はたラボ

ビジネスの場面で役立つ文房具5選 文具ソムリエールに聞いてみた

f:id:pasona_career:20180731110711j:plain

 

毎日のように降りかかる事務作業や会議などの仕事。身の回りにある持ち物を買い替えて、それぞれの作業がちょっとラクになったら、もっと楽しくなるのかも?

 

そこで今回は、文具ソムリエールとして活躍する菅未里(かん・みさと)さんに、ビジネスの場面で役立つお役立ち文房具を聞いてみた。

 

f:id:pasona_career:20180731111336j:plain

 

『トラディオ・プラマン』で「上手な字」デビューをしよう

 

f:id:pasona_career:20180731111408j:plain

 

「最初は“書く”文房具をご紹介しましょう」と菅さんが取り出したのは、高級感あふれる見た目のペンだ。いったい、どのような特徴があるのだろうか。

 

「ぺんてる株式会社が発売しているプラスチック製の万年筆『トラディオ・プラマン』(税抜500円)です。普通のボールペンよりも、字が上手に見えるペンなんですよ」

 

字が上手に見えるとはどういう意味だろうか。実際に菅さんに文字を書いてもらった。

 

f:id:pasona_career:20180731111649j:plain

 

「上は『トラディオ・プラマン』で、下はよく売っているボールペンで書きました。比べてみていかがでしょう。線にゆらぎがあるのがわかりますか?」

 

万年筆の魅力は、ボールペンや鉛筆では表現しきれない線の強弱の違い。人によって異なる線の表現力が、文字から温かみを感じるポイントになるというわけだ。

 

「ただ、万年筆を初めて買うのはハードルが高いですよね。『トラディオ・プラマン』の“プラマン”はプラスチック万年筆の略称なんです。金属でできたペン先の万年筆の筆記線を表現するように、ペン先が左右非対称に設計されています。そのため、お手頃なお値段で、字を上手に見せることができるんですよ」

 

 

『修正字消しペンスーパー』で、もう茶封筒を書き直ししない

 

f:id:pasona_career:20180731111834j:plain

 

書く道具に続いて、“消す”お役立ち文房具を紹介してもらった。

 

「ものすごく、ものすごく、ピンポイントな商品なのですが、日ごろ事務作業をしている方にぜひおすすめしたい文房具がこちら、セーラー万年筆が発売している『修正字消しペンスーパー 茶封筒用(税抜300円)』。いま日本では、同様の機能を持つ文房具はほとんど見かけません」

 

名前からもわかる通り、この文房具の機能はただひとつ。茶封筒に書いた文字を修正したい場合に活躍する。白色の修正液ではなく、茶色の修正液なのだ。

 

「たとえば、茶封筒に宛先を書いて、裏面に自分の名前や住所を書いたけれど失敗したことってありませんか? 表面を失敗してしまったなら潔く新しい封筒を取り出す決心もつきますが、ほんのちょっとのミスひとつで封筒を無駄にするのは避けたい……。そんなときにぜひ使ってもらいたい道具です」

 

誰もが知る、こすると消えるボールペン“フリクション(株式会社パイロットコーポレーション)”の台頭により、最近では“消す”文房具の生産数は減少している。減り続ける修正ペン・テープの生産数にも負けずに、昔ながらのデザインを兼ね備えたまま今もなお残り続ける理由こそ、まさにかゆいところに手が届く文房具なのかもしれない。 

 

書くスペースが足りない!そんなときには『ポスト・イット 強粘着モバイルメモ』

 

f:id:pasona_career:20180731112008j:plain

 

「誰もが知る“ポスト・イット”のなかでも、ビジネスに最適なシリーズがあります。それが、3Mジャパン株式会社が発売している『ポスト・イット 強粘着モバイルメモ(税抜500円)』です」

 

これまでに、色・形・サイズそれぞれにおいて、多種多様なラインナップを展開してきた“ポスト・イット”シリーズ。モバイルメモの優れた点は、大きく分けて2点ある。

 

f:id:pasona_career:20180731112049j:plain

 

「まずひとつは、拡張性に富んでいること。“ノートの余白がほんの少し足りない”、“出先でサッとメモしたい”などの、ちょっとした困りごとを解決してくれます。そして、もうひとつがビジネスマンにふさわしい格好の良さ。モバイルメモは、ふせんの汚れを防ぐカバーとしての役割と、ビジネスマンにぴったりのシックなデザインが特徴です」

 

ふせんがクタクタにならない『ポスト・イット ジョーブ 透明見出し』

 

f:id:pasona_career:20180731112137j:plain

 

「用途の異なるふせんとして、もうひとつ。先ほどと同様、3Mジャパン株式会社から発売されている『ポスト・イット ジョーブ 透明見出し(税抜299円)』です。フィルムタイプの丈夫なふせんですが、見出しとしてだけではなくマーキングにも大活躍してくれる優れものなんですよ」

 

見出し用のふせんといえば、多くの場合はノートの端にペタリと付ける活用法を想像するだろう。しかし、菅さんが提案する使い方は少し異なる。

 

「どこまで読んだのか忘れてしまいがちな資料の一列にペタリ、メモを取るなかでのもっとも大切な話題にペタリ。もともとノートの罫線に合った細さでつくられた製品なので、ページに貼るだけではなく“行”や“列”に活用できます」

 

f:id:pasona_career:20180731112221j:plain

 

『ネバノン』でなかなか切れないイライラにさよなら!

 

f:id:pasona_career:20180731112309j:plain

 

「最後は、ビジネス文具の中でも特にイチオシのハサミをご紹介します。丸章工業株式会社が製造している『ネバノン(税抜2,835円)』。これは切れ味がまったく落ちないので、さまざまな場面でハサミを使用するオフィスでぜひ活用してもらいたいですね」

 

ネバノンは、岐阜県関市の刀鍛冶の手によって生まれたハサミだ。流通している多くのハサミには直線刃が使用されているが、ネバノンは曲線刃を使用している。これによって、切る瞬間に刃が触れる面積を最大限少なくできるため、粘着面やビニール面などの切れにくい素材に対しても、抜群の相性を見せてくれるという。

 

「強力なテープやのりなどの接着面を切っても、まったく刃がべたつきません。刃が噛んでしまって切れにくいビニールなんかもスルスル切れるんです。ほかのハサミはもう選べないと感じるくらい、最高の製品です」

 

f:id:pasona_career:20180731112347j:plain

 

今までに感じていた小さなストレスを解消する文房具たち。さっそく明日から手に取ってみてはいかがだろうか。毎日の業務がちょっと楽しくなるだろう。

 

(文・取材:鈴木しの 編集:松尾奈々絵(ノオト))

 

 

パソナキャリア

転職活動には不安が多いと思います。でも活動を始める前の自己分析がきちんとできていれば、あなたの転職活動はきっとうまくいくはずです。不安に思うことがあったら、キャリアアドバイザーに気軽に相談してください。

▼パソナキャリアのアドバイザーとの面談でキャリアの幅を広げよう