スマートフォン版はこちら

広報の職務経歴書の書き方見本&フォーマットテンプレートダウンロード

広報の職務経歴書作成のポイントです。書き方の見本、フォーマットをダウンロードして、職務経歴書を作成する上で必要なポイントをおさえましょう。

広報の職務経歴書作成のポイント

Point1 経歴の棚卸

職務経歴書を作成するにあたっては、まずは自分自身の経歴を時系列的に振り返り、何をやってきたのかを具体的に書き出し、整理しましょう。整理にあたっては、業務を知らない採用担当者が見る事を想定して、職務キーワード毎にまとめると、人事の印象が良くなります。なお、マネジメント経験がある方は役職やメンバーの人数などを必ず記載します。

Point2 職務経歴書は職務要約から

書面の書き出しは職務要約から始めます。3~4行程度で経験業務・業務での実績・マネジメント経験・語学力等、職務経歴書でアピールしたい内容を端的に記載しましょう(数字を活用して記載いただくと、仕事の規模感が伝わりやすいです)。あくまでも要約なので、長くなりすぎないように注意します。

Point3 資格・免許、語学力など

  • ・取得した順に応募求人に関連するものを優先し、正式な名称で記入します。
  • ・等級が分かれているものに関しては、一番上位の資格のみで問題ありません。
  • ・現在勉強中の内容を記入して意欲のアピールにつなげることも可能です。
  • ・近年語学力を求める求人が増加していますので、TOEICや検定等スコア、また語学を使った実務経験(メール・書類作成・電話会議・海外出張等)に関しても、経験年数と併せて記載しましょう。

Point4 レイアウト・枚数

職務経歴書はあなたのプレゼン資料です。枚数やレイアウトなど読みやすく工夫されているか、 実務能力・実績に信憑性のある具体的な数字が記載されているか、注意しましょう。

  • ・枚数は2~3枚でまとめるのが一般的です。
  • ・西暦あるいは和暦が履歴書と揃っているか確認しましょう。

職種別自己PRポイント

  • ・コーポレート広報、社内広報、IRと対象ごとに分けて記載しましょう。
  • ・細かな業務の内容を記述するようにしましょう。リリースを行った対象(商品・サービスなど)とともに、媒体(TV、ラジオ、新聞、雑誌など)も詳しく記述します。
  • ・成果を示すために、効果・反響があった具体例を記述します。また、リーダー経験、仕組みづくりや新たな取り組みを発案・遂行した経験もPR材料になります。

職種別キーワード

【コーポレート広報】
広報PR戦略の立案・実施 /プレスリリース・メディア対応、取材誘致/イベント・展示会企画立案/WEB対応(ホームページ・ソーシャルメディア運営)/カタログ作成/CSR

【社内広報】
社内報作成/各種ツール作成(会社案内、コーポレートサイト、社史等の制作)

【IR広報】
財務分析(アナリスト、機関投資家向け)/開示資料/決算説明会資料作成/機関投資家・アナリストとのコミュニケーション/決算説明会・株主総会開催/パブリシティ戦略

広報の職務経歴書 書き方見本

テンプレートフォーマットのダウンロード

広報の職務経歴書のテンプレートフォーマットをご用意しました。
ダウンロードしてご利用ください。

広報の職務経歴書サンプルダウンロード

職務経歴書が作れるパソナキャリアの転職アプリ

その他の管理・事務の職務経歴書

管理・事務関連のセミナー・個別相談会

管理・事務で開催のセミナーや相談会をご紹介しています。

転職をお考えの方へ

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。
業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。

男性
食品・飲料業界・人事・労務(34歳・男性)

営業担当の方、特に女性の方が元気で、対応も早く、気持ちが良かった。

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。