スマートフォン版はこちら

30代はなぜハイクラス層を目指しやすいのか?転職でキャリアアップを実現するポイントとは

img01.jpg

30代は仕事ぶりや実績が評価されはじめ、キャリアの充実感もより高まってくる年代です。だからこそ、「このまま社内にとどまっていいのだろうか」「経験を生かせば、今よりも高い報酬・評価を得られる環境へ転職できるのではないか」と考える方も多いかもしれません。
実は30代というのは、転職でキャリアアップを実現しやすく、今よりもハイクラスのキャリアを手にしやすい年代でもあるのです。そこで今回は、「30代が転職でキャリアアップしやすい理由」や「30代のハイクラス転職を成功させるポイント」について分かりやすく解説します。

30代が“キャリアアップ転職”に最適な理由とは?

なぜ30代は、ハイクラス転職でキャリアアップを実現しやすいのでしょうか。大きく3つの理由を紹介します。

(1)アピールできる経験が豊富で、選択肢も広げやすいから

30代は入社間もない20代と比べて、業務でさまざまな経験と実績を積んでいます。細かい指示がなくても一人で業務を完結させることができ、なかには部下の育成や管理を任されている人もいるでしょう。また人脈や専門スキルも業務で十分に培っており、40代や50代の人材と比べて変化への柔軟性も高いとみなされます。そのため、他の年代よりも挑戦できる求人の選択肢が広く、より高い年収・役職の職場を選びやすくなるのです。

(2)企業側の採用ニーズを満たしやすいから

ハイクラス転職では、高い専門性が求められる「専門職」か、マネジメント能力が求められる「管理職」の求人が多くなります。30代は専門スキルもマネジメント経験も持ち合わせる人材が多く、企業の採用ニーズとマッチしやすいのです。また少子高齢化で人手不足が進む現在は、「即戦力なら十分な待遇で迎えたい」という企業も少なくありません。そのため、経験を生かせる職場なら、重要なポストで採用される可能性も高まります。

(3)30代を必要とする企業が増えているから

近年、30代は組織の成長に拍車をかける中核人材として、幅広い企業から引き合いがある状況です。例えば、新興ベンチャーは市場でのシェア拡大を図るため、即戦力人材を求めています。その点、30代は業務スキルがあることに加えて若い社風にもなじみやすく、採用につながるケースも珍しくありません。また、外資系企業が日本の「顧客ボリュームの大きさ」や「インフラの充実度」を期待して、進出してくる例も増えています。外資系企業は日本での人材確保に苦労することも多いため、即戦力の30代は好待遇で迎え入れられやすいでしょう。

30代のハイクラス転職が成功しやすい職種・業界は?

30代が転職でハイクラスを目指す際、どのような企業へ応募すればより年収・役職アップにつながりやすいのでしょうか。ここでは、30代がハイクラス転職で狙うべき代表的な5つの職種・業界を紹介します。

(1)管理職・経営幹部

経営幹部や管理職のように経営に近いポジションは、責任が大きくなるため報酬も高く設定されることがほとんどです。例えば、ハイクラス転職では事業部長や拠点長、開発責任者、担当課長などのポストが数多く募集されています。こうした求人に応募するためには、現職で組織や事業運営の実績を積んでおくことも大切です。

(2)コンサルタント

ハイクラス転職で30代の引き合いが多い職種に、コンサルタントがあります。コンサルティング会社では顧客の業界ごとに必要な専門知識が変わるため、異業種の人材を迎え入れることも珍しくありません。そのため、30代が持つ特定業界の専門性は重宝されやすく、職種自体が未経験であっても入社のチャンスはあります。コンサルタントは一般的に成果主義で報酬が決まるため、実績次第で高収入も狙えるでしょう。

(3)エンジニア

DXの機運が高まる今では、エンジニアを必要とする企業も増えています。例えば、人工知能のプログラミングを行う「AIエンジニア」や、情報セキュリティ分野の開発を担う「セキュリティエンジニア」などの需要は非常に高いです。ハイクラス転職でもITスキルを持つ30代は市場価値が高く、年収も伸ばしやすいでしょう。またSEから上流工程のプロジェクトマネージャーへキャリアアップすることで、さらに上の待遇も目指せます。

(4)金融系(専門職・セールス)

金融業界では高額かつ複雑な商材を扱うため、高い報酬額を設定している企業も少なくありません。例えば、ファイナンシャルプランナーや証券アナリストなどの職種は専門性が高く、即戦力である30代が求められています。また、保険会社・証券会社のセールスは異業種からの受け入れも盛んで、成果次第で高収入を狙える職種です。特に何らかの営業経験を持つ人であれば、金融業界へのキャリアアップ転職も目指しやすいでしょう。

(5)マーケティング・企画

マーケティング分野ではデジタル化が進み、データ分析・運用に長けた30代の即戦力が必要とされています。例えば、データアナリストやWebマーケターは幅広い業界で必要とされ、好待遇で採用されることもあります。また、経営企画や事業企画などの企画職は、経営陣の意思決定を支える重要な役職です。そのため、ハイクラス転職では企画職へのキャリアアップを狙うという選択肢もあります。企画職への転職を目指す際には、「管理部門でMAツールを使った経験」や「営業として大規模プロジェクトに携わった経験」など、関連した経験をアピールできると評価も得やすいでしょう。

30代のハイクラス転職に必要なスキル・資質とは?

