スマートフォン版はこちら

ハイキャリアの転職│高いスキルや年収アップの裏にある落とし穴

img_career01.png

日々、仕事をしていく中で「市場価値の高い人材になりたい……」「年収を上げたい……」とハイキャリアを目指されてる方も多いのではないでしょうか。ハイキャリアへ転職では、高いスキルが求められ、選考の難易度が高く、オファー年収もさまざまです。

今回は、多くのハイキャリアの転職サポートの実績がある転職のプロから、「ハイキャリアの転職の落とし穴」を踏まえて解説していきます。

ハイキャリアの転職をご検討されている方は、ぜひパソナの無料転職サポートをご利用ください。ハイキャリア専任のキャリアアドバイザーから、キャリア相談や転職サポートをさせていただきます。

ハイキャリアの定義

「ハイキャリア」と聞くとどのようなイメージをもちますか?
「なんか、すごそう……」「年収が高い」「かっこいい!」
ハイキャリアに対するイメージは人によってさまざまであるように、ハイキャリアには明確な定義がありません。

ここでは、一般的にハイキャリアととらえられている人材の特徴をご紹介します。

学歴が高い

ハイキャリア人材は優秀な人が多く、優秀な人は高学歴であることが多いです。学歴が高ければ、必ずしも優秀とは限りませんし、優秀な人がみな高学歴とも限りませんが、一つの指標として学歴は重要でしょう。

高い学歴を手に入れるには、地頭のよさや努力が必要です。地頭がよかったり、努力ができたりする人は、仕事においても高いパフォーマンスをあげることができるでしょう。そのため、高学歴の人はハイキャリアになれる材料を持ち合わせている可能性が高いのです。

また、大企業であれば高学歴の人を採用したり、出世できるポジションに配属したりすることがあります。低学歴の人より、高学歴の人の方が大企業で高い職位につけるといえるかもしれません。

専門性の高いスキルがある

ハイキャリアの人は専門性の高いスキルを持っている人が多いです。なぜならば、専門性の高いスキルがあれば、市場価値が高いと重宝されるからです。重要なポジションや重要な仕事を任せてもらえるため、必然的にハイキャリアになれるでしょう。

例えば、難しい言語でのプログラミングスキルや外国語での財務分析スキルなど、一つの分野に特化したものがあげられるでしょう。スキルの専門性が高く、そのスキルを持っている人材が少なければ、ハイキャリア人材になれるはずです。

優れた実績を残している

ハイキャリアといわれる人は、優れた実績を残しています。中には、人脈や運によって良いキャリアを歩める人もいます。しかし、ハイキャリアになるために仕事で結果を残すことが確実な方法です。

例えば、営業であれば売り上げを上げること、人事であれば優秀な人材を採用すること、企画職であれば売れる製品を考案することなどです。真面目であることや人柄がよいこと、努力できることも重要ですが、優れた実績を残せるだけの実力がなければ評価されません。

ハイキャリアの人は、優れた実績を残して、高い評価を得ている人が多いでしょう。

キャリアが長い

ハイキャリアの人は、キャリアが長い人が多いでしょう。もちろん、早くに高い職位についている若く優秀な人もいます。しかし、経験の豊富さはキャリアの長さに比例する部分もあるでしょう。

特に、大手の企業で年功序列の風習があれば、経験年数が長い人が高い職位につくことがあります。年齢や職位にともなって年収も上がっていくこともあるでしょう。

長いキャリアの中で、専門性の高いスキルを身につけていたり、優れた実績を残していたりする人がハイキャリアの傾向が高いです。

年収が高い

ハイキャリアといえば高年収といえるでしょう。市場価値が高い人や会社に貢献している人は、高い報酬をもらうことができます。高い年収をもらっていることは、それだけ重要な仕事をしている証拠でもあるでしょう。

新たに人材を採用する際も、会社にとって必要な人材だとして採用したいという思いが強ければ、年収を高く提示する傾向にあります。一方で、現年収が低い人はスキルがないとみなされることもあります。スキルがあっても、年収が低く、評価されていないということは人柄に問題があるのではと懸念されることもあるでしょう。

ハイキャリアの人は高い年収をもらうことで、会社から評価されていることを示すことができるでしょう。

ハイキャリア人材になるには

では、ハイキャリア人材になるにはどうしたらよいのでしょうか。これまで述べた、ハイキャリアの人の特徴を踏まえて、ハイキャリアを叶える方法をご紹介します。

専門性の高いスキルを磨く

専門性の高いスキルを磨くことはハイキャリア人材になる一つの方法です。ハイキャリアの人の特徴として、専門性の高いスキルを活かし、自分にしかできない仕事をしている方が多いです。

