スマートフォン版はこちら

仕事がつまらない、面白くないと思った場合の対処法

1日の大半の時間を占めている仕事。その仕事が「つまらない」「面白くない」と感じてしまっては、毎日が楽しくなくなってしまうでしょう。
しかし、仕事がつまらないと感じる原因を探り、対処することで状況は改善されるかもしれません。
理想のキャリアを描き、日々の生活をハリのあるものとするために「仕事がつまらない」「面白くない」と感じてしまう、おもな原因と対処法を紹介していきます。

 

仕事がつまらない、面白くないと思ってしまう原因

仕事が「つまらない」「面白くない」と感じる原因はどこにあるのでしょうか。原因を具体的に見ていきましょう。

1 仕事が合っていない

「人付き合いが苦手なのに、営業職や接客業で働いている」「細かい計算が嫌いなのに経理職に就いている」「クリエイティブな発想を活かしたいのに、今の仕事では単純作業しかできない」というような、自分の苦手分野を仕事にしている場合は、仕事がつまらないと感じることが多いでしょう。
自分の適性に合っていない仕事では作業効率も上がらず、取り組むこと自体が苦痛にもなりかねません。
このような事態を防ぐためにも、あらかじめ自分の得意・不得意を分析して、適性の仕事に就くようにすることが大切です。
 

2 正当な評価を得られていない

仕事をしていると、理不尽なことにも向き合わなければならないことも多いですが、正当な評価を得られていないことは、非常に大きなストレスがかかります。
どれだけ成果を残しても、全く評価されなかったり、過小評価されたりしてしまっては、モチベーションも下がる一方です。
また、同じ業務でも上司によって評価にばらつきがある場合にも、仕事がおもしろくないと感じる原因になります。
 

3 結果が出せない

努力しても結果が出せないという状況は、プレッシャーになります。
自身のスキル不足によるケースも考えられますが、場合によっては会社から課せられるノルマが高すぎて達成できないということもあるでしょう。
 毎月のように結果が出せずにいると、いつの間にかそれが当たり前となり「結果を出そう」というやる気を維持するのも難しくなってしまいます。
仕事は成功体験を積み重ねることで自信につながっていくので、なかなか結果が出せないと、仕事自体が嫌になってしまうかもしれません。
 

4 仕事が簡単すぎる

難しすぎる仕事は「ストレス」になりますが、あまりに簡単すぎる仕事も「物足りなさ」を感じて面白さを見出せなくなってしまいます。
仕事が簡単だと感じる要因として、自分のスキルや適性に見合った仕事に就けていないのかもしれませんし、何回も同じ作業を繰り返すことで、今の仕事に慣れてしまったのかもしれません。
また、業務効率を改善しても、周りの社員や会社がその方法を認めてくれないケースもあります。
向上心が高くやりがいを求めるタイプの人にとっては、この状況は大きなストレスや不満を抱きやすいでしょう。
 

5 ほかにやりたい仕事がある

就職活動がうまくいかず、やりたい仕事に就けずに、今の仕事に就いた場合はやりがいを感じにくいかもしれません。
「本当はあの仕事をやりたいのに」という思いが払拭できないでいると、目の前の仕事に集中できなくなってしまうでしょう。
また、他の職種や働き方に興味を持った場合も、今の仕事に対してモチベーションが上がらなくなってしまう要因となりえます。
自分の気持ちを抑えつけていると、ストレスがかかり仕事に対しての不満を感じやすいです。
 
 

仕事がつまらない、面白くないと思った場合の対処法

仕事が「つまらない」「面白くない」と思う原因が、自分自身にある場合や、働いている環境にある場合もあります。
少しでもモチベーションを上げて、前向きに仕事に取り組むための対処法をご紹介します。
 

1 工夫しながら仕事に取り組む

仕事の進め方がパターン化し、単純作業になってしまっている場合は、取組み方を工夫することで新鮮な気持ちになれる可能性もあります。
効率的かつ楽しく仕事を進められるよう、今までとは異なるアプローチで仕事に向き合うことで刺激が生まれるでしょう。
試行錯誤しながら実践することで、マンネリから脱出することができます。また、業務を効率化させることで、上司から評価を得られるかもしれません。
 

2 競争相手を作る

同期や先輩をポジティブに意識することで、前向きに仕事に取り組めるようになります。
競争相手は心の中で設定してもいいですし、本人に話して勝負するのもいいでしょう。
自分より少し先を行く人をライバルに設定することで、必死に仕事に取り組むモチベーションが生まれます。
また、相手の仕事の進め方を分析することで、自分の業務への取組み方を改善できるかもしれません。
社内で競争できる環境を作ることができれば、自分自身だけでなくチームや会社全体が成長することにもつながります。
 

3 自分の強み、スキルを伸ばす

自分の強み、スキルを伸ばすことで、企業とって「替えのきかない存在」になることができます。
苦手なスキルを克服するにはストレスがかかりますが、得意なスキルを伸ばすのは、成長を実感できて楽しめるでしょう。
社外の勉強会やセミナーに参加したり、書籍などで勉強したりすることで、新たな知見も得られます。
自分にしかできない仕事を作ることで、大きな自信にもつながっていきます。
 

4 自分へのご褒美を作る

仕事がつまらないと感じながら、仕事ばかりしていてはストレスが溜まる一方です。
「月に1回は旅行をする」「毎週土曜日は新しいカフェを開拓する」「大きなプロジェクトをやり遂げたら贅沢をする」といったように、自分へのご褒美を作ることでストレスが発散でき、新たな気持ちで仕事に向き合うことができるでしょう。
 

5 転職で環境を変える

「今の仕事や企業では、どうしてもモチベーションを上げることができない」という場合は、転職をして環境を変えてみるのも一つの手段です。
本当にやりたい仕事を目指すのもいいですし、働いてみてわかった自分の適性を活かせる仕事を探すのもいいでしょう。
新しい環境で自分らしく輝けるよう、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。
 
 

仕事を楽しくするために工夫しよう

仕事がつまらないと思うだけでは何も変わりません。日々の業務の取組み方を変えてみたり、ライバルと切磋琢磨したり、ストレスを発散してリフレッシュしたりすることで、仕事のモチベーションは上がっていきます。
また、転職して環境を変えることで、新鮮な気持ちで仕事に向き合うこともできるでしょう。

転職エージェントのパソナキャリアは、25万人の転職支援を行った実績を基に無料であなたの転職をサポートします。
一人ひとりに合ったきめ細やかなカウンセリングで、これからのキャリアを具体的に描いていきます。取引実績企業は16,000社を超え、ほかにはない求人を紹介することも可能です。

転職後年収アップ率は61.7%と、転職に成功した人たちはたくさんいます。
転職を検討される場合は、まずはお気軽にパソナキャリアまでご相談ください。