30代のハイクラス転職では、企業からどのような能力を求められるのでしょうか。ここでは、一般的に必要とされる3つのスキル・資質を紹介します。/p>

(1)マネジメントスキル

30代のハイクラス転職では、企業から次世代の経営層候補として迎え入れられることもあります。そのため、できるだけマネジメントの実績を持っておくことが望ましいでしょう。マネジメント経験を問われた際は、「何人の部下を育成・管理してきたか」「組織でどのような成果を上げたか」もアピールできると説得力が増します。

(2)専門スキル

30代は基本的に即戦力採用のため、業務で生かせるような専門スキルがあるかどうかも大きな判断材料です。専門スキルは職種に限定したノウハウだけでなく、業界知識や保有資格も含まれます。そのため、求人情報から「企業が求めていると思われる人物像(人材像)」を正しく読み取り、それに該当する能力をアピールすることが大切です。

(3)順応力

30代のハイクラス転職でありがちなのが、自分の経歴やスキルに自信を持つあまり、プライドの高さが目立ってしまうケースです。ハイクラス転職に限らず、入社後は前職までのやり方から離れ、新たな風土やルールになじむ努力が求められます。そのため、選考でも新しい組織へ順応しようとする意欲・姿勢を示すことが高評価につながるでしょう。

30代のハイクラス転職を成功させるポイントとは?

30代のハイクラス転職を成功させるためには、どのような点を意識すればいいのでしょうか。ここでは、大きく5つのポイントについて解説します。

(1)キャリアに一貫性を持たせる

30代になると経歴も豊かになるため、面接で自身について語る際には「キャリアの一貫性」を意識することが大切です。例えば、「自分の目指すキャリアは○○である」「実現に向け、今までの業務では○○を学んできた」「キャリアのゴールに近づくため、今回の転職は必然である」といったストーリーを考えておきましょう。経験に一貫性を持たせることで、思いつきで転職しているわけではないことが伝わり、企業からも好印象につながります。

(2)採用の背景を深く理解する

ポテンシャルが重視される20代と比べて、30代は即戦力として採用されます。そのため、ハイクラス求人では募集背景の項目で「その人材に期待する役割」が明確に定められていることが一般的です。面接へ臨む際は、募集背景から自分に求められている貢献の方向性を理解することで、志望動機にも説得力が増すでしょう。

(3)入念にスケジュールを決めて転職する

30代は40代・50代につながる重要なキャリア形成期なので、将来の働き方も見据えて入念に転職先を選ぶ必要があります。また、現職で責任のある仕事を任されており、なかなか転職活動に時間を割けない方も多いかもしれません。30代は転職に時間がかかることを自覚し、スケジュールを決めて計画的に活動することが大切です。

(4)第三者からアドバイスをもらう

ハイクラス転職では、企業から求められるスキルを的確にアピールする必要があります。そのため、キャリアの棚卸しを行い、自分の強みを明確にしておくことが欠かせません。その際、転職エージェントをはじめ第三者から助言をもらうことで、客観的に自分の武器・課題を見つけられます。特に転職エージェントでは転職コンサルタントに自己分析やキャリア設計なども手厚く支援してもらえるため、自信を持って選考に臨みやすくなるでしょう。

(5)非公開求人を活用する

ハイクラス求人は企業の経営戦略と深く関わっているため、競合に知られないよう「非公開」として扱われているものが大半です。非公開求人は転職エージェントに登録することで、閲覧が可能になります。そのため、自分により適した転職先を見つけるためには、転職エージェントを有効に活用することがカギだといえるでしょう。

まとめ

30代の転職は今後の職業人生に大きく影響を与えるため、「自分のキャリアはこれで正しいのだろうか」と悩むこともあるかもしれません。その際は第三者に相談に乗ってもらい、客観的にアドバイスをもらうことで自信を持てるようになるでしょう。パソナキャリアは、これまでも30代のハイクラス転職を数多くご支援してきました。強みの分析から面接練習、選考の設定まで手厚くご支援しますので、転職をご検討の際にはお気軽にご相談ください。