スマートフォン版はこちら

経理職の給料・年収は?女性も男性もキャリアアップできる?転職のプロが解説します

Fotolia_126379360_S.jpg

現在、経理職として仕事をしている方の中には、「私の給料・年収って、周りと比べて多いのだろうか?少ないのだろうか?」「キャリアアップしたいけど、今の環境のままでいいのだろうか?」と漠然と不安を抱いている方もいるのではないでしょうか。自身の今後のキャリアを考えた時に、転職も視野に入れるべきなのか?そう悩むあなたに役立つ情報を、パソナキャリアで経理職など管理部門の転職支援を専門に担当しているキャリアアドバイザー平木から解説いたします。

経理職の給料・年収って多い?少ない?

管理部門の中でも専門性が高いと言われる経理職ですが、平均年収はどの程度でしょうか。
一般的に経理の場合、年齢と担当業務範囲、マネジメントを担うポジションかどうかによって、年収が変わってきます。
20代中盤、いわゆる日常業務や決算補助業務を行うスタッフクラスの場合には、年収300~450万円程度
30代から40代、リーダー・課長クラスで決算の取りまとめまで行うレベルでは、年収500~700万円程度。
同年代で、上場企業での開示業務や連結決算など、より専門性の高い領域を担当する場合には、600~900万円程度。
経理部長やCFOクラスとなると、1000万円を超える年収となる場合もあります。

経理はスキル重視のポジションであり、「決算の取りまとめができるかどうか」という点が、まず第一段階として年収と直結するスキルになります。これに加えて、開示経験連結経験、また財務や管理会計といった会計周りの経験語学力、また管理職としての経験が付け加えられると、更に年収が上がっていくイメージです。

他の管理系職種との給与比較

他の管理系職種と比較すると、経理職の年収は高いのでしょうか。

パソナキャリアにご登録いただいている転職希望者の方のデータベースによると、ご登録者の中で経理を主として担当されていた方の平均年齢は39歳、年収は600万円となっています。
総務は、平均年齢 38歳/平均年収 564万円、人事は平均年齢 38歳/平均年収 580万円、法務は平均年齢 40歳/平均年収 701万円となりますので、経理は管理部門の中では、年収水準はやや高めと言えるかと思います。
経理、法務などは、管理系職種(事務系職種)の中でも特に専門性が高く、スペシャリストとしてキャリア形成することが想定されるため、年収も高くなる傾向にあります。

また、経理経験をベースにキャリアアップが想定できるポジションとして、財務や経営企画などがありますが、財務は、平均年齢 43歳/平均年収 842万円、経営企画は平均年齢 44歳/平均年収 933万円と、さらに年収水準が上がっていきます。
経理経験を活かし、将来的に経営層と直接やり取りできるようになる立場にまでなると、管理部門の中では最も高いレベルの給与水準が見込める可能性があります。

経理職の男女比率。男性も女性もキャリアアップできる?

「経理は女性も多く活躍できる職種だ」とお考えの方も多いかと思いますが、実際に経理職における女性の割合はどの程度なのでしょうか。
パソナキャリアにご登録頂いている方の平均で言うと、経理経験者の男女比は、女性45%、男性55%と、やや男性の方が多いものの、大きな差異はありませんでした。

経理は専門性が高く、スキルを重視される仕事であるため、他職種と比べ、女性も活躍しやすい職種と言えます。
結婚や出産などで一時的に仕事から離れてしまっても、経理として主担当レベルの実務経験があれば比較的復職がしやすく、また年齢が高いことが懸念とならない仕事であるため、スキルさえあれば、年齢を重ねても転職や同じ会社で長く勤めてキャリアアップすることができる仕事です。
決算時期はやや忙しいイメージの経理職ですが、一方で、月間、年間で業務の進め方がある程度決まっているため、自分でスケジュールのコントロールがしやすいという点も、女性が多く働いている理由の一つであるようです。

最近では女性活躍推進法の影響により、経理職についても、女性の管理職候補を求める企業が急激に増えています。
転職のご相談をお伺いする中でも、近年は特に、経理職においてもマネジメント業務を希望する女性が増えている実感がありますが、企業側からも、女性管理職を採用したいというニーズはかなり高まっていますので、キャリア志向の女性の方も活躍できるフィールドが広がっていると言えるでしょう。

外資系の経理の方が年収は上がる?外資系への転職の難易度は?