広く、浅く、知識や経験があることも悪くはないですが、他者との差別化を図り、市場価値を高めるには狭く、深い知識や経験がポイントです。自分の得意分野か、ライバルの少ない分野で、スキルを極めるとよいでしょう。

高い実績を残す

結果が全て。というシビアな世界で高い実績を残すことができれば、間違いなくハイキャリアの道が見えるでしょう。動かぬ実績は、自分の価値を証明できます。

まずは、具体的な目標を決めて、達成のためにひたすら努力をしましょう。高い実績を残しているハイキャリアの人に、ノウハウを聞くことも近道です。高い実績を残すことができれば、評価してもらえるようアピールすることも大切です。

管理職を目指す

管理職=ハイキャリアという認識も一つの考え方です。組織を統率すること、人を動かすことが出来る人は、マネジメントスキルや人望、深い知見、広い視野などさまざまなものを持ち合わせています。

管理職は、年収も上がります。仕事の責任が大きいだけに給与やボーナスもぐんと上がるでしょう。役職名がついていることも、ハイキャリアであることの証でしょう。課長、部長、本部長と職位を上げてハイキャリアを目指しましょう。

経営業務に携わる

一般社員と経営陣とでは、キャリアに大きな違いがあり、経営業務に携わることでハイキャリアを変えることができるでしょう。上司から指示された仕事を行い、給与をもらうのではなく、事業を生み出し、会社を引っ張っていく人材はハイキャリアだといえるでしょう。

目の前の仕事だけではなく、自分が会社や社会に貢献できることは何か、を考えてみましょう。常にアンテナを張って、課題意識を持ち、解決に向けて提案すれば、物事に対する考え方やビジネスマンとしての能力を高めることができます。

転職でハイキャリアを叶える

自分は理想とするハイキャリアの求人に応募して転職することで、ハイキャリアになることができます。ハイキャリアの定義は、人それぞれですが年収を700万円以上と考えて「ハイキャリア求人」と扱っている転職サービスもあります。年収以外にも、求人名や仕事内容でレベルの高いものはハイキャリア求人とされているでしょう。

ハイクラスやエグゼクティブの転職に特化した転職サービスを利用すると、転職活動がスムーズです。転職活動を始める前に、ハイキャリアの人に話を聞いたり、転職情報サービスを利用したりして、自分の転職市場での価値を知ることも重要です。

ハイキャリアの転職を成功させるポイント

ハイキャリアの転職は、非常に難易度が高いです。企業側が求める人材と求職者の叶えたいキャリアが高ければ高いほど、ぴったりとマッチングすることは少ないでしょう。採用する側とされる側とで、相互理解を深めて、ハイキャリアの転職を成功させるポイントをご紹介します。

転職エージェントを利用する

ハイキャリアの転職を成功させるためには、転職エージェントの利用が必須です。転職エージェントは企業に人材を紹介したり、採用ノウハウを伝えたりして、企業の採用の支援をしています。転職エージェントは、転職のプロ・採用のプロとして、企業から信頼されているため、ハイキャリアの求人依頼を多くもらっています。

また、ハイキャリアの転職の支援実績が豊富な転職エージェントから、書類でのアピールの仕方、面接のポイント、内定をもらった時の判断の仕方など適切なアドバイスをもらうとよいでしょう。情報取集のために、転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーに相談をする方も多いです。

非公開求人に応募する

ハイキャリアの転職は、誰でも叶えられるわけではありません。特別な人しか見ることができない、非公開求人が存在するのです。

ハイキャリア求人は、重要なポジションであることが多く、事業戦略が競合他社にばれてしまうことを懸念する企業が多いです。そのため、一般的には募集をかけず、転職エージェントやヘッドハンターに求人の依頼をします。

キャリアアドバイザーやヘッドハンターから非公開求人を紹介された場合は、特別なチャンスなので前向きに応募を検討するとよいでしょう。

募集背景やミッションを把握する

ハイキャリアの転職を叶えるには、企業の求める人材と自分の叶えたいキャリアが一致する必要があります。なぜ、このポジションを募集しているのかという募集背景とどのようなことを任せたいのかというミッションを把握することがポイントです。

