スマートフォン版はこちら

株式会社気象工学研究所の中途採用・求人・転職情報

株式会社気象工学研究所の中途採用情報ページです。現在募集中の職種の求人・採用情報や、事業内容、会社概要などをご紹介しています。

採用状況・特徴について

■同社は2004年に関西電力のベンチャー企業として設立し、以降安定成長を続けております。
京都大学と関西電力が保有する気象観測・予測、防災・減災、情報通信に関する研究成果や技術、ノウハウを結集し、人々の生活に多大な損害を与える豪雨、暴風・豪雪・雷・竜巻・渇水等の自然の驚異に対する挑戦と回避を目指し、気象工学の研究と技術開発を行っています。

■研究成果は多くの関連学会で発表し、多くの賞を受賞しています。衛星画像を用いた太陽光発電予測技術「アポロン」は、日本太陽エネルギー学会賞、電気科学技術奨励賞(オーム賞)、電気学会電気学術振興賞、新エネ大賞を受賞しました。

■取引先は、関西電力を中心に、各電力会社や民間企業、自治体、官公庁など多岐にわたります。
移り変わりの激しい社会の中でも、人々の自然災害への意識が無くなることはなく、社会貢献性の高い事業を展開しております。また、昨今の自然災害の多さからも益々ニーズは拡大しており、同社の気象技術に多くの期待が寄せられております。

【サービス例】
■ハイブリッド降雨予測システム ■ゲリラ豪雨24時間監視サービス ■土砂災害リスク情報
■河川・アンダーパス監視システム  ■一斉連絡・安否確認システム ■日射量予測システム

会社概要

事業内容

■気象及び防災全般に関する調査・研究
■各種気象情報の観測・予測・加工・配信
■気象及び防災コンサルティング
■ローカル気象情報の活用等を通じたお客さま価値の創造
■気象工学や気象情報に関する各種サービスの提供

設立2004年09月
資本金10百万円
従業員数55人
売上高736百万円
株式公開-

株式会社気象工学研究所に関連するカテゴリから求人を探す

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役立つ情報をご紹介します。