スマートフォン版はこちら

管理職は人間関係の悩みをどう解決すべき?転職するか迷ったときの選択肢とは

img01.jpg

管理職にとって、「部下とうまくコミュニケーションがとれない」「経営層と部下の板ばさみになる」といった人間関係の悩みはつきものです。人間関係で悩んでしまうと、目の前の業務に集中できなくなり、成果に影響が出るケースもあるでしょう。なかには、人間関係のストレスから転職を考えている方もいるかもしれません。
そこで今回は、「管理職が人間関係で悩んだときの対処法」について詳しく紹介します。また、「人間関係を理由に転職してもいいのか」「転職先で人間関係に悩まないためにはどうすべきか」についても解説しますので、ぜひ今後のキャリアを決める際の参考にしてみてください。

パソナキャリアのハイクラス転職エージェントサービス

人間関係で悩んでいる管理職は多い

人間関係を理由に転職を決断する人は、決して少なくありません。厚生労働省の調査(※)によれば、直近1年で「人間関係」を理由に退職した人は、男性で「8.8%」、女性で「13.3%」と高い割合を占めています。女性の転職理由のなかでは、「その他」(26.9%)を除けば最多です。こうした統計からも、職場での人間関係に悩む人が多いことがうかがえます。特に管理職は、経営層と現場社員のあいだに立つ役職だからこそ、社内での人間関係も複雑です。上層部と部下の意見をうまく調整しなければならず、多くの管理職が葛藤やストレスを抱えています。

※参考:令和2年雇用動向調査結果の概況-|厚生労働省(PDF)

管理職はどのような人間関係に悩むのか?

管理職は、職場で具体的にどのような人間関係に悩まされているのでしょうか。ここでは、管理職が抱えている主な人間関係の悩み・ストレスについて紹介します。

部下が思うように成果を出してくれない

管理職は、経営目標の達成に向けて部下を動機づけ、成果を出させる役目を担っています。場合によっては部下が思うように成果を出してくれず、悩みのタネになることもあるでしょう。しかも、成果が出ない原因は部下によってさまざまです。単純に能力や経験が足りていない社員もいれば、そもそも目標達成への意欲がない社員もいます。こうした部下一人ひとりに合わせて指導や育成をすることに、気疲れを感じる管理職もいるでしょう。

部下との価値観が合わない

管理職と部下の世代が違えば、仕事に対する価値観も異なります。例えば、管理職が「部下が出世できるように」と願って部下を指導しても、部下側が「出世や昇格には興味がない」という場合もあるでしょう。このように部下と価値観が違うと意思疎通も図れなくなり、もどかしさを感じることもあります。特に近年はリモートワークの浸透で対面でのやり取りが希薄になっているため、部下との関係構築に難しさを感じる管理職も多いでしょう。

年上部下とコミュニケーションがとれない

終身雇用の見直しがすすむにつれ、年功序列ではなく成果主義の社風になってきている企業もあります。そのため、年次の浅いうちから管理職を任され、自分より年上の部下を持つケースもあるでしょう。しかし、年上部下のなかには「年下にマネジメントされたくない」というプライドから、あえて上司に報連相をしなかったり、会話を避けたりする人もいます。こうした年上部下との関係構築に悩み、ストレスを抱える管理職も珍しくありません。

上層部と部下の板ばさみになってしまう

管理職は経営層と現場の板ばさみになり、疲弊してしまう人もいます。例えば、経営層から「企業理念を現場に浸透させよ」と指示があったとしても、部下から「企業理念には意義を感じない」と反発されてしまうケースもあるでしょう。管理職としては両者の思いをくみ取りながら、最善の結論に着地させる必要があります。上層部からの期待に応えつつ、部下からの信頼も高めなければいけない難しさが、ストレスになる場合もあるでしょう。

管理職が人間関係に悩んだ際の対処法とは?

管理職が職場の人間関係に悩んだときには、どのように対処すればよいのでしょうか。ここでは、大きく5つの対処法について解説します。

(1)自分の考えを押しつけないようにする

部下との価値観の違いに悩んだ際は、無理に自分の考えを押しつけないことが大切です。自分の価値観で組織をコントロールしようとすると、部下から反発を受け、人間関係の溝が深くなる可能性もあります。前提として「価値観は違って当然」という気持ちでいれば、精神的にもゆとりが持てるようになるでしょう。部下と接する際には、「指導や命令をする」というより、「自立を支援してあげる」という態度で臨むことをおすすめします。

(2)「傾聴」の機会を積極的に設ける

人間関係で悩んでいる管理職は、部下の性格や考え方を深く理解していないがゆえに、相手との距離感を測りかねていることもあります。そのため、積極的に部下とコミュニケーションの機会を設け、部下の話を傾聴することが大切です。例えば、部下と1対1で会話する「1on1ミーティング」を、週1回程度行うことも有効でしょう。会話の回数を増やせば、部下の気持ちを理解でき、最適な接し方も分かるようになります。また、部下側も「上司は自分のことをよく見てくれる」と好感を持ち、上司に対して協力的な姿勢になる場合もあるでしょう。

