スマートフォン版はこちら

管理職が転職の失敗を避けるには?ありがちな失敗の原因と成功に向けた対策を解説!

img01.jpg

管理職は企業によって役職や給与、ミッションが大きく異なるのが特徴です。そのため、「転職したものの、働き方や業務内容が思ったものと違った」という失敗もありえます。だからこそ、管理職にとって転職は非常に難しい決断です。なかには「できるだけ失敗は避けたい」と考え、転職に慎重になっている方もいると思います。
そこで今回は、「管理職の転職でありがちな失敗」や「失敗の原因」について例を挙げながら解説します。また、「管理職が転職を成功させるための対策」も紹介しますので、ぜひ転機をつかむための参考にしてみてください。

パソナキャリアのハイクラス転職エージェントサービス

管理職の転職はなぜ難しいのか?

そもそもなぜ「管理職の転職は難しい」といわれることが多いのでしょうか。ここでは、管理職の転職が難しい理由について3つの観点から解説します。

(1)そもそも求人数が少ないため

ほとんどの企業では、役職が上がるごとに人数が減っていく「ピラミッド型」構造になっています。そのため、管理職のポストはそもそも母数が少なく、求人数も限られてしまうのが実情です。また、管理職は企業の経営方針にかかわる重要なポジションのため、求人を公開してしまうと競合他社に経営上の戦略が知られてしまいます。そのため、管理職の求人は一般的な転職サイトではあまり出回らず、求職者にとって応募の機会も少ないのです。

(2)企業が選考に慎重になるため

成果やスキルをポートフォリオで示しやすい専門職と違って、管理職は自身のスキルを証明するのが難しいという側面があります。そのため、企業としてもスキルを見抜くのに難航し、選考に時間がかかるケースも少なくありません。また、管理職は非管理職より給与が高いぶん期待値も高く、企業が選考に慎重になってしまいます。求められる能力や実績のハードルが高いため、「管理職の転職は難しい」という印象につながってしまうのです。

(3)企業との相性が重視されるため

管理職は現場社員に上層部の意志を伝えたり、企業理念を浸透させたりする役目も担います。そのため、管理職は社風との相性を強く求められがちです。企業のなかには、選考過程で社長や役員との面接や会食を実施する企業もあります。こうした選考の結果、たとえ能力が十分であっても、社風が合わないと不採用になることも珍しくありません。社風との相性が重視されることも、「管理職の転職は難しい」といわれる原因になっています。

この記事もCHECK!

管理職の転職でありがちな失敗とは?

管理職の転職では、具体的にどのような失敗が起こりえるのでしょうか。ここでは、管理職の転職で起こりがちな3つの失敗について解説します。

(1)経営陣の考え方が合わなかった

管理職は上層部と現場を円滑につなぐポジションだからこそ、経営方針への共感や理解が求められます。そのため、実際に働いてみて「経営陣と考え方が合わない」「経営陣の目指すビジョンに共感できない」と悩むケースもあるでしょう。その結果、精神的な負担が大きくなり、「転職は失敗だった」と感じてしまうこともあります。

(2)働き方・業務内容が想定とは違った

管理職の仕事は部下の育成から動機づけ、労務管理、プロジェクトの進捗管理、業績管理まで多岐にわたります。また、管理する部下の年齢や性別、企業の規模や経営戦略によって求められる役割も違うのが特徴です。そのため、求人では細かい役割や業務内容まで把握できず、入社して初めて気づくこともあるかもしれません。結果的に「管掌範囲が想定より広い」「想像していた働き方と違う」などの理由で、ストレスを感じることもあります。

(3)人間関係が合わなかった

管理職は経営層や部下、他部署の管理職、人事など、社内で多くの人と連携しながら働きます。そのため、人間関係であつれきが生じやすいのも特徴です。実際に転職先へ入社してから、人間関係の相性が悪いことに気づく管理職も少なくありません。人間関係が合わないとストレスが大きくなるため、退職を考えてしまう人もいます。

管理職の転職が失敗してしまう原因とは?

管理職が転職で失敗してしまうのは、どのようなことが原因なのでしょうか。ここでは、管理職が転職で失敗するときの主な原因について解説します。

企業理解が不十分だった

企業理解が浅かったせいで、入社後に想定とのズレが生じてしまうこともあります。例えば、求人で管掌範囲や任されるミッションは把握したつもりでいても、経営陣の人柄や社風まで理解が及んでおらず、失敗してしまうケースです。また、「現職と同じ業界だから大丈夫」「ベンチャー企業だから裁量は大きいはず」という先入観も、企業研究を怠る原因になります。管理職の業務は百社百様なので、入社後に思わぬギャップが生じかねません。

