スマートフォン版はこちら

年代別セカンドキャリアの考え方 その準備と心構え

main_image.jpg

「セカンドキャリア」という言葉を目や耳にした時に、自分にはまだ先のことだと感じている人も多いはず。最近では、これまで使用されてきた一般的な「セカンドキャリア」の意味合いとは変わってきています。そこで、現代のセカンドキャリアの言葉の意味や、セカンドキャリアを充実させるための年代別の準備、心構えについて説明していきます。

セカンドキャリアの意味とは?

「セカンドキャリア」という言葉は、もともとは引退を迎えたプロスポーツ選手のキャリアチェンジを指す言葉でした。また、定年退職後や女性の出産育児後の「第二の人生における職業」を意味する言葉としても使われていました。しかし、転職や起業することが当たり前になってきている昨今では、「セカンドキャリアの定義」が変わってきているのです。

セカンドキャリア=大きなキャリアチェンジ

年齢に関係なく誰にでも、職種や業種、意識の持ち方などが大きく変わるようなキャリアチェンジが訪れる可能性はあります。30代~50代で起こるそうしたキャリアチェンジも「第二の人生における職業」として、「セカンドキャリア」と定義されるようになりました。

終身雇用制度を導入している企業が減ってきている状況を考えても、一つの会社で新卒入社から定年まで働き続ける、ということも少なくなってきています。IT技術の発達や働き方の変化から、今ある仕事も次第に内容が変わり、取り組み方や意識を変えていく必要が出てくるかもしれません。

そういった意味でも、セカンドキャリアについて常に意識し、準備をしていくことが、これからのビジネスパーソンには必要になってきています。

セカンドキャリアに対する考え方は、年代によっても変わっていきますので、それぞれの年代ごとにセカンドキャリアを考えるうえでのポイントをご紹介します。

30代からのセカンドキャリアは 「キャリアの棚卸し」から

仕事を覚えることに精一杯で、漠然としたライフキャリアのイメージを持っているだけだった20代に比べて、30代はこの先の人生や仕事について意識する場面が増えてくるものです。 今までのキャリアを振り返り、大きくキャリアチェンジをしたいと考えたときに、30代はどのような準備をすれば良いのでしょうか。

30代からのセカンドキャリア その心構えは?

中途採用の募集も多く、新しい仕事にチャレンジしやすい30代。

経験したことのない新しい仕事は、魅力的に感じられるかもしれませんが、まずは今まで築いてきたキャリアを振り返り、その経験を強みにすることが必要です。そのためにもまずは、これまでのキャリアの棚卸しを行いましょう。

棚卸しを行ったうえで、「この先どのように生きていきたいのか」といった人生についても、仕事と共に考え、キャリアビジョンを明確にしていきます。

新しいキャリアに必要な資格をチェック

新しいキャリアを歩むためには、資格取得が必要になることもあります。資格取得にかかる期間や費用、スクールに通う必要性などによって、準備する期間や内容も変わってくるので、しっかりと計画を立ててから準備を進めましょう。

40代のセカンドキャリアは「今の自分を知ること」

キャリアや経験も豊富になり、マネジメントを任されるようになる40代は、シニアクラスと言われ、ファーストキャリアの行きつく先が漠然と見えてくる頃。

このままキャリアを積み上げていく人もいれば、もっと違う生き方、自分が役に立つ場所が他にもあるのではないかとキャリアチェンジを考える人も増えてきます。セカンドキャリアを考えたときには、どのような心構えが必要でしょうか。

40代からのセカンドキャリアは、自分を知ることがポイント

今まで積み重ねてきたスキルを活かして新しいことに挑戦する、または全く違う業界でキャリアを一から築こうと考えている人もいるかもしれません。

「自身のキャリアは自ら設計する」という意識を持ち、今の自分にできることは何か、どんなスキルや能力を持っているのかを客観的に見つめ直すことから始めましょう。その上で今後のキャリアをどのように築いていきたいのか、やりたいことについて考えてみましょう。まずは、自分自身を振り返り、キャリアの棚卸しをしてみましょう。

