどんな働き方をしたいのか、どのように事業に貢献できるのかを自分の言葉で伝えましょう。そうすることで、企業の採用担当者もあなたを採用した際のイメージが湧きやすくなります。

今後のキャリアビジョンを伝え、将来自分がどうしていきたいかだけでなく、どのように企業に貢献したいと思っているか、実際に貢献することが可能かをアピールしましょう。

ステップ5) 締めくくりはこれまでの経験やキャリア、スキルをさらにアピール

自分の夢ややりたいこと、キャリアプランを実現させるために今まで経験したことや、培ってきたスキルを伝えた上で、応募企業への入社意欲の高さや仕事に対する熱意を最後に改めてアピールします。

書き終わったら全体を見直し、転職理由と志望理由に整合性があるか、入社後のイメージについて、筋が通っているか、書いている内容が文中で破綻していないかなど、細かい内容を改めてチェックしましょう。

転職の志望動機例文、良い例&悪い例

続いて具体的な志望動機の例文・書き方の事例を見ていきましょう。職種や、業務経験の有無、年代を例に、良い例と悪い例を紹介します。

営業職編

●良い例文
不動産会社の営業職として、個人向けに賃貸物件の紹介や中古マンション販売の仲介を担当しています。顧客の生活をサポートする仕事にやりがいを感じておりましたが、既存物件の紹介・販売では、お客様のご要望通りの紹介ができないことも多々あり、もどかしく感じておりました。次第に、お客様のご要望にお応えできる住宅や、お客様の個性を表現できる住宅の販売を手掛けたい気持ちが強くなり、注文住宅販売をメインとする貴社の営業職に興味を持ちました。多くの賃貸、販売物件を取り扱ってきた経験を活かして、お客様のご要望に対し、最善の提案をすることで、理想の家づくりのお手伝いができると考えております。顧客満足度の高い営業を目指し、ぜひ貴社の事業に貢献したいです。

●悪い例文
大学卒業後、不動産会社で営業職に就き、個人向けに賃貸物件の紹介や中古マンション販売の仲介を行いました。お客さまに感謝の言葉をいただくこともあり、やりがいを感じておりましたが、目標達成のために余裕のない日々が続き限界を感じたため、転職に踏み切りました。貴社の「顧客との付き合いを重視する」というスローガンを拝見し、前職とは違う働き方ができると考え、応募しました。経験を活かし、貴社業務に貢献する所存です。

<ポイント>

●良い例文は、前職の実績を踏まえた前向きな転職であることがアピールされています。応募する企業の特色に志望動機を関連付けている点も説得力があります。
●悪い例文は、目標の達成がつらいことが転職理由に見え、ネガティブな印象です。

事務職編

●良い例文
前職でも総務事務の仕事をしておりました。少ない従業員数で、総務部門も最低限の人員で構成されており、業務を幅広く、何でもこなす中で数多くの学びを得ることができました。しかし、今後のキャリアを考えた際に、総務の中でも何らかの得意分野を作ることで、より専門性を究めていきたいと考え、転職を決意した次第です。

前職では、株主総会や社内イベントの企画など、数多くのイベント企画も手掛けてきました。貴社は、社内行事にも力を入れており、総務部の中で専門のチームを組んでいると聞き、従業員の満足度を上げるイベント施策に専門的に取り組むことができるのではないかと考えております。前職の業務経験から、マルチタスクで物事を進めることや進捗管理は得意としておりますので、もしチャンスをいただけるのであればイベントを統括するポジションなどにもチャレンジしていきたいです。そして、社員が楽しめるイベント、面白いイベントを行うことで、社員の団結力や会社に対する満足度を向上させることに貢献していきたいと考えています。

●悪い例文
前職でも総務事務の仕事をしておりましたので、こちらの仕事でも自分の経験を活かせると思い、応募いたしました。貴社のホームページを拝見して、社長の考え方や仕事への取り組みなどに感銘を受けました。また、貴社は残業が少なく、駅からも近いので仕事帰りに必要な買い物を済ませて帰ることができる点にも魅力を感じました。

<ポイント>

●良い例文は、前職の実績を踏まえ、さらに目標を持った前向きな転職であることがアピールされています。前職で積極的に資格取得したなどの姿勢もしっかりと伝えていて説得力があります。
●悪い例文は、残業が少ない、駅から近いことなどに魅力を感じたなど、仕事へ対する意欲が感じられません。