(3)年上部下には、敬意を持って接する

年上部下との人間関係に悩んだ際は、相手に「尊敬」の気持ちを示すことが解決策になることもあります。というのも、年上部下は自尊心が傷つけられることを嫌うがために、上司との会話を避けることもあるからです。例えば、年上部下に仕事を振るときは、今までの実績や経験に敬意を示したうえで依頼するようにしましょう。「組織の成長のために、あなたの力を借りたい」「尊敬しているからこそ、仕事を任せたい」という接し方です。年上部下のプライドを損ねないようなやり取りを心がけることで、人間関係が良化することもあります。

(4)自分なりのリーダーシップを定義する

人間関係で悩んでいる管理職のなかには、自分の「リーダーシップ像」が定まっておらず、部下とうまくコミュニケーションがとれていない人もいます。そのため、自分なりのリーダーシップを定義することも重要なポイントです。例えば、「強いカリスマ性で周囲をぐいぐい引っ張っていく」のが得意な管理職もいれば、「周囲と協調しながら部下と同じ目線で支援をする」のが得意な管理職もいます。自分の適性に合うリーダーシップを発揮すれば、より部下に対して自然体でいられるようになり、コミュニケーションのストレスも軽減されるでしょう。

(5)周囲に相談してみる

経営層や部下との関係性に悩んだ際は、同じ立場である他の管理職に相談してみるのも効果的です。今の悩みを言語化してみるだけでも、ストレスが緩和されることもあります。ときには自分以外の管理職が同じような悩みを持っており、共感してくれることもあるでしょう。また、社外のセミナーや研修に参加し、意見を交換するのも一つの方法です。心強い相談相手を見つけることで、人間関係の悩みが解消されることもあります。

この記事もCHECK!

どうしてもつらいと感じたら、“転職”も検討を

どうしても人間には相性の良し悪しがあるため、努力では解決できない人間関係の悩みもあります。過度なストレスを抱えたまま働き続けるのは、精神衛生上もよくありません。そのため、しばらく努力してみても人間関係の悩みが解消されない場合には、転職を検討するのも一つの選択肢です。その際は、「自分のマネジメントスタイルを生かせそうか」「社風が合いそうか」といった判断軸で、慎重に新しい職場を選ぶことが大切です。

転職先で人間関係に悩まないためのポイントとは?

管理職が転職してからも人間関係で悩まないように、今から意識しておくべき点はあるのでしょうか。ここでは、転職先での人間関係を良くするためのポイントを紹介します。

応募先企業の社風を事前に把握しておく

転職後に人間関係で悩まないためには、転職活動の時点で応募先の社風を知ることが大切です。しかし、企業のホームページを見ただけでは、どうしても社内の雰囲気が伝わらない可能性もあります。そのため、転職エージェントを活用し、応募先企業の詳しい情報を教えてもらうのも一つの戦略です。転職コンサルタントから、社内の雰囲気や上司・部下になる人物について深く聞いておくことで、より安心して入社を決められます。

前職での仕事のやり方を持ち込まないようにする

転職後の職場には、今までの仕事のやり方を持ち込まないことも大切です。「前職ではこうだったのに」という言葉は、部下や上層部からの印象を悪くし、人間関係を悪化させる原因になりかねません。そのため、積極的に新しい組織文化を受容し、転職先になじむことを心がけましょう。どれだけ能力の高い管理職でも、成果を出すまでには時間がかかります。最初の3カ月は成果を出すことより、職場に慣れることを意識することが大切です。

積極的にコミュニケーションをとり、周囲のことを理解する

新しい職場での人間関係を良好にするためには、自分から積極的にコミュニケーションをとる姿勢が肝心です。周囲のことを早めに知っておけば、組織内での立ち振る舞いや部下との接し方などもつかみやすくなるでしょう。例えば、分からないことがあったらすぐに周囲へ質問したり、他の部署の管理職に挨拶をしたりするのも一つの方法です。いざというとき相談できる相手を多くつくっておくことで、人間関係の悩みも抱えにくくなります。

まとめ

管理職は普段多くの人とやり取りするからこそ、人間関係の悩みを抱えがちです。どうしても今の会社で人間関係の悩みが解消されない場合は、転職を考えるのも一つの選択肢でしょう。その際は、転職エージェントの転職コンサルタントに相談することで、事前に転職先の社風や人間関係を知ることが可能です。転職活動を有利に進めるためにも、ぜひ転職エージェントの活用をおすすめします。

パソナキャリアは、「約28.4%」を管理職の求人が占めるハイクラス人材向け転職エージェントサービスです。管理職の転職支援に強い転職コンサルタントが、求人紹介から面接対策、企業との年収交渉まで一貫してサポートします。各企業の社風や人間関係についても、事前に詳しい情報提供が可能です。転職を検討の際には、パソナキャリアを活用ください。