スマートフォン版はこちら

ワイズセラピューティックス株式会社の中途採用・求人・転職情報

ワイズセラピューティックス株式会社の中途採用情報ページです。現在募集中の職種の求人・採用情報や、事業内容、会社概要などをご紹介しています。

ワイズセラピューティックス株式会社の求人・採用状況・特徴について

★がんや難病と闘う方々のために、最先端のバイオ技術を応用した抗体治療薬等の医薬品の研究開発をする
 バイオテクノロジー企業

【ビジネスモデル】
■大学や研究機関、他のバイオテクノロジー企業などから新薬候補物質をライセンスインし、臨床試験受託機関(CRO)などを
活用しながら第II相臨床試験までの開発を実施し、通常多額の資金などの経営資源を必要とする第III相臨床試験に入る前に
新薬候補物質を製薬会社などにライセンスアウトすることを基本方針としています。
ライセンスインした新薬候補物質の研究開発を進めることでその付加価値を高め、ライセンスインおよびその後の研究開発に
要した費用を上回る金額でライセンスアウトすることで収益を上げるビジネスモデルです。

【進行中のプロジェクト】
■現在6つの研究開発プロジェクトを展開しており、がんや炎症性疾患など治療薬のニーズが高い疾患を中心に、
バイオテクノロジーを応用した分子標的薬と呼ばれる新しいバイオ医薬品に注力しているのが特色。
さらに物質の種類、対象疾患、研究開発ステージの異なるプロジェクトを組み合わせて持つことでリスクを分散しています。

組換え分子:セレクチンアンタゴニスト 開発ステージ:第Ⅱ相臨床試験
⇒PhaseIIの臨床試験が完了済み。米国にてオーファンドラッグ(希少疾病用医薬品)の指定を受けており、競合薬のない新薬
として、現地企業と資産譲渡契約を結んでいます。
抗CD26ヒト化モノクローナル抗体 開発ステージ:臨床第Ⅰ相治験準備中
⇒米国FDAにがん領域での治験申請(IND)を行い、2008年8月現在、臨床第Ⅰ相治験の準備を行っています。
 2008年9月、日本におけるサブライセンス権付き独占的開発販売権をキッセイ薬品に供与するライセンス契約を締結。

【特色・強み】
■医薬品研究開発先進国である米国に拠点を置くことでトップレベルの研究機関・人材を確保しており、世界的に活動することで迅速な新薬開発を行っています。
■代表取締役CEOの村山氏はアンジェスMGの社長を経て当社を設立。その他経営陣に名前を連ねる方々はファイザー㈱の経理・総務担当取締役や味の素㈱の臨床開発部長など華々しい経歴を持った方々が集まっています。当社のビジネスに将来性、やりがいを感じて集まった人々です。

会社概要

事業内容

■医薬品研究開発

【具体的には】
※医薬品開発の出発点である基礎研究を行っています。将来画期的な新薬になり得る潜在的な薬の種を発掘し、開発プロジェクトを立ち上げています。

※2004年5月米国子会社YsTherapeuticsInc設立
※2004年10月独子会社YsTherapeuticsGmbH設立

設立2003年03月
資本金3340百万円
従業員数36人
売上高-
株式公開-

ご登録いただいた内容をもとに、業界専任のキャリアアドバイザーが、求人状況についてお調べいたします

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。
業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。

  • 医療機関業界・店長・店長候補(30歳・男性)

    他社に比べると求人の質としては明らかによかったです。志望していたものとの合致度も高く、アドバイザーが親切でよかったです。

  • その他業界・学術・DI(27歳・女性)

    企業の情報提供量が多く、質問にも迅速に対応して下さりました。また面接対策についても、それぞれの企業の特色や質問例を提示して下さりました。

  • CRO・SMO業界・ヘルプデスク・テクニカルサポート(30歳・男性)

    定期的に電話で連絡してくださったので、とても信頼できた点が良かった。直接お話しすることで、疑問点や不安がすぐに解消できたし、コミュニケーションが取り易かった点も良かった。

ワイズセラピューティックス株式会社に関連するカテゴリから求人を探す

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役立つ情報をご紹介します。