スマートフォン版はこちら

管理職の転職に適したタイミングとは?円満に退職するためのポイントも解説!

img01.jpg

「管理職として転職を検討しているものの、タイミングはいつにすべきだろう」「そもそも管理職は転職してもいいものなのだろうか」と迷っている方もいるかもしれません。管理職は会社の中核を担っているため、転職となると周囲に大きな影響を与えることになります。そのため、会社への影響と自身のキャリアを総合的に考え、慎重に決断する姿勢が大切です。
そこで本稿では、「管理職が転職を考えるタイミング」や「管理職が転職すべきでないタイミング」について分かりやすく解説します。また、「円満に退職するための注意点」も紹介しますので、転職を決断した際にはぜひ参考にしてみてください。

参考:ハイクラス転職・求人情報サービス

管理職が転職を考えるタイミングとは?

一般的に管理職はどのようなタイミングで転職を考えることが多いのでしょうか。本章では、管理職が転職を考えるタイミングの例について紹介します。

(1)今の環境でこれ以上の成長は見込めないとき

現職で十分なマネジメントスキルを身につけ、「今の職場で学べることはすべて学んだ」というタイミングで転職を考える人もいます。例えば、「小規模組織のマネジメントは十分に経験できたので、転職して管理する部下の人数を増やしたい」「もっと経営に近い役割で、高度なミッションに挑戦したい」といった上昇志向を持っている場合です。さらなる成長を目的とした前向きな転職の場合は、キャリアにとってプラスになるケースも多いでしょう。

(2)明確なキャリアビジョンを叶えたいとき

自分のなかで立てた中長期的なキャリアビジョンを実現するため、転職を決断する管理職もいます。例えば、「いずれ社長のポストに就きたい」「海外でキャリアを築きたい」といったケースです。現職でこうした希望を実現させるのが難しい場合は、キャリアプランに沿って外部へ転進するという選択肢も視野に入ってくるでしょう。

(3)今以上の年収が見込めないとき

管理職として十分に実績を積んでいるものの、年収が期待していたほど上がらない場合に転職を考える人もいます。特に管理職の場合は任されるミッションや責任も大きいため、それに見合わない報酬だった場合は不満も募りかねません。会社によっては、一定の年次・金額から給与が頭打ちになっているケースもあります。上層部に進言しても給与体系が改善されない場合には、転職を通じて今より高い年収を目指すのも妥当といえるでしょう。

(4)昇格・昇進が見込めないとき

今より上のポジションを目指したいにもかかわらず、昇格・昇進が見込めない場合も転職のタイミングといえます。例えば、「部長より上のポジションがすでに埋まっており、何年も人が変わっていない」「実績や成果が正しく評価に反映されず、昇格に結びつかない」という場合は、転職でキャリアアップを目指すのも一つの戦略です。

(5)会社の将来性に問題があるとき

会社の将来性に疑問が生じたタイミングで、転職を考える管理職もいます。例えば、「今の経営戦略では、数年後に事業が立ち行かなくなりそう」「排他的な社風であり、時代の流れに柔軟に対応できていない」といった懸念があるケースです。特に管理職は経営層と現場の橋渡し役として、企業理念や経営方針への賛同が求められます。そのため、自社の成長スピードが鈍化していると感じる場合には、経営基盤の盤石な転職先を探すのも一つの選択肢です。

この記事もCHECK!

管理職ができるだけ転職すべきでないタイミングとは?

管理職には、社内の立場や今後のキャリアを考慮し、転職を避けるべきタイミングがあるのも事実です。本章では、管理職ができるだけ転職すべきでないタイミングについて解説します。

(1)管理職として十分な経験を積んでいないとき

管理職になったばかりで、十分な経験がないタイミングでの転職は好ましくありません。管理職の採用においては、実績をもとに「部下の育成やプロジェクト管理にどれくらい精通しているか」が判断されることもあります。転職でアピールできる定量的な実績がないと、選考で不利になってしまう可能性も高いでしょう。

(2)一時的な不満で感情的になっているとき

会社や人間関係への一時的な不満から、衝動的に転職を選ぶ人もいます。例えば、「部下との相性が合わない」「上層部からのフィードバックに納得できない」といった場合です。しかし、感情的な理由で転職を決めてしまうと、転職活動の際に話す退職理由がどうしても後ろ向きになってしまいます。志望先からも「管理職が感情的な理由で退職するのはどうなのだろう」と懸念される可能性もあるため、転職は冷静に判断することが必要です。

(3)会社に迷惑をかけそうなとき

転職にあたって会社に迷惑をかけそうなタイミングは、できるだけ避けるべきでしょう。例えば、「人手の不足している繁忙期に、突然退職する」「後任が決まっていない状態で退職する」といったケースが挙げられます。自身の今後の人間関係も考えると、周囲から反発を買うような“倫理的”でない転職は好ましくありません。

(4)転職の目的が決まっていないとき

キャリア上の目標が決まっておらず、漠然と転職することは避けたほうがよいでしょう。特に管理職は各社ともポジションが少なく、求人の母数が限られるため、転職が難航する可能性もあります。明確な転職の目的やスケジュール感をイメージせずに退職を選ぶと、思うように転職先が決まらずに後悔してしまう可能性も高いです。

管理職が円満な退職に向けて意識すべき点とは?

