スマートフォン版はこちら

40代の管理職が転職を成功させるには?狙うべき企業の種類や必要なスキルを解説!

img01.jpg

「管理職として転職したいけれど、実際のところは難しいのだろうか」と不安に感じている40代の方も多いのではないでしょうか。40代の管理職は経験や実績が豊富なものの、そのぶん雇い入れるコストも高いため企業側が採用に慎重になってしまうケースもあります。だからこそ、求職者側としては自身のスキルや実績をより魅力的に企業へ伝えられるよう、入念に対策を練る必要があるのです。
そこで今回は、「40代の管理職に求められるスキル・実績」や「40代の管理職が転職を成功させるポイント」について分かりやすく解説します。また、「40代の管理職が狙うべき企業の種類」も紹介しますので、ぜひ今後の転職活動を有利に進めるために意識してみてください。

パソナキャリアのハイクラス転職エージェントサービス

40代の管理職にとって転職の難易度とは?

そもそも40代の管理職が転職することは、どのくらい難しいのでしょうか。ここでは、調査データも交えながら、40代の管理職が転職する際の難易度について解説します。

(1)40代に対する企業の採用意欲はやや低い

40代の人材は20代~30代の若年層と比べると、採用における企業の見る目がやや厳しくなるのが現状です。「他社での経験が長いぶん、考え方の柔軟性に欠けるのではないか」「給与水準が高いため、万が一ミスマッチだった場合のリスクが大きいのではないか」といった懸念から、40代人材の採用をあえて見送る企業もあります。

厚生労働省の調査「中途採用の年齢別の採用方針」(※)によれば、35歳未満の人材に対しては43.5%の企業が「積極的に採用したい」と回答しました。しかし、「積極的に採用したい」の割合は、35歳以上45歳未満の人材に対しては12.1%、45歳以上55歳未満は3.1%まで下がります。つまり、人材の年齢が高くなるほど企業の採用意欲が減る傾向にあり、「40代を積極的に採用したい」という企業は決して多くないというのが実情です。

※参考:中途採用に係る現状等について/令和元年|厚生労働省(PDF)

(2)管理職の求人そのものは多くない

管理職は社内でのポストが限られるぶん、プレイヤーよりも求人が出回りにくいという特徴があります。また、内部人材を昇格で管理職へ抜てきする企業の場合、外部から管理職を採用することは珍しいでしょう。さらに管理職の求人は企業の経営戦略に深く関わるため、「非公開」として扱われることがほとんどです。そのため、一般的な転職サイトではなかなか管理職の求人に出会えず、苦戦している40代管理職の方も多いかもしれません。

(3)「40代管理職」を特に必要としている企業もある

一方で、40代管理職の需要が高い企業もあります。例えば、後継者不足に悩む中小企業や、若年層を中心に構成されたスタートアップでは、経営視点を持つ人材の獲得が急務です。こうした企業では、40代管理職だからこそ持ちえる「チームビルディングの豊富な経験」や「人としての落ち着き・信頼感」が重宝されます。このように40代管理職の転職では、求人の募集背景を深く読み込み、ニーズの高い企業を見つけ出す努力が必要です。

この記事もCHECK!

40代の管理職が狙うべき企業の種類とは?

40代の管理職が転職を成功させるためには、どのような企業の求人を探すべきなのでしょうか。ここでは、40代管理職のニーズが高い企業の種類について解説します。

(1)大手企業【△やや難しい】

真っ先に応募の対象に挙がりがちな大手企業ですが、40代管理職の入社はややハードルが高いといわざるをえません。大手企業のなかには新卒一括採用・年功序列の風土がいまだに根付く企業も多く、内部昇格によって管理職のポストを埋める傾向があるからです。そのため、40代管理職が中途採用で迎え入れられるケースは決して多くはないでしょう。

(2)中小企業【〇需要がある】

中小企業のなかには、新卒採用に苦戦してしまい、人手不足で悩んでいる企業もあります。そのため、管理職に抜てきできるような人材が社内におらず、中途採用を盛んに行っている企業も珍しくありません。また、事業拡大のために新規分野への参入を画策して採用を行う企業も増えています。そのため、40代管理職はニーズが高く、入社後は企業の中核となるポジションで経験を生かせるチャンスともいえるでしょう。

(3)新興ベンチャー【◎需要が高い】

創業間もない新興ベンチャーでは、若手世代が中心となって事業を運営している企業もあります。そのため、実績・人脈ともに豊富なミドル層の管理職人材を迎え入れ、経営基盤を強化しようとする企業も多いのです。だからこそ、40代管理職はニーズが高く、入社後は今より経営に近い役職で手腕をふるえる可能性も高いでしょう。

(4)外資系企業【〇実力次第で可能】

外資系企業は、日系企業のように新卒一括採用の文化がなく、即戦力の人材を中途採用で迎え入れる傾向にあります。そのため、企業のニーズにマッチするスキル・実績を持っている40代管理職は、年齢に関係なく採用されるケースもあるでしょう。実力主義の風土があるため、交渉によっては年収を大幅に上げることも可能です。

40代の管理職に求められるスキル・実績とは?

