スマートフォン版はこちら

50代の転職 失敗しないためのポイントは?

Fotolia_171291450_S.jpg

定年退職までのカウントダウンも始まり、男性・女性を問わず、自身の今までのキャリアを振り返ったり、今後の生き方を考えたりすることも増える50代。このタイミングで転職をしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。いざ、転職活動を始めようと思ったときに内定をもらうまでにどの程度の期間がかかるのか、履歴書や職務経歴書ではどのような自己PRをしたらいいのか、自分のアピールポイントは何なのか……など、悩みや疑問が出てくる人もいるでしょう。今回は、そんな50代(50歳以降)の転職事情に精通しているパソナキャリア Expert Careerチームの糠澤から、50代の方が転職に失敗しないためのポイントをお伝えします。

50代の転職 市場感は?求人の需要はある?

 

ここ数年、求人市場は全体的に活況であり、有効求人倍率も高い水準で推移しています。その中で50代・50歳以降の方の転職事例も増加しており、パソナキャリアでは50代の転職希望者の方を専門的に担当するExpert Career チームを設置し、シニア・ハイキャリア領域の求職者の皆様の活動を支援しております。

転職市場の現実をまず最初にお伝えしますと、最初から50代をターゲットの中心に据える求人はさほど多くはなく、40代の候補者と競合しながら選考が進むケースが多いのが実情です。その中で、50代の方が選考に打ち勝つには高い「専門性」がポイントになります。

業界によってもニーズにやや差があります。特に50代の採用事例が多いのは、電気、機械、化学などのものづくり業界です。こちらは、業種でいうとメーカー(製造業)、商社など、職種でいうと営業、エンジニアなど、幅広く求人需要があります。
これは、20代・30代など、若い世代の理系出身者の減少や、理系の若手が正社員として就職する際、就業先にIT業界を選ぶ傾向が増えているなど、若手の採用が特に苦戦していることも背景にあるでしょう。
こういった業界は、社内の平均年齢は高いものの、シニア層を受け入れ慣れている側面もあると思われます。さらに「専門性」という観点から、かなりピンポイントな技術的経験・知識を求められる求人も多いため、その点がはまれば年齢の壁を打破し、選考がスムーズに進むケースが増えております。

その他の業界ですと、IT業界は年代を問わず有効求人倍率が高い業界であり、採用ニーズに対して絶対的に人手が不足しているため、SI・ベンダー側、事業会社側問わず、50代も視野に入れた採用が増えてきています。
SAPなどの大規模なERP導入経験、トレンドでもあるAWSなどのパブリッククラウドやIoTプラットフォーム開発、AI・機械学習の活用などの高い知見を持つ方は、内定を獲得したという事例も増えております。
とはいえ、業界自体の平均年齢が比較的若いWEB業界などは、シニア層の採用に対し、まだ慎重な企業も多いのが実情です。

また、安定して採用ニーズがある管理系職種についても、法務や監査など高い専門性を求められる職種は、50代の内定が多く出ております。財務経理や人事系については、特にIPO経験者や海外法人の財務経理面の管理経験者、及び人事制度企画経験者などの付加価値を求める求人が多い傾向にあります。

いずれにしても50代の転職では、他の世代には無い専門性・豊富な経験をもって、他の世代に競り勝つ必要があります。

50代の転職を成功させるための心得、失敗しないために知ったほうがいい現実

50代の転職で特に心得ておくべきことは、「中長期的な目線で活動を行うこと」です。
40代の求職者と競合する求人が多いため、特に書類選考通過率が他の世代に比べて低くなる傾向にあります。職種によりバラつきはあるものの、40代と比べると5~10%程度書類選考通過率が低くなる傾向にあります。
会社都合や早期退職・転身制度の利用など特別な事情がある場合を除き、「なんとかなるだろう」と甘い想定で退職後に転職活動を行うと、思わぬ活動の長期化に焦り、かえって良い結果につながらない……ということになりかねません。ある程度は中長期的な活動になることを転職活動当初よりイメージして、書類選考での落選が続いても焦らず、自身の経験やスキルが「はまる」求人を手繰り寄せるまでじっくりと待つ姿勢が必要です。
数十社応募して、ようやく初めて面接に入った会社で一気に選考が進んで内定となり、条件面も前職と同等もしくはそれ以上のオファー額となった例は数多くございます。モチベーションを維持しながら常に積極的に応募していきましょう。

