スマートフォン版はこちら

成功する転職方法 年代別 フェーズ別進め方と注意点

img01.jpg

転職を考えているけれど、なにから始めればいいかわからない方も多いと思います。また年齢がネックになって、転職に踏み切れない方もいるのではないでしょうか。今回は年齢別のおすすめ転職方法や、自分に合った会社の見分け方まで、転職方法について詳しく解説します。

転職活動にはどんな方法がある?

そもそも転職するにはどのような方法があるのでしょうか。転職するルートにはたくさんのバリエーションがあります。自分に合った方法を探してみましょう。

転職サイト

転職サイトは様々な企業の求人が掲載されており、自分で希望条件を入力して検索し、出てきた企業に応募するシステムです。企業情報もわかりやすくまとめられており、隙間時間でも転職活動ができます。ただ注意点として、企業研究や履歴書の作成、求人への応募から日程調整などの採用担当者とのやり取りまでを自ら行う必要があります。

転職エージェント

転職の事情や業界に詳しいコンサルタントが、無料で職務経歴書などの応募書類の添削や面接対策、面接日程の調整などを行います。企業HPや転職サイトには出てこない非公開求人なども取り扱っています。利用したら必ず転職しなくてはいけないわけではないので、転職するかどうか迷ったら、まず相談してみることがお勧めです。

登録スカウト型・ヘッドハント

スカウトサービスに自分の経歴やスキルを登録し、条件の合った企業側からのオファーを待つシステムです。基本的に最初に登録するだけで、あとは待っているスタイルとなります。
ただしサービスによってはスカウトとは名ばかりの自動送信されるシステムメールが送られてくることも多いため、ちゃんと自分に合った求人であるかは都度確認する必要があります。

企業の採用担当から連絡が来れば、書類選考を免除できる可能性があります。その一方で、機械的・場当たり的なメールが来る確率も高いので注意が必要です。

ハローワーク

ハローワークは全国各地にあり、その地域の求人を幅広く取り扱う公的機関です。求人の検索だけでなく、相談窓口もあるので、書類や面接のアドバイスを受けることもできます。また失業中の人であれば、「職業訓練校」の講座を受講すれば知識や技能も身に付き、資格を得ることもできます。

知り合いの紹介・SNS

親戚や友人、かつての同僚など、興味のある企業で働いている知り合いに協力してもらい、転職する方法です。知り合いが働いている分、安心もあり、内情も前もって知ることができます。一方で、断りにくい、客観的に判断しづらいなどのデメリットもあります。

また近年ではSNSで採用活動を積極的に行っている企業も増えてきました。気になる企業がSNS上で活動しているか、一度確認をしてみてもいいかもしれません。

20代におすすめの転職方法は?

20代の転職では、転職サイトとエージェントを併用して転職を進めていくと良いでしょう。20代の転職では、就職活動の時と同じ考えで選考に挑んでしまい、失敗するケースが多くみられます。

まずは、転職サイトでいろいろな求人を見ながら、事業規模や社員数、自分の経験・スキルにあう企業はないか、調査をしてみましょう。方向性が一定決まったら、転職エージェントに相談してみましょう。

就職と転職では、書類作成や面接対策が大きく異なります。転職エージェントを利用すれば、書類作成や面接対策など、転職活動で重要なことを一緒に進めてくれるので、成功率が上がります。

30代におすすめの転職方法は?

30代はこれまで培ってきた経験やスキルを活かしてキャリアアップを実現できる年代。受けたい企業とポジションが具体的ならば、直接応募してもいいでしょう。まだ具体的に決まっていない場合は、20代同様、転職エージェントに相談してみましょう。忙しい時期でも、転職をスムーズに進めることができます。

その際、同時にスカウト型のサービスへの登録もしておきたいところです。スカウトメールには機械的な営業メールもありますが、担当者から来たものは書類や1次選考の免除などを受けられる可能性が高く、使わない手はありません。

40代におすすめの転職方法は?

40代では「年収アップ」、「やりがい(仕事内容)」についてのご相談が多くよせられます。この年代は管理職として、日々の業務が忙しく、転職活動の準備ができない方が多い現状に加えて、40代で「年収」や「やりがい」を満たす求人は、常時あるわけではなく、タイミングも重要になります。

転職エージェントに相談することで、求人探しや書類作成、面接日程の調整など、転職活動にかかる負担を減らそうとされる方は少なくありません。

一方で、40代ともなれば、同世代の友人・知人も企業で一定のポジションにいる頃合い。「やりがい」といった視点では、紹介経由で仕事を引き受けるところから、新しい道ができるかもしれません。

企業研究の方法と注目ポイント

ここまでは年代別におすすめの転職方法について、お伝えしてきました。どの年代にも言えますが、転職で不安なのは、良い企業に巡りあえるか。入ってみたらイメージと違ったということは避けたいですよね。

そのためにやるべきなのが「企業研究」です。まずは、自分がどのような企業に転職したいのか、残業時間、給与、事業規模、業務内容、福利厚生など、希望する条件をしっかりと言葉に出来るようにしましょう。

以下では、パターン別に「こういった企業に転職するにはどこをみればいいのか?」をお伝えします。まずは優良企業・ホワイト企業の見極め方からご紹介します。

優良企業やホワイト企業、どう判断する?

