スマートフォン版はこちら

職務経歴書の書き方見本&フォーマットテンプレートダウンロード

転職活動を行う際、最初の関門となってくるのが「書類選考」です。この難関を通過しなくては面接官に自分自身をアピールする機会は巡ってきません。
採用担当者に「ぜひ会って話をきいてみたい」と思わせるためにも、まずは職務経歴書の雛形を作りましょう。そのうえで、求人票から読み解いたアピール箇所を工夫することで、採用へと近づく職務経歴書を作ることができます。

目を惹く職務経歴書の書き方のポイント

新卒採用と異なり、中途採用ではこれまでの仕事で培った経験などのバックグラウンドは、それぞれ異なります。フォーマットの自由度が高い職務経歴書では、 自分のこれまでの社会人経験をアピールできる書き方をしましょう。

(1)導入の要約はシンプルに
「略歴」「要約」「職務要約」等のタイトルを記入し、3~5行程度で簡潔に記入する。
(2)会社のデータは詳細に
事業内容や資本金、従業員数等、公開されている会社情報は具体的に記載しよう。
(3)根拠や事例を明示しよう
どのような仕事を、どんな工夫をして、どんな成果を出したか。達成率など、具体的な根拠や数字とともに明示する。
(4)昇進などの転機は分けて記載しよう
部署異動などをした場合は、項目を分けて書きましょう。
(5)アピールできるところにはアイキャッチを
応募要件と合致する経験は太字にする・下線をひくなど、わかりやすく記載するとなおよいでしょう。
(6)資格や自己PRも忘れずに
職務経歴を記載した後、「取得資格」や「自己PR」となる能力や経験を別途記しましょう。

3つの書き方のパターンを押さえよう

職務経歴書には、「時系列」「逆時系列」「職種別」などいくつかのパターンがあります。

時系列タイプ

入社時から年代を追って記載する方法。職務経験が短い人や、担当した業務や部署の変更が少ない人に向いています。これまでの仕事を一覧で追えるので、シンプルで見やすいのが特徴。
最も一般的な書き方と言えます。

よく使われる職種

目各業界の営業職・経理・人事などの管理系職種ほか、配属部署や職位によって業務内容がかわる職種。

逆時系列タイプ

最近の職務から年代をさかのぼって記載する方法。即戦力を強調する場合に有利です。キャリアに一貫性がなく、直近の仕事に関連した業界での転職を考えている人や社会人経験が長い人に最適です。

よく使われる職種

汎用的にあらゆる職種で利用可能です。

職種別タイプ

経験した職種ごとに分けて記載する方法。1つの会社の中でいくつかの職種を経験した人や様々な業務を担当していた人に向いている書き方です。

よく使われる職種

エンジニアなどの技術系職種・コンサルタントなどの専門職ほか、プロジェクト単位で業務をすすめる職種。

職務経歴書が作れるパソナキャリアの転職アプリ

職種別職務経歴書の書き方見本のダウンロード

転職エージェント直伝!職種ごとに書き方の見本を記載した職務経歴書のフォーマットテンプレートをご用意しました。ダウンロードをしてご利用ください。サンプルを参考に効果的な職務経歴書を作成しましょう。

転職をお考えの方へ

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。
業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。

女性
広告業界・一般事務(31歳・女性)

かなりの求人票を紹介して頂きました。

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。