スマートフォン版はこちら

変化が激しい今、管理職の転職成功に必要なこととは?必須スキルや転職の秘けつを紹介!

img01.jpg

終身雇用の崩壊や新型コロナウイルスの流行――企業を取り巻く状況は、日々刻々と変化しています。それに伴って管理職の役割も大きく変化し、転職先で求められる役割も変動しているのが実情です。ただでさえ「管理職の転職は難しい」といわれる今の時代に、管理職はどのようにして転職を成功させればよいのでしょうか。
そこで今回は、「社会が変化する今、管理職として転職を成功させる方法とは?」というテーマで解説します。今の時代に管理職に求められる役割やスキル、転職活動の秘けつも分かりやすく紹介しますので、ぜひ今後のキャリアを切り開くための参考にしてみてください。

パソナキャリアのハイクラス転職エージェントサービス

そもそも管理職とは?

管理職が転職を成功させるためには、「そもそも管理職の意義や役割とは?」という根底の部分から正しく認識しておくことが必要です。ここでは、振り返りの意味で管理職の定義や役割、一般的な業務内容を解説します。

管理職の定義とは?

管理職とは、部署の責任者として部下をマネジメントする役職のことをいいます。日本の企業では、部長や課長、係長、チームリーダーなどを指すことが一般的です。企業内で特に重要な役割と権限を担っている場合は、労働基準法の「管理監督者」(※)に該当することもあるでしょう。管理監督者の場合は「経営者と一体の立場」にあるため、地位にふさわしい待遇が用意されます。一方で、過重な長時間労働は認められていませんが、労働時間や休日などの制限を受けないとされています。

※参考:労働基準法における管理監督者の範囲の適正化のために|厚生労働省(PDF)

一般的な管理職の業務内容とは?

管理職の役割をひと言でいえば、「組織目標を達成するために、部下を管理・指導すること」です。具体的な業務内容としては、部下の育成や動機づけ、目標管理、労務管理、人事評価、企業理念の伝達などがあげられます。

ただし、管理職の仕事は法律で定義されているわけではありません。企業のビジネスモデルや経営方針によって、役割は大きく異なります。例えば、成果主義の社風を取り入れている企業では、みずから成果を出せる「プレイングマネージャー」が求められるでしょう。また、社内のIT化を積極的に進める企業では、ITに強い管理職が求められるはずです。企業の経営方針は、社会の動きや経済状況によって目まぐるしく変動します。そのため、管理職の業務内容や役割は、時代や社会の変化に応じて大きく変わってくるものと認識する必要があります。

管理職の転職に影響を与える“4つ”の社会変化とは?

管理職に求められる能力は、時代や社会の変化に応じて大きく変わります。そのため、社会変化をタイムリーにとらえる姿勢が不可欠です。そこで本章では、管理職の転職に影響を与える4つの社会変化について解説します。

(1)VUCA

VUCAとは、Volatility(変動性)・Uncertainty(不確実性)・Complexity(複雑性)・Ambiguity(曖昧性)の頭文字をとったもので、社会の変化が目まぐるしく予測不能なことを意味しています。近年は市場がグローバル化したり、消費者ニーズが多様化したり、最新テクノロジーが次々に台頭したりと社会の変化は日進月歩で変貌しています。だからこそ、管理職には経営者と同じ目線で社会・経済の変化をとらえ、上層部に進言するような役割も求められています

(2)終身雇用の崩壊

日本では従来、終身雇用と年功序列によって、年次が上がれば役職も上がることが慣例でした。しかし、経済全体が低迷している今では、大手企業といえども終身雇用や年功序列を維持できなくなった例が見られます。企業の経営状況に余裕がなくなれば、今後ますます成果主義が浸透することも予想されるでしょう。そのなかで管理職が「管理職業務」だけに専念することは難しくなっており、定量的な成果が求められるケースも増えているのです。

(3)働き方の多様化

近年はワークライフバランスの考え方が浸透し、多くの企業で柔軟な働き方が整備されつつあります。例えば、フレックスタイム制や時差出勤制、テレワークなどの制度もその一つでしょう。特に近年は新型コロナウイルスの影響から、フルリモートワークでの勤務を認める企業も少なくありません。管理職としては、働き方も価値観も働く場所さえも違う部下をマネジメントせねばならず、従来とは異なるチームビルディングの能力が問われています。

(4)DX

近年は少子高齢化に伴い、いかに限られた人数で生産性の高い組織運営をするかが企業に求められています。そのなかで盛んに推進されているのが、DX(デジタル・トランスフォーメーション)です。企業は従来の業務フローをAIやデジタルツールで置き換えることで、省人化と生産性の向上を図っています。管理職は立場上、組織のDXを旗振りしなければいけない立場です。だからこそ、IT分野の情報やスキルに無関心ではいられません。

今、管理職の転職成功に欠かせない“5つ”のスキルとは?

