スマートフォン版はこちら

管理職のストレスはどう解消すべき?転職を迷ったときに考えたいこと

img01.jpg

中間管理職は、経営層と部下の板ばさみになるため、心理的なプレッシャーを感じやすい役職です。立場上ストレスを抱えやすく、悩んでしまう人も少なくありません。なかには、「ストレスで思うように仕事と向き合えていない」「辛いときは転職したほうがよいのだろうか」と、不安を感じている方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、「管理職が抱えやすいストレス」や「ストレスの解消法」について詳しく解説します。また、転職を考えた際の注意点についても紹介しますので、ぜひ今後のキャリアを考えるうえで参考にしてみてください。

パソナキャリアのハイクラス転職エージェントサービス

管理職が抱えやすいストレスとは?

管理職は普段の業務のなかで、どのようなストレスを抱えやすいのでしょうか。ここでは、管理職が抱えがちなストレスの内容について解説します。

業務量が多く、負担になっている

管理職になると、部下の業務をサポートする必要があり、どうしても業務量が増えてしまいます。ときには自分のマネジメント業務を差し置いて、部下のミスやトラブルに対処しなければいけない場合もあるでしょう。プレイングマネージャーの場合は、自身も第一線で現場に出て、成果を出さなければいけません。結果的にキャパシティを超えるほどの業務量を抱えてしまい、身体的・精神的なストレスにつながることもあるでしょう。

目標達成へのプレッシャーがある

管理職には、組織全体の目標を管理し、達成に向けて部下を動機づけるという役目があります。そのため、常に目標達成に追われているような、精神的なプレッシャーを感じることもあるでしょう。なかには経営層が現場の実情をよく理解しておらず、社員の能力を超えるような目標を課してくるケースもあるかもしれません。その場合、管理職としては経営層への不満を抱くとともに、思うように目標達成できないストレスを感じるはずです。

部下が思うように成長してくれない

部下にフィードバックをし、成長を促すのも管理職の仕事です。しかし、部下によって性格や能力はさまざまで、成長スピードも異なります。そのため、管理職が指導をしても、なかなかパフォーマンスが上がらない部下もいるかもしれません。とはいえ、過度に厳しく指導すると、部下からハラスメントを指摘されるケースもあります。結果的に「自分には指導の適性がないのだろうか」と責任を感じて、ストレスを抱える管理職もいるでしょう。

経営層と部下の板ばさみになる

中間管理職の場合、経営層の考え方を受け止め、部下に分かりやすく伝達する役割があります。しかし、経営層と現場の意見が食い違っており、管理職が板ばさみになってしまう場合もあるかもしれません。例えば、経営層から指示された業績目標に対して、部下から反発が生まれるケースもあると思います。両者の衝突をなんとか避けられるよう、粘り強く説得をしなければいけないことに、気疲れやストレスを感じる管理職もいるでしょう。

給与や評価が働きに見合っていない

管理職は「管理監督者」に該当する場合、残業代が支給されません。そのため、どれだけ業務量や勤務時間が増えても、給与に反映されないケースもあるでしょう。その結果、「給与が働きに見合っていない」というストレスを抱える管理職もいます。また、自分より上のポストが詰まっており、思うように昇進・昇格できない管理職も少なくありません。結果的に、「会社から正しく評価されていないのではないか」と悩んでしまう人もいます。

管理職がストレスを抱えたときの解消法とは?

管理職が業務でストレスを抱えた際には、どのような方法で解消すればよいのでしょうか。ここでは、管理職がストレスを抱えたときの主な解消法について解説します。

「周囲はコントロールできないもの」と割り切る

管理職のなかには、経営層や部下をなんとか思うようにコントロールしようとして、気疲れしてしまう方もいるかもしれません。しかし、現実としては誰しも期待どおりにいかない物事のほうが多いものです。だからこそ、気の持ちようを変えて、「周囲は自分が思うように動かなくて当然」と割り切ってしまうのも一つの戦略でしょう。 周囲からの期待に完ぺきに応えようとせず、自分のコントロールできる範囲で最大限努力する姿勢が大切です。

自分のマネジメントスタイルを定義してみる

管理職のなかには、無理に自分とは違う“管理職像”を目指そうとして、ストレスを抱えている方も少なくありません。前提として、人によって適性の高いマネジメントスタイルは異なります。強いリーダーシップで部下を引っ張っていくタイプもいれば、部下と同じ目線で優しく相談に乗るタイプもいるでしょう。決して、それらに正解や間違いはありません。だからこそ、まずは自分なりのマネジメントスタイルを定義してみることも大切です。 他者と比べずに、自分らしい管理職のあり方を貫くことで、業務での自信にもつながります。

