スマートフォン版はこちら

ヘッドハンティングされるには?選ばれやすい人材の特徴&選ばれるポイントを解説!

img01.jpg

「ヘッドハンティングされれば、今より上の年収や役職を目指せるかもしれない」と考え、ヘッドハンティングされる方法を探している方も多いのではないでしょうか。ヘッドハンティングされる対象者の“条件”が分かれば、その人材像に近づくための努力をすることも可能です。そこで今回は、「ヘッドハンティングされやすい人の特徴」や「選ばれるためのポイント」などについて分かりやすく解説します。また、転職活動を通じて今より年収を上げるための方法も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

パソナキャリアのハイクラス転職エージェントサービス

そもそもヘッドハンティングとは?

ヘッドハンティングされるには、まずヘッドハンティングの仕組みを理解しておく必要があるでしょう。ここでは、ヘッドハンティングの事業モデルやヘッドハンターの情報源について解説します。

(1)ヘッドハンティングの事業モデル

ヘッドハンティングとは、優秀な人材を必要としている企業に代わって、ヘッドハンティング専門会社のヘッドハンターが人材を見つけ出すサービスのことをいいます。ヘッドハンティング会社は独自の広範なネットワークを駆使して、企業の希望に該当するような人材の候補を洗い出し、個別にアプローチをかけることが一般的です。

(2)ヘッドハンターの情報源とは?

ヘッドハンターは、優秀な人材を探し出すために豊富な情報源を活用しています。例えば、各企業の人事情報やIR情報、業界誌・専門誌、SNS、業界に詳しい人物からの情報などさまざまです。逆にこうした情報源に名前が載りやすいような、知名度が高く豊富な実績のある人物ほど、ヘッドハンティングされやすいことになります。

(3)「登録型ヘッドハンティングサービス」との違いは?

登録型ヘッドハンティングサービスとは、転職エージェント(人材紹介会社)が、転職プラットフォーム上で企業と人材をマッチングするサービスのことです。人材に転職プラットフォームへの登録を促し、企業のニーズに合致するような人材に対して選考のオファーを送ります。近年はこうしたサービスを「ヘッドハンティング」と称している転職エージェントも少なくありません。ただし、あくまで転職エージェントが行うのは求人の紹介や応募の打診です。本来的な意味の「ヘッドハンティング」とは異なるため、区別して使い分ける必要があります。

ヘッドハンティングで転職するメリットとは?

そもそもヘッドハンティングされることで、どのような利点があるのでしょうか。ここでは、大きく3つのメリットを紹介します。

(1)重要なポストを用意してもらえる

ヘッドハンティングの対象となるのは、経営を担える人材や高度な専門スキルを持つ人材など、「ハイクラス」と呼ばれる人たちです。そのため、ヘッドハンティングを受けて転職した後も、経営の中核を担うようなポストを用意してもらえるケースがほとんどでしょう。転職を経て、今より上の役職を狙える可能性も大いにあります。

※「ハイクラス転職」について詳しく知りたい方は、ぜひ「ハイクラス転職とは?一般的な転職との違いや年収の目安、成功のポイントを解説!」の記事も合わせてお読みください。

(2)今よりも厚待遇を受ける可能性が高い

ヘッドハンティングは、通常の転職活動と異なり、企業側から「どうしても入社してほしい」という打診を受けて転職にいたります。そのため、企業側から今よりも高水準な報酬や待遇を用意してもらえる可能性が高くなります。また、市場価値の高い人材だと認められた証でもあるので、勤務条件の交渉も自分の有利に進めやすいでしょう。

(3)スキルアップにつながる

ヘッドハンティングによって主要なポジションを任され、よりチャレンジングな業務を手がけられるケースもあります。また、新たな職場で優秀な同僚たちに囲まれ、切磋琢磨しながら働けるチャンスも増えるかもしれません。結果として、今の職場では得られないような経験を積むことができ、スキルアップできる可能性もあります。

ヘッドハンティングで転職するデメリットとは?

ヘッドハンティングでの転職は、必ずしも良い側面ばかりとは限りません。ここでは、ヘッドハンティングを受けて転職するデメリットについて解説します。

(1)高いパフォーマンスが求められる

ヘッドハンティングの場合は、企業からの期待を一身に背負って入社することになります。ポストや報酬が高いぶん、今よりもハイレベルなパフォーマンスを求められる可能性が高いでしょう。ときには難易度の高い目標の達成や経営を左右するような決断を求められ、精神的なプレッシャーを感じてしまうこともあるかもしれません。

(2)転職前の会社とのトラブルを招きかねない

ヘッドハンティングは「引き抜き」に近いため、転職前の会社から良く思われないこともあります。特に前職で重要な役職に就いていた人は、引き留めにあうケースもあるでしょう。また、同業他社へ転職する際は競業避止義務の有無も考えなければいけません。こうした前の会社との関係から、トラブルに発展する可能性もあります。

(3)慎重な判断をしにくい場合もある

ヘッドハンティングを受けるのは、転職市場には出回らない市場価値の高い人材なので、基本的に転職の予定がない人たちです。そのため、突然ヘッドハンティングの連絡を受け、冷静な判断ができないこともあるでしょう。なかにはヘッドハンターから決断を迫られ、慎重に検討しないまま転職し、後から後悔してしまう人もいます。

ヘッドハンティングを受けやすい人材の特徴とは?

