スマートフォン版はこちら

20代の転職方法 女性や未経験でも成功に導くポイントは?

img01.jpg

転職は若い方が有利と言われます。確かに20代であることが転職活動において不利になることはまれです。とはいえ、武器となるスキルやキャリアがまだないことも確か。転職を成功させるには、何に気を付けるべきでしょうか。20代の転職で、また女性の転職、未経験業務へのキャリアチェンジの際に大切にしたいポイントを解説します。

20代の転職は年齢の前半、後半で求められるものが変わる

20代前半はやる気の空回りに注意!

20代前半は、ポテンシャルや価値観を重視する傾向があります。とくにビジネスマナーが身に付いているか、人柄が社風と合っているか、リテラシーが高いかなどが見られます。そしてやる気。仕事に対する思いが転職成功率を左右します。
とはいえ、「やる気」だけでは採用に結び付けることが難しいことも確か。なぜこの企業でなくてはいけないのかを、しっかり言語化できるようにしておきましょう。

20代後半はスキル、キャリアを生かす

20代後半になると、スキル面が重視されるようになります。即戦力採用の傾向が強くなるため、同業種や同職種での転職だとスムーズに進みます。
心構えとしては25歳と同様に、「なぜ転職したいのか」に加え、「希望するポジションに自分の経験がどう活かせるか」を明確に言えるようにしておきましょう。業界問わず発揮できる強みや、ポテンシャルがあることを伝えることが大事です。

20代女性の転職で気をつけたいポイントは?

女性はライフプランによって、働き方や職場に求めたい環境が変わるため、仕事選びも大きく左右される可能性が高いです。転職のタイミングは、より慎重に考えましょう。

20代前半でもライフプランを考えておこう

20代前半では、いずれ結婚や出産をと思っていても、具体的にライフプランを考えている女性は少ないかもしれませんが、若いうちからイメージしておくことは大切です。
現職の不満や目先の条件、待遇に気をとられてしまい、「どのようなキャリアが自分の人生にベストなのか」後先考えずに転職して、失敗してしまうケースがあるからです。
まずは5年、10年先、そして将来「自分がどうなっていたいか?」をイメージしたうえで、自分のキャリアプランを考え、キャリアアップしていく中でワークライフバランスをどう調整するか?といった思考を持つことが重要です。

20代後半はライフプランとの両立が大事

20代後半の女性はスキル面の他に、「長期的に働いてもらえるかどうか」が重視されます。転職して早々に、出産や育児などで退職や休職されると困ると考えるからです。
また産休(産前産後休業)や育休(育児休業)、時短勤務制度などがある企業は増えていますが、実際には、在職年数などの条件がある企業も多く、転職後すぐに利用開始することが難しいことが実情です。
そのため既婚女性の場合は、配偶者とも相談し、具体的な家族のライフプランと自身のキャリアプランをリンクさせて考えましょう。

第二新卒の転職で大切なこと

第二新卒者の場合は、同じ20代の転職といっても違った点に気を付けることが必要です。

第二新卒は新卒入社後3年以内に転職活動をする人のことを指します。新卒と違い、社会人経験があることは強みですが、現職の勤続年数が短いことはネックになります。転職動機は必ず面接で深堀りされるでしょう。自分のキャリアプランの中で実現したいことは何で、なぜ現在の職場ではその実現が難しいと考え転職を決意したのかということを具体的に伝えられるようにしましょう。

第二新卒者の採用に積極的な企業も多く存在します。一度社会に出たことで、明確なビジョンを持って転職活動をするので、企業とのミスマッチが少ないからです。働く意欲を見せ、転職先の会社を選んだ明確な理由をしっかりアピールしましょう。

第二新卒については、こちらの記事でさらに詳しく解説しています。

未経験、スキルなし…それでも成功するための考え方は?

20代は未経験の業種や職種への転職がしやすいといっても、やはり経験者に比べれば見劣りしてしまうのも事実です。特に年齢が後半になるにつれ難易度が増していきます。未経験でも転職に成功するためにはどうすればいいでしょう。

転職は0からのスタートではない

まず大事なのは、未経験でもこれまでの経験を生かす、という考え方を持つことです。例えば同業界なら、異職種への転職は比較的スムーズです。
またまったくの未経験であっても、これまでの社会人経験のなかで必ず、今後のキャリアにつながるスキルがあるはずです。現職と希望する業種、職種の共通点を探してみましょう。

明確なビジョンを持つことが大事

なぜ未経験なのにその仕事に興味を持ったのか、将来どんなキャリアを築きたいのか、きちんとしたビジョンを持ちましょう。「転職理由」と「志望動機」に一貫性があることはとても大切です。
志望動機があいまいでは「うちの会社でなくても良いのでは」と採用担当者に思われかねません。企業は、長く戦力として活躍してくれる人材を探しています。
将来のキャリアイメージを具体的に説明することで、未経験でも熱量をもって業務に取り組む人材であるという印象を与えられます。

20代の転職活動の進め方 現職を辞めてからでも問題ない?