管理職の同僚たちに相談してみる

管理職にまつわる悩みは、同じ管理職の立場にいる人たちがよく知っています。先輩や同僚の管理職であれば、自分と同じような壁を乗り越えた経験も持っているはずです。そのため、悩んだ際は他の管理職に相談してみることも一つの方法でしょう。 経営層との向き合い方や部下の指導法など、多くの有用なアドバイスをもらえることもあります。こうした意見を実際の業務に生かすことで、不安が減り、ストレスの緩和にもつながるでしょう。

社外の人たちに話を聞いてもらう

自社の社員に悩みを相談すると、立場や利害関係を意識してしまい、本音で話せないこともあるかもしれません。その際は、社外の人たちにアドバイスをもらうことも効果的です。例えば、友人や知人に悩みを聞いてもらうだけでも、ストレス解消になります。また、転職エージェントの転職コンサルタントに相談するのも有効な方法です。転職エージェントのなかには、転職するかどうかに関係なく、無料で相談に乗ってもらえるところもあります。 キャリアの専門家に話を聞いてもらうことで、日々の業務に役立つ意見やアドバイスも得られるでしょう

スキルアップへの意欲に昇華させる

何かについて苦手意識があり、ストレスに感じている際は、スキルアップに向けての“チャンス”と捉える方法もあります。 「できるようになるにはどうすべきか」という前向きな意欲に変換すれば、今後のキャリアにもプラスになるでしょう。例えば、部下との向き合い方に悩んでいる場合は、コーチングやフィードバックの社外研修を受けることも一つの方法です。学びを得ることで自信をつけられれば、ストレスの解消にもつながります。

どうしてもつらいときは「転職」も一つの選択肢に

さまざまなストレス解消法を試したものの、それでもつらい場合は転職を検討するのも一つの選択肢です。強いストレスをため込んだまま業務を続けると、パフォーマンスが下がってしまい、結局自分のキャリアにとってネガティブな影響が及んでしまうこともあります。また、管理職の役割は企業によって大きく異なるからこそ、職場を変えることでストレスから解放される可能性もあるでしょう。「管理職は立場上、ストレスを我慢して当然」という考え方は一度捨てて、自分の長いキャリアのために、最善の選択肢を考えるようにしてください。

管理職が転職を選んだときの注意点とは?

管理職が転職を選んだ際、次のキャリアを成功させるために意識すべきことはあるのでしょうか。ここでは、管理職の転職における注意点・ポイントについて解説します。

企業のことを深く知ったうえで応募する

せっかく覚悟して転職するからには、次の職場でも同じようなストレスを抱えることは避けたいところです。そのため、候補企業のことを入念に研究したうえで、応募するようにしましょう。特に管理職は、経営層とのやり取りも多いため、「社風」との相性が強く求められます。だからこそ、求人を隅々まで読むだけでなく、採用ホームページや社長ブログ、IR情報などにもよく目を通し、事業戦略や企業風土、社内の人間関係を正しく把握することが大切です。入社後の働き方を具体的にイメージしておくことで、ストレスを回避しやすいでしょう。

ポジティブな転職理由を考える

ストレスが原因で転職する際は、転職理由の伝え方にも注意が必要です。退職時の悩みをそのまま伝えると、面接官に後ろ向きな印象を与えてしまいます。そのため、転職理由はポジティブな内容へ転換して伝えるようにしましょう。例えば、トップダウンの社風に悩んだ末の退職であれば、「社員の自主性を重んじる社風で、管理職の経験を生かしたい」のように表現します。選考での見られ方も検討しておくことが、転職成功のカギです。

転職エージェントを積極的に活用する

管理職の求人は、企業の経営戦略と密接に関わるため、一般的な転職サイトではあまり掲載されません。そのため、転職エージェントのように、「非公開求人」も数多く扱っている転職サービスを活用しましょう。転職エージェントでは、転職コンサルタントから最適な求人を紹介してもらえるだけでなく、応募先の詳しい情報も教えてもらえます。転職後の社風や部下の人柄などを細かく把握できるので、ストレスを未然に防ぎやすいでしょう。

まとめ

管理職がストレスを抱えたときには、悩みと一度冷静に向き合い、「自分が今何に悩んでいるのか」をじっくり考えてみることが大切です。そのうえで、セルフケアや周囲への相談といったストレス解消法を試すことをおすすめします。どうしても辛いときには、転職という道を選ぶことも一つの選択肢です。新天地への転職でストレスの原因を断つことにより、キャリアの充実につながることもあります。

パソナキャリアは、管理職求人の割合が「28.4%」を占めるハイクラス向け転職エージェントサービスです。管理職の転職を支援してきた豊富な実績があるため、キャリアにまつわる悩み相談から自己分析、求人紹介、企業との年収交渉まで一貫して支援できます。管理職として転職すべきかどうか迷った際には、ぜひお気軽にパソナキャリアへご相談ください。