時代の変化が激しい今、管理職が企業から求められているスキルとは、どのようなものなのでしょうか。ここでは、管理職が転職成功のために選考でアピールすべき「5つ」のスキルについて解説します。

(1)ビジョンメイキング能力

ビジョンメイキング能力とは、部署全体や部下一人ひとりに対して、将来に向けての目標・構想を策定するスキルです。近年は不安定な社会情勢を背景に、キャリアに漠然とした不安を抱える社員も増えています。だからこそ、管理職が社会の動向をよく理解したうえで、部下に進むべき道筋や方向性を示してあげる必要があるのです。

(2)課題発見力

課題発見力とは、組織内の課題を発見し、解決に向けて取り組めるスキルです。近年は社会が目まぐるしく変化していることもあり、経営層の判断が必ずしも正しいとはいなくなっています。そのため、企業内において時代にそぐわない点があれば、管理職が積極的に経営層へ進言し、解決に向けて働きかける必要があるでしょう。

(3)プレイングマネージャーとしての専門性

少子高齢化で人材不足が加速し、成果主義が浸透している今では、管理職が管理業務だけを任されることは多くありません。そのため、プレイングマネージャーとして前線に立つケースも増えてきます。その際、営業やエンジニア、マーケティングなど、担当部署に関する専門スキルも持っていると、成果を出しやすくなるでしょう。

(4)部下を動機づけるノウハウ

近年は価値観の多様化やリモートワークの浸透で、部下のモチベーションを向上させるのが難しくなっています。だからこそ、部下を動機づけるためのノウハウが管理職により強く必要とされているのです。例えば、リモートワーク下で部下の成果を出したり、離職率を下げたりした実績があると、企業からも重宝されやすいでしょう。

(5)ITリテラシー

生産性の向上が叫ばれるなか、今後DXに取り組む企業は一層増えていきます。そのため、ITリテラシーの高い管理職は企業から必要とされやすいでしょう。具体的には、PCの操作スキルやシステム用語の知識、デジタルツールの費用感・トレンドなどへの理解があれば、DX関連の決裁に携わる際も最適な判断をしやすくなります。

今の時代に管理職が転職活動を成功させる秘けつとは?

変化の激しい今の時代に管理職が転職を成功させるには、何を意識すればよいのでしょうか。ここでは、管理職の転職成功に欠かせないポイント・秘けつについて解説します。

企業に求められている役割を意識する

管理職は、企業によって求められる役割が大きく異なります。例えば、新規事業の立ち上げと既存事業の拡大では、入社後の業務内容も違います。そのため、求人や採用ホームページなどで募集背景を深く読み込み、求められている働きを把握することが大切です。役割を理解しておくと、自分の強みもアピールしやすくなるでしょう。

採用トレンドを研究する

管理職の役割は社会や市場の動きに左右されるため、時期ごとに採用トレンドがあります。例えば、DXが盛んな時期はITリテラシーが求められますし、グローバル展開の進む業界では語学力が必要な求人も増えるでしょう。求人内の頻出ワードに着目し、採用トレンドを把握しておくと、選考で自己PRを最適化しやすくなります

実績を具体的に説明できるようにする

管理職の業務は定量化しにくいため、選考での自己PRに迷うこともあります。そのため、今までの実績を具体的にまとめ、「その経験から何を学んだのか」「どんなスキルが身についたのか」を整理しておくと、企業にあわせて柔軟にアピールできるようになるでしょう。例えば、マネジメントした部署の人数・性別・年齢層、組織目標の達成率・達成期間、部署内の定着率・離職率、社内賞の受賞歴などは、大きなアピール材料になります。

転職エージェントを積極的に活用する

管理職の求人は企業の経営戦略に関わるため、ほとんどの求人が「非公開」として扱われています。そのため、管理職の求人に多く触れるためには、転職エージェントを活用することが必要不可欠です。転職エージェントに相談することで、豊富な非公開求人を紹介してもらうことができ、より有利に転職活動を進められるでしょう。

まとめ

社会の変化が激しい今、管理職が転職を成功させるためには、企業から求められる役割・能力を正しく把握する姿勢が肝心です。その際、転職の専門家である転職エージェントに相談することも検討しましょう。転職コンサルタントから転職市場に関する詳しいアドバイスを受けることで、より有利に管理職の転職活動を進められます。

パソナキャリアは、管理職の求人が「28.4%」を占めるハイクラス人材向けの転職エージェントサービスです。一般的な転職サイトでは公開されない管理職の非公開求人も数多く取り扱っているため、キャリアの選択肢も広がります。加えて管理職の転職実績が豊富な転職エージェントだからこそ、管理職の選考対策や企業との年収交渉をはじめ充実したサポートが可能です。ぜひ管理職の転職を検討の際には、パソナキャリアをご活用ください。