40代の管理職が転職を成功させるためには、具体的にどのような能力があればよいのでしょうか。ここでは、40代の管理職に求められる4つのスキル・実績について解説します。

(1)管理職としての具体的な実績

まず問われるのが、管理職として積み重ねてきた実績です。例えば、「自部署で単月1億円の業績を達成し、営業組織中1位を記録した」「担当事業を成長させ、当初30人の部署を100人まで伸長させた」などが挙げられます。職務の特性上、スキルを言語化しづらい管理職にとって、定量的な実績は能力の証明になるでしょう。

(2)プレイングマネージャーとしての専門スキル

現在は少子高齢化の影響で人手不足に悩む企業が多く、40代管理職でも前線での活躍を期待される場合があります。そのため、専門的な実務スキルについてもある程度は求められると考えたほうがよいでしょう。管理職としてだけでなく、プレイヤーとしての経歴や能力、実務から離れていた期間なども整理しておくことが大切です。

(3)課題解決力

管理職をあえて外部から雇い入れる企業のほとんどは、自社の人材では解決できない何らかの課題を抱えています。例えば、「マネジメントに長けた人材を招き入れ、経営を立て直したい」「専門知識のある管理職を新規事業の責任者に据え、シェアを大きく広げていきたい」などが挙げられるでしょう。そのため、自組織の課題を分析・発見し、その解決に向けて実行した経験がある管理職人材は、業界を問わずさまざまな企業から重宝されます。

(4)経営層との相性

管理職は経営層の考えをくみ取り、現場に自社の企業理念や経営戦略を浸透させる役割も持っています。そのため、選考では経営層との相性が合うかどうかもチェックされるでしょう。無理に合わせる必要はありませんが、応募先企業の経営方針やビジョンは事前に読み込み、共感できるポイントや理由を整理しておく姿勢も肝心です。

この記事もCHECK!

40代の管理職が転職を成功させるポイントとは?

40代の管理職が転職を成功させるためには、どのような点を意識すればよいのでしょうか。ここでは、40代の管理職が転職活動で押さえておくべきポイントを紹介します。

(1)年上部下との向き合い方を考えておく

40代管理職の場合、転職先に50代~60代の社員が在籍していれば、年上の部下を持つ可能性もあります。たとえ入社年次は自分のほうが浅くても、毅然(きぜん)とした態度で指導に臨まないといけない場面もあるでしょう。そのため、自分なりの年上部下との向き合い方を考え、面接で回答できるように備えることが大切です。

(2)「入社後にどんな貢献ができるか」を伝える

40代管理職の場合、ポテンシャルはほとんど考慮されず、即戦力として採用されます。そのため、「自分が今後キャリアでしてみたいこと(願望)」よりは、「自分が組織に貢献できること(実績・能力)」を中心にアピールすることが重要です。入社後の活躍イメージをうまく伝えられると、企業からの好印象にもつながるでしょう。

(3)企業ごとにPRの内容を最適化する

企業の規模や業態によって、管理職の役割は大きく異なります。例えば、管理職に部下の育成やプロジェクト管理だけ任せる企業もあれば、管理職にプレイヤーとしての目標を課す企業もあるでしょう。そのため、応募先企業の現状や管理職に求められるミッションを入念に研究したうえで、PR内容を最適化する姿勢が求められます。

(4)転職エージェントを活用する

40代管理職は求人の母数が限られるため、積極的に転職サービスを活用するようにしましょう。その際、必須で利用したいサービスが、転職エージェントです。転職エージェントに登録すれば、一般的には「非公開」で扱われている管理職の求人も、豊富に紹介してもらえます。また、転職コンサルタントから求人紹介や履歴書の添削、面接対策、企業との年取交渉までサポートしてもらえるため、より有利に転職活動を進めることが可能です。

まとめ

40代から管理職として転職を成功させるには、多くの求人情報に触れ、自分にマッチする職場を探し出すことが大切です。その点、“ハイクラス向け”の転職エージェントは、ぜひ活用したいサービスの一つといえます。幅広い管理職の非公開求人を紹介してもらうことができるため、転職活動をスムーズに進められるでしょう。

パソナキャリアは、求人の約半数が「年収800万円以上」のハイクラス向け転職エージェントサービスです。求人件数4万5000件以上を誇り、そのうち「28.4%」を管理職の求人が占めています。また、「40代の管理職が必要とされている求人」を転職コンサルタントが厳選して紹介し、内定まで一貫してサポートするため、安心して転職活動に臨むことが可能です。ぜひ管理職として転職成功を目指す際には、パソナキャリアをご活用ください。