スマートフォン版はこちら

株式会社東京一番フーズの中途採用・求人・転職情報

株式会社東京一番フーズの中途採用情報ページです。現在募集中の職種の求人・採用情報や、事業内容、会社概要などをご紹介しています。

採用状況・特徴について

【設立経緯】
高校生から鮮魚店で働いていた、代表坂本氏が「とらふぐ料理を切り口に、日本の食文化を変えていきたい」という想いから起業。1996年、「とらふぐ亭」新宿本店をオープンし、1998年に有限会社東京一番フーズを設立。
中間業者を通さず、産地からダイレクトに仕入れを行うことにより、高級な国産とらふぐのフルコースをリーズナブルな価格で提供、業界に革命を起こす。設立からわずか10数年で店舗数は50を越え、2006年には東証マザーズに上場、2015年に東証一部へ指定替え。この度、新型コロナウィルス禍において外食産業の経営環境が激変した中で、当社の6次産業化に近い事業展開を推進している豊田との間で、豊田が運営する寿司店舗チェーン「寿し常」をはじめとする首都圏 26 店舗の事業譲受に係るスポンサー契約を締結し、寿し常を通じて、譲渡対価の払い込みを完了し、事業を譲受しました。
【強み】
◆「6次産業モデル」で(1)養殖=一次産業(2)加工・卸=二次産業(3)消費者への提供=外食=三次産業、を総合して食品のトレーサビリティーを担保し、安全安心を提供出来る強みを持つ
◆海外マーケットへの進出。2017年12月にNY支店OPEN
◆100人の経営者輩出プロジェクト

会社概要

事業内容

【弊社から複数入社実績あり】
■飲食店運営
「泳ぎとらふぐ料理専門店 とらふぐ亭」
「おいしい寿司と活魚料理 魚の飯」
「ふぐ料理専門店 ふぐよし総本店」
「うまい寿司と魚料理 魚王KUNI」
「WOKUNI」
■『とらふぐ』『クロマグロ』『ブリ』の水産養殖業
■大手外食チェーン店を中心とした水産加工食品の卸・小売り業
■外食店へのコンサルティング業
■海外事業(水産加工食品の販売)

【店舗数50店】
(東京34店・神奈川8店・埼玉5店・千葉2店+ニューヨーク1店:2018年11月末現在)

設立1998年10月
資本金478百万円
従業員数192人
売上高4304百万円
株式公開東証一部

株式会社東京一番フーズに関連するカテゴリから求人を探す

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役立つ情報をご紹介します。