日系、外資系とで比較すると、経理の年収水準にはかなり開きがあります。
30代から40代、主担当レベルの方の平均年収で比較すると、日系企業で年収400~700万円程度、外資系ですと年収500~900万円程度と、同じレベルの業務を行っていても、100~200万円程度年収に開きが出る場合もあります。
それなら外資系で働きたい!という方も多いと思いますが、果たして日系の経理経験者の方が、外資系の経理へ行くことはできるのでしょうか。

結論から申し上げますと、20代や30代の方であれば、日系企業から外資系企業へ転職される方も実際多くいらっしゃいます。
求められるスキル・要件として、大前提はまずは経理実務経験と、英語力です。
若手、中堅クラスですと、決算補助程度のスキルでも、英語力があれば外資系企業へ転職できるケースも多くあります。
一方で、外資系企業では管理会計も多く導入されており、マネジメントクラスレベルとなってくると、財務会計に加え、管理会計の経験なども求められることが多いです。

英語力については、TOEICのスコアで判断される場合が多く、外資系企業への転職であれば、最低でもTOEIC 750点程度は取っておきたいところですが、海外に子会社がある日系企業の経験者などで、メールや書類の読み書きなどで日常的に英語を使用している方であれば、TOEICの点数がなくてもビジネスレベルの英語力があると判断され、外資系企業への転職が叶う場合もあります。
経理系の資格としては、USCPA(米国公認会計士)などがあると優遇されますので、外資系企業への転職を希望される方は、取得を目指してみられても良いかもしれません。

経理で年収アップしようと思ったらどうしたらいい?

経理で年収をアップさせる方法は、現在の労働環境によってアドバイスできる内容が変わります。

まずは現職でステップアップできるかどうかを考えてみましょう。
20代、30代の方については、決算の取りまとめや税務申告など、経理の主担当レベルの業務、また、上場企業で働いている場合には、開示業務や連結業務など、より専門性の高い業務に部分的にでも携わっていけるよう、組織内で希望を伝え、自分からキャリアを広げていくことが重要です。
日商簿記や税理士科目、TOEICなど、業務に活かせる資格を取得してアピールするのも一つの手です。
また、30代半ば(35歳前後)以降の方については、マネジメント経験を積むことで、年収は段階的に上がっていきます。マネジメントの前段階として、後輩の教育や組織内の業務改善などを積極的に行い、会社からも評価を得ることで、昇進を目指しましょう。

しかし、「業務が固定化しており、希望を出してもこれ以上仕事の幅が広がる見通しがない」「管理職ポジションが埋まっており、社内でのステップアップが期待できない」などのお話を、転職のご相談の際にお伺いすることも多いです。こうした場合には、自身の望むキャリアを実現するために転職をするというのも選択肢の一つと言えるでしょう。

現在は景気がよく、転職市場も売り手優位・売り手市場と言われていますので、転職先企業からの評価が高かった場合には、現在の年収以上でのオファーが出る場合もあります。また、他の企業に移ることで、担当できる業務範囲が広がったり、マネジメントを経験できたりするなど、経理としてのご自身としての市場価値も高まり、結果として年収アップにつながることも多くあります。

経理で年収アップを希望される方については、今何をすべきか、どんな選択肢があるかという点も含め、これからの方向性を考えるお手伝いが出来ればと思いますので、ぜひお気軽にご相談ください。

経理職で転職を目指している方はこちら

転職サポートへのご登録

経理職の求人・転職特集

経理の職務経歴書の書き方見本&テンプレート

【経理職】会社を支える経理職を目指すための志望動機の書き方のコツ