例えば、企業は将来の経営者候補として募集をしているのに、キャリアステップの一つとしてゆくゆくはまた転職したいと思っている人が応募してはミスマッチになってしまいます。

求人票には書かれていない募集背景ミッションがあることもあるので、転職エージェントから裏情報を入手することも重要でしょう。

オファー面談を希望する

内定をもらったあとに、条件の詳細を伝えたり、候補者の懸念を払拭するオファー面談という場を設けてもらいましょう。内定を承諾してもらうために、企業からオファー面談を実施したいという場合もありますが、実施されないこともあります。

オファー面談の中では、面接では聞きにくかった年収の話や残業の実態など細かい情報をそろえましょう。入社後に「こんなはずじゃなかった……」という事態を防ぐために、納得のいった状態で内定を承諾することが重要です。

ハイキャリアの転職の落とし穴

ハイキャリアの転職のポイントをお伝えしましたが、ここでは「絶対に注意したい落とし穴」をご紹介します。多くのハイキャリアの転職事例をみてきたパソナだからこそ、お伝えできるリアルな情報です。

選考回数が増えることがある

ハイキャリアの転職の選考フローは流動的で、選考回数が増えることがあります。なぜならば、企業も採用に慎重になるため、もう一度会いたいと言われることがあるからです。

例えば、最終面接だと思っていたのに、後日社長との会食が設定された、というのがよくある話です。この段階になると、選考要素は少ないのでよほどのことがない限り不合格にはならないでしょう。
しかし、まだ内定ではないので油断してはいけません。最後に会った時の評価でオファー年収を決めることもあります。

年収が下がる可能性がある

ハイキャリアの転職では、年収が下がることがあります。もちろんスキルに対して現年収が低ければ年収アップすることもありますし、企業からの評価が高い場合は高い年収でオファーされることもあります。

しかし、ハイキャリアの転職では企業側が求めているスキルや任せたいミッションの難易度が高いです。そのため、必ずしも期待するパフォーマンスが発揮できるとは限りません。ハイキャリア人材を採用することは企業にとってもリスクが大きいのです。

はじめは低い年収で入社してもらい、きちんと成果を出すことができたら年収を上げるというオファーをする企業が多いです。オファー年収が現年収より低い場合は、入社後の年収の上り幅や職位ごとの年収レンジをオファー面談で聞くようにしましょう。

ミスマッチが起こりやすい

繰り返しにはなりますが、ハイキャリアの転職は企業の求める人材と求職者の叶えたいキャリアのマッチングが難しいです。入社してみたら、想定していた仕事と違った…ということも少なくありません。

また、経営者との相性も重要です。ハイキャリアは、経営陣の近くで仕事をするため会社の将来を決めるような意見が求められることがあります。経営陣との考えの不一致により、仕事を続けることが難しくなることもあるようです。

入社を決める前に、入社後の仕事内容のすり合わせや一緒に働く人との面談を行うことをおすすめします。

ハイキャリアの転職におけるパソナの強み

パソナは、ハイキャリアの方の転職支援実績が豊富です。3年連続オリコンの顧客満足度No.1をいただいており、「他社にはないマッチング力」と「サポート体制」が強みです。

そのため、企業様からも安心して求人のご依頼をいただくことが多く、コンフィデンシャルな非公開求人はもちろんのこと、他の転職エージェントには依頼していないパソナ独占の求人をいただくことがあります。

非公開求人を含む50,000件以上の求人と16,000社以上のお取引き企業様との信頼のもと、専任のキャリアアドバイザーが2人3脚でご転職のサポートをさせていただきます。 まずは、お気軽にご相談をお待ちしております。

ハイキャリア専任のキャリアアドバイザー

パソナはハイキャリア専任のキャリアアドバイザーも在籍しています。キャリアコンサルタントの資格をもっているキャリアアドバイザーや異業界でもキャリアを実際に経験している専門知識の豊富なキャリアアドバイザーもいます。

登録者の方にご経歴にあったキャリアアドバイザーが担当させていただきます。

ハイキャリアとして市場価値の高い人材になろう

ハイキャリアはさまざまな定義がありますが、市場価値が高く人生においても貴重な経験ができるでしょう。仕事のやりがいが大きく、年収も高いので、ハイキャリアの転職にチャレンジしたい方は、ぜひパソナへご相談ください。

転職のサポートはもちろんですが、情報提供や長期的なキャリア形成のご相談も可能です。理想のキャリアを叶えるために、一歩踏み出しましょう。