ヘッドハンティングされるには、ヘッドハンティングを受けやすい人材の特徴を知っておくことも重要です。ここでは、大きく4つの特徴について解説します。

(1)市場価値の高い専門スキルを持っている

企業がヘッドハンティングを活用する一つの理由は「専門職」の人材を獲得するためです。だからこそ、高度な専門スキルを有している人材は、選ばれる可能性が高まります。例えば、最先端分野の研究職やエンジニアなどは希少価値が高く、ヘッドハンティングの対象となりやすいでしょう。

(2)優れた実績を残している

社内で優れた実績を残していると、自社の採用ホームページや社内報などでも名前を取り上げられやすく、ヘッドハンターの目にも留まりやすくなります。例えば、全社でもトップクラスの営業成績を記録したり、社長賞や社内コンテストで受賞したりするケースです。目に見える成果は、実力の高さを証明することにもつながります。

※自己PRの方法について詳しく知りたい方は「転職面接で効く自己PRとは あなたの長所の伝え方」こちらの記事もご覧ください。

(3)高い役職に就いている

ヘッドハンティングで採用されることが多いのは、事業の中核となる高い役職のポジションです。そのため、現職で経営に携わっている人材や管理職はヘッドハンティングされる可能性も高まります。特に「事業を成功に導いた」「優秀な人材を多数輩出した」といった実績のある役職者であれば、候補にあげられやすくなるでしょう。

(4)業界内で知名度がある

社外での活動が盛んで、業界内で高い知名度を誇る人材はヘッドハンターのもとにも情報が届きやすくなります。例えば、「講演会へたびたび登壇している」「論文コンテストで受賞した経験がある」「専門誌や業界誌で取材を受けたことがある」「個人名で著書の出版経験がある」といった人は、おのずと社外での評判も高まるでしょう。

ヘッドハンティングで選ばれやすくなるポイントとは?

ヘッドハンティングされるには、具体的にどのようなことを意識すればよいのでしょうか。ここでは、普段の仕事で実践すべき3つのポイントを紹介します。

(1)希少価値の高いスキルを身につける

ヘッドハンティングの候補にあがるためには、企業に必要とされるような市場価値の高い専門スキルを習得することが重要です。特にAIやIoT、ビッグデータ活用をはじめDXの分野では、技術者のニーズも高まっています。そのため、世の中の動きに対して常にアンテナを張り、需要の高い領域で自己研さんに励む努力が必要です。

(2)今の職場で優れた成果をあげる

ヘッドハンターの目に留まるためには、現職で象徴的な実績をあげていることが前提です。そのため、普段から高い目標に挑戦したり、主要ポストの募集時には積極的に挙手したりと、成果を高める姿勢を持つことも大切でしょう。自社のホームページや業界誌などで取り上げられる機会が増えれば、他社からの注目度も高まります。

(3)積極的に人脈を広げる

積極的に人脈を広げ、社外での評判を高めることも一つの方法です。例えば、社外のコンテストへ応募したり、異業種交流会に参加したりと、積極的に社外の人たちと交流を持つ努力も必要になるでしょう。また、ビジネス系のSNSに登録して自身の強みや実績をPRしておくことで、ヘッドハンターとの接点も持ちやすくなります。

より多くのチャンスをつかむには、ハイクラス向け転職エージェントの活用を

ヘッドハンティングされるためには、業界内でも一目置かれるようなスキルや実績が必要なため、ハードルは非常に高いといえます。そのため、転職を通じて今よりも高い年収・役職を目指したい場合には、ハイクラス求人の紹介実績が多い転職エージェントも活用し、自分からチャンスをつかみにいく姿勢が大切になるでしょう。

パソナキャリアは、ハイクラスを目指す方向けの転職エージェントです。求人の約半数が年収800万円以上で、67.1%もの転職者の方が年収アップを実現しています。また、ハイクラスの非公開求人は71.0%と、ハイクラス求人の紹介実績も豊富です。加えて各業界に精通した転職コンサルタントがスキルの棚卸しから求人紹介、企業との年収交渉まで一貫して伴走します。ぜひハイクラス転職の際には、お気軽にパソナキャリアへご相談ください。