書類選考さえ通過すれば、面接の通過率は他の世代よりも高めに推移しているため、自信を持って面接に臨んでください。
ただし、専門性やスキル面は評価されていても、受け身の姿勢で面接に臨んでしまうと、せっかくの貴重な面接の機会を取りこぼしてしまう恐れがあります。お人柄やポジティブな姿勢は世代に関係なく重視されますので、積極的な姿勢をアピールするようにしましょう。
パソナキャリアでは、模擬面接などの面接対策にも力を入れておりますので、面接に慣れていないと自覚がある方はキャリアアドバイザーへ相談されることをおすすめします。

パソナキャリアの転職サポート登録はこちらから

50代の転職 業界未経験、職種未経験でもチャレンジする余地はある?

50代の転職は、繰り返し申し上げております通り、一定以上の専門性が求められることが多いため、全くの異業界・異職種への転職は率直に申し上げますと難しい傾向にあります。もし異なる業界や職種にチャレンジする場合は、自らのキャリアの専門性とどう結び付けることが出来るかをしっかり見極める必要があります。

例えば営業職では、取り扱ってきた製品は異なるものの売り先である顧客の属性が同じであったり(例:対完成車メーカー向け、対通信キャリア向け、対中央官庁向け、対地方自治体向けなど)、海外営業では特定の地域の商習慣や法規制などに精通していたりすると、そこが「専門性・付加価値」と捉えられることがあります。
しかし、どの業界や職種でも求められる「マネジメント力」については、管理職候補の求人に応募される競合の候補者もほとんどが持ち合わせています。そのため、よほどの実績がない限りは大きな付加価値にならないことが多く、別のアピールポイントをプラスする必要があります。

マンション管理や介護施設の管理者など、50代以上の中高年・シニア層を主なターゲットとしている求人は、業界経験がなくともマネジメント力を生かしてチャレンジできる求人ですが、応募総数が非常に多くなるため、書類選考に突破できたとしても面接で競合する人数が多く、シビアな選考になります。

50代の転職 職務経歴書の書き方・例文は?

職務経歴書についても「専門性」のアピールが必要です。よく見られる汎用的な職務経歴書の構成(簡単な職務要約・時系列での職務経歴詳細・性格面や業務の拘りなどを記載した自己PR)では、他の経験豊富な候補者との差別化がしづらくなります。
おすすめする構成は、以下の通りです。

1. 職務要約を記す
今までの職歴を簡潔に記載します。

2. 自己PRを記載する
専門スキルを含めた自己PRを記載することで、あなたの強みを強調します。
まずは、業務面の強みを記載しましょう。エンジニア職であれば技術スキルを、営業職であれば営業手法、製品知識などを項目別にできるだけ複数記載します。それぞれの項目に簡単な主題をつけ、説明を簡潔に数行程度で記載すると読みやすくなります。また、応募する求人票の応募要件に記載されている事項を優先して上位に記載するとベストです。
その後に、マネジメント力や語学力、業務に対する考え方などの強みを専門スキルと同様、項目別で記載します。ここで意識することは、「アピールポイントを明確にすること」。1ページ目で自分のアピールしたい点を明確にしておくことで、書類選考や面接の担当者にあなたの良さをより簡潔に、わかりやすく伝えることができます。

3. 職務経歴詳細を記す
1.で記載した職務要約についての詳細を記入します。
逆時系列タイプを用い、メリハリをつけて記載するようにしましょう。
現在50代の方が、より主体的に業務を進めるようになったと思われる2000年前後以降の経歴を特に重点的に記載し、それ以前の経歴はやや簡素にまとめると冗長的にならないので、おすすめです。

上記の構成はあくまで一例ですが、50代の求職者の皆さま様が職務経歴書を提出する際は、専門性や豊富な経験を効果的にアピールすることが重要です。
パソナキャリアでは、職種ごとの職務経歴書の書き方の見本・テンプレートもご用意しておりますし、個別に書類添削も承っておりますので、お困りの方はぜひご相談下さい。

50代で転職を目指している方はこちら

転職サポートへのご登録

自分の経験職種に合った求人を探してみましょう

職務経歴書の書き方見本&テンプレート

転職活動での書類選考とは?その基準、通過するためにすべきこと