年収への意識も重要に

家庭を持ち子どもがいる場合は、子どもの教育費にお金がかかってくる頃に、セカンドキャリアを考えることもあるでしょう。家族を養っていくためには、年収についても十分に意識を持つことが重要になってきます。転職をするのであれば、確実に年収アップを狙いたいところ。ただ新しいことに挑戦したり、まったく違う業界へキャリアチェンジする場合は、現職よりも年収が下がってしまうことも考えられます。可能であれば転職先に昇給モデルを事前に確認しておくと安心です。今後のライフプランにかかってくるお金についても考慮した上で、次の一歩を踏み出すことを考える必要がありそうです。

50代でのセカンドキャリアは「これまでのスキルを洗い出す」

このまま定年まで同じ会社で働くことの多い50代。しかし人生100年時代の到来とともに、定年まで同じ会社で働くという考え方も変わりつつあります。さらなるキャリアアップを目指して転職をするか、今の会社でキャリアを積み上げ、安定した老後への準備を行う、もしくは起業に向けての準備を始めるといった、ビジネスキャリアにおけるターニングポイントでもある時期です。50代のセカンドキャリアを考えることは、これからの人生を見据えた新たなステージへの挑戦の準備と言えます。

50代からはゼネラル志向、統合志向がうまくいく

50代は長年の実績を積んできているので、今までの経験をもとにセカンドキャリアを考えがちですが、過去の栄光ばかりを見ていてはセカンドキャリアの成功はありません。情報やスキルは常に更新していなければ、古くなっていきます。

重要なことは、どんな環境にも適応できる順応性やコミュニケーション能力、課題解決力など、これまでのビジネスの中で身につけてきた総合力。定年を迎えた後も自分の望む条件で仕事が続けられるように、全体を俯瞰した視点を意識しながら、ビジネスにおけるコンセプチュアルスキルを今一度洗い出してみましょう。

セカンドキャリア転職、必要な準備と見つけ方

セカンドキャリア転職を考えたときに、新しい挑戦が始まると前向きな気持ちになるばかりでなく、時には不安になることもあります。また自分に合った求人を探す方法についても知りたいところ。セカンドキャリアでの転職を成功させるためには、どのような意識を持って取り組み、準備には何が必要なのでしょうか。

キャリアプランをきちんと考える

まずは自分自身のキャリアにおけるゴールのイメージを明確にしましょう。イメージのないまま進んでしまうと、途中でどこへ向かえばいいのかわからなくなってしまうこともあります。何歳まで働くのか、どのような領域で、どのような仕事をするのかなど、きちんとキャリアプランを立てておく必要があります。

必要な資格を確認。早めに取得しておく

新たな仕事を始めるために資格取得が求められる場合は、該当する資格について調べておきましょう。資格がなくてはできない仕事かどうか、資格がなくても始められるが資格取得までにどのくらいの時間を要するのか、さらにスクールに通う必要があるのかなど。

スムーズにセカンドキャリアに進むために、必要な資格は早めに勉強を始め、取得しておくというのも一つの方法です。

セカンドキャリア支援セミナーなどに参加

ハローワークや民間企業で、セカンドキャリアを支援するセミナーや講座を開催している場合もあります。そうしたセミナーなどに参加し、情報や知識を得て必要な準備を始めるのも良いでしょう。セミナーに参加することで、同じ夢や目標を持つ仲間を見つけられるかもしれません。

また仲間ができれば、異業種、他業界の人との新しい人脈ができるほか、情報交換や互いの不安や悩みについて相談することができ、明るい未来のキャリア形成につながっていくことでしょう。

転職エージェントで、セカンドキャリア相談をしてみる

セカンドキャリアに対する不安や悩み、転職活動について、どこから始めたらよいのかわからないという場合は、転職に関する相談やサポートに応じてくれる転職エージェントに登録し、セカンドキャリアの相談を行ってみてはいかがでしょうか?

客観的に現在のキャリアについて確認し、今後のビジョンにあわせた様々な相談ができると同時に、アドバイスや提案などももらえるので、セカンドキャリアのビジョンが描きやすくなります。

第二の人生も、充実した毎日を送るために

今や人生100年時代。第二の人生も充実した毎日を送りたいと願っている人は多い一方で、今や定年も60歳から65歳へ、企業によっては定年のない会社も出てきています。セカンドキャリアは定年後に考える、というものではなくなってきています。常に環境は変化していることを意識しながら、年代に関係なく、自分は第二の人生をどう送りたいのかを考え、それに合わせた準備を進めていきましょう。