20代なら現職を辞めてから、ゆっくり転職活動をしても問題ない、という考えは危険です。20代は転職に有利といっても、転職先がすぐに見つかるとは限りません。

上記でみてきた通り、20代での転職は、スキル不足や長続きしないタイプと思われるリスクも高いのです。うまくいかないことを想定し、現職は続けたまま平行して転職活動をすることがおすすめです。

また条件を限定しすぎず、ある程度応募する企業数は増やし、面接に行く機会を増やすことも大切です。
転職を安易に考えず、間違っても勢いで現職を辞めるようなことはないようにしましょう。転職には冷静さも必要です。

年収は下がる?ハイクラス転職はできる?

「同業界・同職種への転職をする」、「企業規模を見直す」、「働き方を問わない」といった3点のうちのいずれか、ないしは全てを選択することで、年収アップを見込んだ転職が可能になります。

同業界・同職種であれば即戦力になること、また、企業規模を見直すことで応募可能な求人数が増え、早期にキャリアアップできる可能性があることなどが理由としてあげられます。また、激務だけれども給与が良い会社は一定数存在します。こういった条件を受け入れることで短期的に年収をアップさせることは可能です。

一方で、短期目線ではなく、中長期目線で考えることも重要です。転職して直後の年収は下がったとしても数年後には実力をつけ、評価されることも当然あります。今後の伸び幅や企業の評価制度、先輩社員の平均年収などを考えて、判断しましょう。

うまくいかない、決まらない…不安だらけの転職の切り替え方

20代での転職は、初めての転職活動という人も多いと思います。なかなか決まらなかったり、そもそも何から始めればいいのかわからなかったりするひともいるかもしれません。

情報収集、状況理解が最初の一歩

まずは企業の情報をきちんと集めましょう。自分のやりたい仕事はあるか、どんな評価制度や福利厚生があるのか、社風はどうか。自分に合うかどうか判断材料を集めることは大切です。

自分の状況を知ることも大事です。前述した通り、20代の転職では企業の求めることが変わります。いま自分に求められていることは何か、自分は応募条件に合っているかを検証しましょう。

やりたいことに迷いがある、自分に何が合うかわからない

自分が将来、何をしていきたいのかを基準に考えましょう。希望している企業で働くイメージをつかみ、将来的なキャリアビジョンを持つことは大事です。

また今はやりたいことがわからなくても、将来的に見つかるかもしれません。今はそのときまでの下地作りと捉え、キャリアの選択肢を広く持てる企業を選ぶなども良いでしょう。

スキルも自信もない

自分はどういったときに仕事にやりがいを感じるのか、どのような考えを軸にして物事を決めてきたのか、もう一度考えてみましょう。おのずと自分が大切にしている価値観や、ポリシーが見えてきます。

その上で、これまでの経験から何を学びどう生かしているのか振り返ってみれば、きっと何もスキルがないということはないはずです。

はじめての転職の方は、こちらの記事で転職活動の流れを確認することができます。

転職回数が2回目、3回目…どう突破する?

20代で転職をくりかえすと、必然的に勤続年数が短くなるため、飽きっぽい性格と思われる懸念があります。長続きしないと思われないためには、どうして転職に至ったかの具体的な理由と、希望する企業への想いを詳細に伝えることが大切です。

今の会社が合わないからとりあえず転職したい、といった理由では、飽きっぽい性格と思われても仕方ありません。自分がどういった思いや価値観で仕事をしてきたか、そしてそれが現職ではどう叶わず、志望企業ではどう活かせると考えているか、詳細に伝えましょう。

どうして転職しなくてはいけなかったのか、基準となる軸がぶれることなく伝えられれば、採用担当者にも納得してもらえます。

転職理由はネガティブなものではなく、前向きさが重要です。ただしパワハラや過労など、やむを得ない事情であるケースは、そのまま伝えて問題ありません。離職が求職者側の原因でなければ、採用担当も致し方ないと考え、飽きっぽいという印象にはなりません。

パソナキャリアの転職エージェントがおすすめする業界・職種

現在、IT業界ではSaaS(Software as a Serviceの略語)が注目されており、サービス導入のための営業や継続利用していただくためのカスタマーサクセスといった職種の募集が積極的に行われています。

法人向けの営業は個人向けの営業と比べると難易度は上がりますが、そのぶん年収も上がりやすい傾向にあります。また、その後のキャリアを考えた際、法人営業の経験は、転職市場でも評価を得られやすくお勧めです。

パソナキャリアではIT業界に限らず、各業界を熟知しているアドバイザーがあなたの転職をサポートします。応募企業の選定から書類作成、面接対策、果ては給与交渉まで。皆様からのご相談、心よりお待ちしております。

転職エージェントを利用すれば、応募の段階から給与交渉まで、転職活動における面倒な部分を隅々までサポートいたします。まずは一度ご相談ください。