ここでは、ホワイト企業や大企業といった誰もが一度は考える「あの企業に行きたい」場合、どうすればいいのか、お伝えします。

最初にお伝えしたいのが、ホワイト企業に明確な定義は存在しないこと。一般的には、離職率が低い、福利厚生が充実している、残業が少ないなど、様々な指標があります。ですが、重要なのは、自分にとって、何が重要なのかです。

自分にとってのホワイト企業、といった定義を持った上で転職活動を進めることが大事です。
定義に合う企業かどうかは、採用ページと面接の場で確認できます。例えば、採用ページでは残業時間が少なめに記載されていたが、それは一番残業の少ない部署で、他の部署は残業が多かったなんてこともあります。

今は企業の評判・口コミサービスもありますが、Webに記載されている情報を鵜吞みにせず、実際に働いている社員や転職エージェントに聞いてみることも重要です。

大企業、大手企業に転職したい

今働いている会社よりも、企業規模が大きかったり、業界トップクラスの実績を誇る企業などで仕事がしたい。そう思い転職される方もいます。一見難しそうに思われますが、同業界・同職種での転職であれば、条件によっては大企業への転職が可能性があります

大手と中小企業、企業規模は異なるものの同じ領域であれば、仕事内容に大きな差はありません。今の職場で一定の成績を出しているならば、その経験をもとに大手へ転職することはできるでしょう。

まずは気になる企業の事業内容や求人情報を見て、どんなスキル・経験が必要か、確認するところから始めてはいかがでしょうか。

高収入、年収アップを目指したい

給与が上がるかどうかは、「どの業界の」「どの企業の」「どの役職・職種で」が重要です。
業界として売上が高くても利益率が低ければ、全体として社員に払われる給与も減ります。ここは業界により傾向がはっきりしています。

加えて、その業界の中で、企業がどの位置に属しているかでも給与は変わります。業界トップと平均的な企業では、やはり給与の平均値が変わってきますので調べておく必要があります。

さらに同じ企業の営業でも法人か個人か、どちらを相手にするかでも給与が変わります。まずはご自身の気になる企業を会社四季報や企業HPで確認してみましょう。

給与の交渉はしてもいい?

給与交渉はタイミングが重要です。面接が進んで、条件交渉に入った段階で行うのがベストです。ただし、待遇面にこだわりすぎて、一方的に自分の言い分だけを伝えることがないように注意しましょう。また基本的に、内定後に給与交渉はできないので気を付けてください。

Uターン、地方、上京…引っ越しを伴う転職の場合は?

地元で働きたい、やりたい仕事が地方にある、など転職に引っ越しが伴うこともあります。Uターン転職などの場合は、雇用期間もきちんと確認しておきましょう。

また実家から通う予定の場合を除いて、住宅の福利厚生がどのようになっているかも、必ず確認しましょう。住宅手当などの補助に見合う住居を探すことが大切です。企業によっては社宅が利用できることもあります。

また転職と引っ越しが同時になる際は、スケジュールの管理が大事になります。半年前くらいから現職、転職先、引っ越し業者などにそれぞれ連絡が取れるよう、余裕を持って準備を進めておきましょう。また家族がいる場合は、早め早めに相談し、理解を得ることが大切です。

女性が活躍している職場とは

職場における男女格差は依然残っている昨今。女性が本当に活躍している、働きやすい職場はどうやって見分けたらよいでしょうか。

従業員の女性の割合

業種によって男女比率は変わりますが、雇用者全体で女性が占める割合は約4割。一般的に、これより女性が多く就業している企業は、女性が働きやすいと言えるでしょう。さらに女性管理職が多い企業は、女性でも昇級、昇進がしやすい可能性も高いです。管理職が女性であれば、男性の上司にはちょっと言いづらい体調不良なども、相談しやすいこともあります。

産休、育休制度の運用状況

女性には、妊娠・出産、そして育児という、ライフステージの転換期があります。このときにきちんとサポートしてくれる制度があるかどうかは、大事なポイントです。気を付けたいのは、制度はあっても実際に運用されていない企業があること。転職前にその制度が利用された実績があるか、また復職後にも仕事が用意されているかなど、きちんと確認しておくことをおすすめします。

勤続年数の男女差

女性は出産や育児などを機に退職してしまうこともあるため、男性よりも勤続年数が短い傾向にあります。そのため勤続年数の差が小さいほど、女性が長く働き続けられる環境がある企業と予測することができます。勤続年数や平均年齢は企業のホームページや、転職サイトなどで公開されていることがありますので、チェックしてみましょう。

目指す企業が決まったら

転職する方法は10人いれば10通りあります。どれが正解というわけでもありません。ただ、少しでもご自身の納得のいく転職をするために、ぜひ弊社のエージェントサービスをご検討ください。

求人選定に始まり、書類選考に面接対策、給与交渉など、転職をスムーズに進められるようご支援させていただきます。まずはご相談からでも受け付けております。ぜひお問い合わせください。