スマートフォン版はこちら

40代の転職 未経験でもなんとかなるか? 成功するマインドセットとは

img01.jpg

40代で転職を考える場合、30代までの転職と考え方を変えることがまず重要です。ライフプランとキャリアを天秤にかけ、ご自身にとっても、周囲の方々にとっても、より良い選択になるよう準備をしっかりしていきましょう。

ふと同世代を見渡すと

40代となると、学校を卒業したばかりの頃と比べ仕事の状況も多彩です。同世代の中には、起業をしたり、転職したり、管理職になったりと、職場環境も、立場も人によって大きく変化しています。

つい自分と比較して、このままで本当にいいのかと悩み、転職を考える時期でもあります。

40代まで? 転職の年齢制限

転職の求人では一部を除き年齢制限を設けていません。しかし、実際のところはどうなのでしょうか。かつて転職の限界年齢は35歳がラインとも言われていましたが、労働環境の変化にともない平均年齢も上がり、今では40代や50代でも多くの方が転職をしています。

転職コンサルタントが教える 40代男性の転職活動の進め方

40代男性の転職では、マネジメント力を求められる傾向が強く、管理職の経験があると異業界・異業種への転職でもアピールがしやすくなります。

この世代は一家の大黒柱も多く、転職活動が長引くのは得策ではありません。また、退職前に転職活動を行うことをお勧めしますが、責任のある仕事を多く抱えながら、転職活動に時間を割くのもひと苦労ですから、効率よく進める方法を考えましょう。

40代女性の転職活動の進め方は?

女性の場合、40代となると、出産や育児などによるライフステージの変化もいったん落ち着いてくる方が多いのではないでしょうか。今後のプランを明確に見据えやすくなる時期ともいえます。改めて「ワークライフバランスをどうとるか」を整理し、その上で「自分自身のキャリアを今後どう築くか」をしっかり考えることから始めましょう。

ワーキングママとして活躍できると信じる

40代女性は、ワーキングママも多い世代。子どもがある程度大きくなり、人によっては「30代の頃よりも40代の方が転職活動のタイミングかも」と思うかもしれません。

とはいえ、子育て世代であることは変わらないので、転職活動を始める際には、「何を優先するのか」「家族の協力は得られるか」などをあらかじめ考えておきましょう。そして、なによりワーキングママとして活躍できると自分を信じる気持ちがまずは大事です。

40代の転職は自己アピールが大切

男女とも30代までの転職と40代の転職では、「これまでの経験・スキル」がより重視される点が大きく異なります。つまり、即戦力として、どれだけ活躍できるか」という視点が、選考結果を左右するといえます。

その為、「自分の経験・スキル」と「どう企業に貢献できるか」を明確につなぎ合わせ、説得力のある自己アピールをすることが大切になります。

志望動機の書き方・例文

40代の転職の場合、志望動機には、どのようなことを書けば良いのでしょうか。ここはいろいろと迷うところですが、下記の5つのステップに沿って1つ1つ文章を作成し、繋げていくと形になっていきます。

■志望動機をまとめるための「5つのステップ」

  1. 【書き出し】 現在の仕事内容から
  2. 転職理由 → ネガティブな内容は避け、できるだけポジティブに
  3. 志望理由 → 求人の業務内容に関連付けて
  4. 入社後の自分の具体的なイメージ → 貢献できること、力を入れたいことを中心に、面接官が入社後をイメージできるように
  5. 【締め】スキルや経験を再アピール → 入社意欲の高さや熱意はもちろんのこと、これまでの経験を具体的に

■例文:事務職編
①総務事務の仕事を10年経験し、現在では部長職として総務部門を率いて、幅広い業務を、担当しており、数多くの学びを得ることができました。
②しかし、総従業員数が少なく総務部門も限られた人員で構成されており、管理職とはいえ、現場とともに日々の業務に忙殺されている中で、自身の今後のキャリアを考えた際、総務の中でも何らかの得意分野を作り、より専門性を高めていきたいと考え、転職を決意した次第です。
③前職では、株主総会や社内イベントの企画など、社内外に向けた企画も数多く手掛けてきました。貴社は、CSR活動にも力を入れておられ、総務部の中で専門のチームを組んでいると聞き、株主をはじめ、消費者や従業員の満足度を上げ、社会に貢献できる活動に、これまでのスキルを生かして取り組むことができるのではないかと考えております。
④前職の業務経験から、マルチタスクで物事を進めることや進捗管理は得意としております。
⑤社員の団結力や会社に対する満足度を向上させるイベント企画から、社会貢献に向けたCSR活動、SDGsの立案、実施に貢献していきたいと考えています。

志望動機の欄は、個性が表れる部分です。一通り形ができたら何度も見直し、自分らしさが表現できているか確認しましょう。

自己PRはどうする・例文

自己PRでは、応募先の求人情報や企業情報をよく読みこんで、応募先に合うスキルや経験を選び出し、即戦力となれることをアピールします。エピソードは数多く言語化してストックし、企業や求人内容に合わせてセレクト・調整するといいでしょう。

■例文:営業職の場合
【営業部門 実績前年比200%を実現】
新築マンションの営業部門の課長職として、●名の営業部員とともに、受注件数○件、前年比売上200%を実現しました。チーム内で、最新情報や成功事例、お客様のご要望などを共有し、共通する課題に対しての対応策をテンプレート化することで業務効率を向上させ、新規顧客開拓数、受注率を向上させるとともに、顧客ニーズ、トレンドなどを企画開発部門に展開し、●●などの新規マンション企画などを実現させました。

TOEIC800点、900点は訴求力があるか?