管理職が退職を選ぶ際には、社内に迷惑をかけないよう十分に配慮する姿勢が肝心です。本章では、管理職が円満な退職に向けて意識すべき点について解説します。

(1)転職の意向は早めに伝える

突然の退職で会社に迷惑をかけることがないよう、転職の意向はできるだけ早めに伝えておくようにしましょう。法律上は「2週間前」の申し出が必須ですが、管理職の場合は後任の選定や業務の引き継ぎに時間を要します。そのため、遅くとも退職の1ヶ月前、できれば2ヶ月前には退職の意向を会社に伝えておくことが賢明です。

(2)納得性の高い転職理由を考える

退職の意向を会社に伝える際は、上司や上層部に納得してもらいやすい転職理由を考えることも重要です。例えば、「今の会社にはたくさんの経験を積ませてもらい、非常に感謝している」「自身にとって理想のキャリアを実現するために、どうしても転職が必要」という旨が伝われば、会社からの印象も良くなるでしょう。逆に周囲への不平・不満や会社への愚痴に徹してしまうと、退職にあたって印象が悪くなってしまうので注意が必要です。

(3)業務の引き継ぎは入念に行う

管理職の場合は、退職にあたって後任の選定が欠かせません。しかし、今は「管理職になりたくない」という若年層も多く、引き継ぎが難航するケースも考えられます。そのため、後任の選定や業務の引き継ぎ、取引先への紹介、後任の育成といった退職準備はできるだけ早期に着手し、会社への影響を最小限にとどめる姿勢も肝心です。

この記事もCHECK!

管理職がスムーズに転職を実現するポイントとは?

管理職が転職という選択をする場合、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。ここでは、管理職がスムーズに転職を実現するためのポイントについて解説します。

(1)採用トレンドを把握し、自身の実績と照らし合わせる

管理職の場合は、プレイヤーよりも多くの経験や実績が蓄積されているため、選考で何をアピールすべきか迷うこともあります。そのため、企業から求められている役割やスキルを求人で入念に確認し、選考に臨むことが大切です。具体的には、募集中の求人を複数チェックして、共通するキーワードをピックアップし、採用トレンドを把握します。それらを自分自身の実績と照らし合わせてみることで、アピールすべき内容も見つかりやすくなるでしょう。その際、転職エージェントに相談することで、より正確な採用トレンドを把握することが可能です。

(2)マネジメントポリシーを考えておく

管理職は、応募先の社風や経営方針と、本人のマネジメントスタイルが合っているかどうかもチェックされます。場合によっては「部下の育成で大事にしていることは?」といった質問をされることもあるでしょう。そのため、部下との向き合い方や管理方針など、自分ならではのマネジメントポリシーを言語化しておくとスムーズです。

(3)計画的に転職活動する

管理職は社内で重要なポジションを担うからこそ、企業側の見極めも慎重になり、選考回数が増える可能性が高くなります。また、キャリアの棚卸しや1社ごとの企業研究に時間がかかることも想定されます。こうした背景から管理職は転職活動の期間が長期にわたる場合があるので、余裕を持ったスケジュールで取り組むことも重要です。

(4)転職エージェントを活用する

管理職の求人は、企業の経営戦略とも密接に関わっているため、競合他社に知られないよう「非公開」として扱われることがほとんどです。そのため、管理職の転職を成功させるためには、転職エージェントを活用して非公開求人を紹介してもらうことが欠かせません。転職エージェントを活用することで、履歴書の添削や面接対策、企業との交渉もサポートしてもらえます。そのため、よりスムーズに転職活動を進められるようになるでしょう。

まとめ

管理職は企業で中核のポジションを担うため、転職の際には応募先企業との強いスキルマッチ・カルチャーマッチが求められます。そのため、応募先企業の社風や職務を入念に研究し、深く理解することが必須です。その際、転職エージェントへ相談することで、求職者側は得られないような企業の詳しい情報も教えてもらうことができ、有利に転職活動を進められます。

パソナキャリアは、4万5000件以上の求人を取り扱い、「28.4%」を管理職求人が占めるハイクラス向け転職エージェントサービスです。管理職の豊富な転職支援実績を持つ転職コンサルタントが、求人選びから企業との年収交渉まで一貫して支援します。「管理職にとって最適な転職のタイミング」や「管理職の経験を効果的にアピールする方法」などについても相談に乗ることが可能です。ぜひ管理職として転職を検討の際は、パソナキャリアを活用ください。