スマートフォン版はこちら

経理の転職のベストタイミングはいつ?求人が増えるこの時期が狙い目!

サムネトリミング後.png

経理職で転職をお考えの方の中には、ベストな転職時期について疑問を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
いつ求人が増えるのか?
いつ転職活動を始めたらいいのか?
選考が通過しやすいタイミングはあるのか?
転職活動にあたっての情報収集はどんな情報を集めたらいいのか?

そんな様々な疑問や不安に対して、今回は経理職で転職するベストなタイミングについて解説していきます。タイミングによっては、自分にぴったりの求人に出会える確率もぐんと上がるでしょう。逆に、タイミングを逃すと求人も少なく、転職活動に苦戦してしまう可能性もあります。企業の採用状況や転職市場の動向について情報収集をしながら、上手に転職活動を進める方法をご紹介します。

経理の求人が増えるタイミングはいつ?

一般的に、1年の中で最も経理の求人数が増えるのは、1月~2月です。なぜならば、日本では3月決算の企業が多いため、期末決算に合わせて採用の目処を立てておきたいという狙いがあるからです。4月の繁忙期や5月末の税務申告で、即戦力として活躍してもらうために、4月入社を想定した募集が行われます。

次に求人が増えるのは、6月~7月です。この時期は、株主総会を終えてひと段落ついている企業が多いため、優秀な人材を確保するために採用活動に注力する企業が増える時期でもあります。

そして、狙い目とも言えるのが、10月~11月の時期です。この時期は、企業の都合というよりは1月入社に向けて転職活動をする方を狙って、求人を出す企業が増えます。この時期の求人は、経験が比較的浅い方やポテンシャル層の求人も多い傾向にあります。なぜならば、1月入社の場合、3月末~4月の繁忙期まで人材育成に時間をかけることができるからです。

経理の転職にベストなタイミングはいつ?

先に述べた経理の求人が増える時期から考えると、

・1月~2月の求人に応募する場合は4月入社

・6月~7月の求人に応募する場合は9月入社

・10月~11月の求人の応募する場合は1月入社となります。

おおよそ繁忙期の2か月前に求人を出し、繁忙期を終えた時期に入社してもらえるように採用計画を立てるケースが多いです。なぜならば、中途採用は即戦力採用とはいえ、企業文化に馴染んだり、仕事の進め方に慣れるのに時間を要するからです。繁忙期に入社して、十分な教育やサポートができなくなることを避けるための工夫と言えるでしょう。 とはいえ、求人が少ない時期にも急な欠員補充や増員等で募集が行われることもあります。タイミングを見ながらも気になる求人情報はチェックすることをおすすめします。 現職での仕事と転職活動を上手に両立させるためにも、転職エージェントへの登録や転職軸の整理、応募書類の準備などを計画的に行いましょう。

どのように転職活動を進めたらいい?

➀まずは、転職エージェントに登録をしてアドバイザーと面談、転職活動のスケジュールを決めましょう。希望条件によって求人の数や難易度が異なるため、転職活動の軸や優先順位を整理することが重要です。また、現職の都合も踏まえて転職活動の計画を立てていきましょう。転職のプロであるパソナキャリアのアドバイザーにぜひ、ご相談ください。

②転職活動を開始したら、職務経歴書の更新を行い、担当アドバイザーに添削をしてもらいましょう。すぐに求人に応募しなくても職務経歴書を最新の状態にしておくことで、希望の求人が出た時にすぐに応募することができます。また、定期的に職務経歴書を更新することで自分のキャリアを見つめ直すことにもつながります

③担当アドバイザーから、希望に合う求人を紹介してもらいましょう。もし、すぐに応募を検討してない場合でも、定期的に求人の紹介をしてもらうことをおすすめします。なぜならば、急な求人が出ることもあり、いつ魅力的な求人が出るか分からないからです。また、実際に求人をみてみることで転職の一歩を踏み出すきっかけになるかもしれません。 完全に希望条件とに合致していなくても、様々な求人を提案してもらうことで転職市場の動向が分かったり、自身のキャリアに対する視野が広がったりするでしょう。

④気になる求人があれば、応募を検討しましょう。経理の求人数は時期によっても変動します。また、募集枠も限られているため、応募しようか迷っているうちに、すぐに別の人の採用が決まってしまう可能性があります。気になる求人があれば、募集を開始した時期や募集背景、併願して受けた方がいい求人について、担当アドバイザーに相談してみてください。現職の方は、面接に行く時間が作れるかも考えておきましょう。

情報収集と転職市場の動向に気を配ろう!

転職活動は情報収集が成功のカギです。特に昨今の新型コロナウイルスの影響で、転職市場は大きく変化しています。経理は景気動向に左右されにくい職種なので、常に一定数の求人がありますが、企業によっては、中途採用自体を延期や縮小するケースもあります。一方、変化をチャンスと捉え、積極採用に乗り出している企業もあります。

あなたが、いざ転職したいと思った時に、希望する求人が少なかったり、求人の難易度が上がっていたら、焦ってしまいますよね。 新聞やテレビ、インターネットでの情報収集はもちろん、転職エージェントからリアルな最新情報も得るようにしましょう。