自己評価を誤っていた

自己評価を見誤ってしまうことも、失敗の最たる原因です。例えば、「部下に成果を出させるのが得意」と自分では評価していても、実力主義の外資系企業では通用しないこともあります。また、大人数の組織を管理した実績があったとしても、「年上部下ばかり」や「新人ばかり」の部署で通用するかは分かりません。「どのくらいのレベル感なら対応できるのか」を業務ごとに考えておかなければ、入社後にスキル不足で悩む可能性があります。

転職の目的があいまいだった

転職の目的があいまいな場合、自分に合う企業を選べないという状況に陥ります。例えば、「自分の実力を評価してくれる会社で働ければいい」「前職のストレスから解放されたい」といった漠然とした転職理由では、会社選びの軸も定まりません。その結果、入社後に「本当はもっと実現したいことがあったのに」と後悔する可能性があります。管理職は長く活躍することを前提に採用されるため、長期的なキャリアを見越した選択が必要です。

転職を焦っていた

管理職は企業の中核ポジションだからこそ、企業側も慎重に選考を重ねます。そのため、管理職は通常よりも転職活動に時間がかかる可能性が高くなります。仮に退職時期が迫っても次の転職先が決まらない場合、どうしても焦って応募先を決めてしまうかもしれません。その結果、希望を満たせない企業に転職してしまい、入社後にストレスを感じるケースもあるでしょう。余裕のないスケジュールでの転職活動は、失敗の原因になりかねません。

この記事もCHECK!

管理職の転職を成功させるための対策とは?

管理職が転職の失敗を避けるためには、具体的にどのようなことを意識すればよいのでしょうか。ここでは、管理職の転職を成功させるための対策について解説します。

求人内容を深く読み込む

管理職が転職の失敗を避けるには、まず求人内容を深く読み込むことが大切です。例えば、管掌範囲や業務の難易度は「仕事内容」に、企業の経営状況や任されるミッションは「募集背景」に、企業の規模や業績は「会社概要」に書かれています。このように隅々まで求人を確認しておくと、入社後の働き方をイメージしやすくなるでしょう。また、社風については応募先の社長ブログやWeb社内報を読んだり、面接で逆質問をしたりするのも有効です。深い企業理解があれば、ギャップも生じにくくなります。

転職エージェントで応募先の情報を詳しく聞く

求人広告という限られた情報では、応募先を理解するのに限界があります。そのため、転職エージェントを活用して、応募先の詳しい情報を得ることも重要です。転職エージェントは採用企業と日々やり取りをしているため、各応募先における「理想の人材像」や「期待される成果」、「部下の人柄や年齢層」などについて情報を持っています。こうした応募先の情報を事前に聞いておくことで、入社後のギャップによる失敗も防ぎやすいでしょう。

自己分析を入念にする

管理職が転職で失敗を防ぐには、自己理解も深めておくことが大切です。具体的には、過去の業務内容をすべて洗い出し、そこで得た実績やスキルを一つひとつ列挙します。すると、アピールできる強みが一覧で明確になるでしょう。また、発揮できるスキルは、企業の社風や経営戦略によって違います。そのため、「今の会社だから発揮できるスキル」と「他社でも応用できるスキル」に分けると、より深い自己分析になるでしょう。

優先順位を決めておく

管理職が満足な転職をかなえるには、企業選びの優先順位を決めておくことも重要です。というのも、管理職はただでさえ求人の母数が限られているため、すべての条件を満たそうとすると難航しかねません。そのため、「事業の社会性を最優先する」「残業がある程度増えることは許容する」のように譲れない条件・譲れる条件を明確にしておくことが大切です。その結果、自分に合う企業を選べるようになり、入社後の後悔も防ぎやすくなります。

余裕のある転職スケジュールを設ける

管理職は企業が採用に慎重になるため、面接回数が増え、転職活動が長引く可能性があります。そのため、できるだけ余裕のあるスケジュールで転職活動を進めることが大切です。また、今の会社を退職してから転職活動を始めてしまうと、経済的な不安や焦りが生じます。それにより、転職の目的が「生活資金を得ること」になりかねません。今の会社に在籍しつつ、精神的に余裕を持ったうえで転職活動することをおすすめします。

まとめ

管理職が転職を成功させるには、自分の適性と企業から求められる役割をうまく合致させる必要があります。だからこそ、管理職が転職で失敗を避けるためには、「徹底した自己分析」と「企業に関する入念な情報収集」が欠かせません。自己分析や企業分析は、自分一人で進めるのではなく、他者に協力してもらうことでよりスムーズになります。そのため、転職エージェントのような転職のプロに相談することも非常に重要でしょう。

パソナキャリアは、管理職求人の割合が「28.4%」を占める、ハイクラス向けの転職エージェントサービスです。管理職の転職を支援してきた豊富な実績があるため、転職コンサルタントが自己分析から履歴書・職務経歴書の添削、面接対策まで手厚くサポートできます。ぜひ管理職の転職を検討の際は、パソナキャリアをご活用ください。