40代の転職において、点数自体の訴求力が大きいかどうかは難しいところです。海外部門など英語力が求められる仕事を希望する場合、750点以上が1つの目安にはなります。

また、TOEICのスコアは履歴書に記載するようにしましょう。ただし、40代の転職で英語力を武器にしたいと考える場合、スコアよりも実績が重視される傾向があるため、業務上での実際の経験をアピールすることを忘れないでください。

履歴書の写真にも気を遣う

証明写真はできる限りフォトスタジオで撮影をしましょう。証明写真機やスマホでも証明写真を撮影できる時代ですが、あえてフォトスタジオに足を運ぶ労力を惜しまないことは大切です。

髪型等の身だしなみはもちろん、姿勢や表情のアドバイスももらえ、納得するまで何度でも取り直しができるお店がほとんどです。

履歴書の中でも、写真は書類審査をする上で印象を左右しやすい部分です。採用担当に好印象を与えるためにも、大切な要素と考えましょう。

40代からの未経験転職は厳しい 転職の悩み

40代からの未経験分野への転職は難しいと耳にしたこともあるでしょう。企業は40代の求職者に即戦力を求めており、40代の転職は基本的にスキルや経験を武器に戦うというスタイルが一般的です。

未経験業界、スキルなしは実際問題として難しい

0からのスタートは実際厳しいですが、年齢不問や未経験OKの分野もあることはあります。例えば、営業職・販売職・接客業・介護職・警備員等です。

収入面や休日体制等の勤務条件が求人情報とは異なる可能性がありますので注意も必要ですが、希望条件の幅を広げることで未経験業界へのチャンスが広がります。

うまくいかず行き詰まった時には、例えば今まで目を向けていなかった未経験業界で経験・スキルを活かす道を探すなど、マインドチェンジをして視野を広げてみるのも一つの方法です。

うまくいかない、なじめない。経験があっても、気持ちの切り替えが必要

40代の転職で、企業が懸念する要素として「職場になじめるか」ということが比較的上位にあります。それは、中途入社後に「職場環境」「人間関係」に悩む人が多いからです。

実際に、同じ経理の仕事でアパレル業界からIT企業に転職した方が「転職した企業では皆目の前にいても直接会話せず、コミュニケーションはメール等での会話が基本でなじめなかった」と口にしていたこともありました。

長年企業に勤めた経験があり、さらに仕事内容に経験があっても、経験値だけではうまくいかない部分もあるということは予め知っておきましょう。

40代ともなるとそれまでに培った経験や実績から、仕事の進め方においても、自分なりのやり方、こだわりなどがあるため、どうしても頭の片隅で前職やこれまでの職場と比較してしまいがちですが、転職後は新しい気持ちに切り替えることも必要です。

転職の軸として最も大切にしたいことを明確に

40代ともなると、大切にしたいものやこだわりも30代よりも強くなっている自分がいるかと思います。転職の際に譲れない軸は、漠然としてではなく、1つ1つを言語化・文字化・可視化しておきましょう。

そして、「なぜそれが大切なのか」などについて自分自身に問いかけ、最も大切にしたいことを明確にしましょう。

正社員での転職にこだわるか?

転職活動を始めるとき、正社員だった人は正社員限定で求人を探す傾向が高いです。しかし、正社員限定の枠組みを外すことができると、希望に合う求人もぐんと増えます。

正社員での転職に安定を求める方もいらっしゃいますが、本当に安定しているのでしょうか。

例えば雇用期間の点でいえば、大企業でもリストラは行われますし、就職時に契約社員でも「無期転換ルール」によって5年経てば無期労働契約に変更することが可能です。

正社員にこだわるばかりに、転職活動が長期化したことがマイナスに働き、自分を苦しい状況に追い込んでしまうケースも40代の転職では見られます。

パソナキャリアと進める40代の転職

パソナキャリアでは各業界に精通している選任のアドバイザーがあなたの話を聞き、これまでのスキル・経歴から最適な求人を提案します。

選考の難易度が上がる40代の転職でも、書類添削や面接対策を行うことで自信を持って進めていくことができるようになります。

ご来社が難しい場合は、お電話でのカウンセリングも可能です。皆様からのご相談、心よりお待ちしております。