エンジニア編

●良い例文
大学卒業後、新卒でIT企業に就職し、7年間勤務しました。シニアエンジニアとして、顧客企業のネットワーク設計などを担当し、部下4人のマネジメントを行うとともに、スキルを共有するミーティングも定期的に開催していました。業務効率化を追求する貴社であれば、チーム全体の生産性を上げつつ効率的な開発を行うことで自らのエンジニアスキルも伸ばせると考え、この度応募いたしました。私自身が業務を通して成長することはもちろんのこと、チーム全体のスキルアップも並行して進め、業務に貢献したいと考えております。

●悪い例文
大学卒業後、IT企業でエンジニアとして働き、顧客企業のネットワーク設計などを担当しました。チームリーダーとなったことで部下のマネジメント業務が増え、エンジニアとしてのスキルアップが難しくなったことから、貴社に応募いたしました。業務の分担がきちんと行われている貴社であれば、エンジニアとしてさらに活躍し業務に貢献できると考えております。

<ポイント>

転職を決意した理由はどちらも明確ですが、悪い例文では前職での自ら状況に対し、改善への取り組みや努力をした痕跡が見受けられず、良くない印象を抱かれてしまいます。

未経験編

●良い例文
前職は広告代理店で営業事務を担当していました。顧客からのヒアリング内容に基づき、部内共有の提案資料を作成するうち、自ら顧客の問題解決ができるポジションで働きたいと考えるようになりました。また、私自身食べることが好きで、昨年は食生活アドバイザー(R) 2級も取得しています。食品を多く扱う貴社の営業職であれば、営業事務職を通して得た経験と、食生活アドバイザー(R)の資格の両方を活かすことができるのではないかと考えております。食にまつわる知識や情報をもとに、説得力のある提案を行い、顧客満足度を上げることで貴社の売上にも貢献いたします。

●悪い例文
前職では、中小企業で一般事務の仕事に従事していました。営業職に興味を持ち始めたのがきっかけで、貴社へ応募いたしました。貴社の製品は自然環境を考えたもので社会貢献できますし、お客様からも高く評価されている点に魅力を感じました。経験のない分野ですが、根気には自信があります。どこまで貴社でお役に立てるか分かりませんが、精一杯がんばります。

<ポイント>

●良い例文は、興味だけでなく、知識を求めて積極的に行動していたことからも、転職理由と志望動機に説得力を感じさせます。これまでの経験を希望職種に活かせる点も書かれていて、業務へ貢献できる人材であるとの自信も、独り善がりな印象を受けません。
●悪い例文は、製品の良さに感動した以外、具体的なことが書かれていません。良い製品だから未経験でも頑張れば売れると短絡的に考えているように見えてしまいます。

40代以降のキャリア転職 適切な志望動機は

40代以降の転職活動で提出する履歴書では、職務経歴の重要性が高まります。
40代ともなると、社会人としての経験や職務経験も豊富なはず。それら全てを羅列するのではなく、求人企業の求める応募要件を洗い出し、自身の経験の中で合致するもの、またそれに代わる経験を記載しましょう。

志望動機の書き方は、これまで説明してきた内容に加え、マネジメント層としてどのような形で業務貢献をしてきたか、チームを任されたときにどのように導いてきたか、それらの経験をどのような形で志望企業に還元できるか、といった「企業への貢献度」を述べることが必要です。また、志望企業の経営方針や経営戦略に対する理解や、共感も必要になります。

自身の実績を記載する際に気をつけたいのは、「自慢話」にならないようにすること。実績は「事実」を裏付けるための材料として、簡潔に伝えるように心がけましょう。

自信がなければ、添削を使おう

志望動機を企業へ提出する前には、一度必ず、採用担当者の立場に立って読み返すようにしましょう。客観的な視点から見た際に、あなたが魅力的な人物に見えるように書けていますか?また、きちんとあなたのことを理解してもらえるような内容になっているでしょうか?

書いた内容に自信が持てない場合は、友人や家族など第三者に確認してもらうと良いでしょう。そう言われても、自分を良く知る人物に見てもらうのは恥ずかしいという場合は、転職エージェントの書類添削サービスを活用するのも一つの方法です。転職エージェントは、利用者を対象にキャリア面談を行い、スキルや経験の洗い出しの手伝いをすると同時に、応募書類の添削や面接対策なども行っています。作成した志望動機、履歴書に自信が持てないという方は、一度相談してみてはいかがでしょうか?