スマートフォン版はこちら

冬の面接マナー コートの置き方、たたみ方

寒い冬の外出にコートは必需品です。それは面接時も例外ではありません。
しかし、面接の場面において、コートの置き場、扱い方などに悩む人もいます。そこで今回は、コートに関するマナーをご紹介します。

<目次>

  • 1. 転職活動は時期を選ばない、冬のコートはどうする?
  • 2. スーツの上に着るコートの選び方 種類や色のマナー
  • 3. コートを脱ぐ、着るタイミングはいつ?どこで?
  • 4. コートの正しいたたみ方、持ち方
  • 5. ここが難関!? 面接中のコートの置き方、置き場所
  • 6. 傘や、マフラー、手袋はどうする?
  • 7. コートのマナーを理解して、スマートに冬の面接を乗り切る

転職活動は時期を選ばない、冬のコートはどうする?

コートを着て外出することが多い冬場の転職活動。室内に入るとどうしても羽織っているものが荷物になりますし、脱ぐタイミングがわからないという方もいるのでは?冬の時期、面接に臨む際のコートはどうしたら良いのでしょうか。

スーツの上に着るコートの選び方 種類や色のマナー

コートにも色味や素材、形の違いなど、さまざまな種類があります。どのようなコートを選べば良いか迷う人もいると思いますが、面接に適したコートとあまり適さないコートがあることを覚えておきましょう。

面接に着ていくコート。Pコート、フードやファー付きコートでもOK?

普段の通勤では、スーツの上にPコートや、フード・ファー付きのコートを着ている人も多く見られます。厳密に言えば、これらのコートはカジュアルファッションとなるため、ビジネスの場であまり好ましいとは言えません。
ダウンコートやダウンジャケットも同様にカジュアルになるので、面接時はできれば避けた方が良いでしょう。

定番おすすめは、トレンチコートやチェスターコート

ビジネスシーンにも定番コートというものがあります。
トレンチコートや、見た目が背広に近いデザインのチェスターコート、ステンカラーコートなどがビジネス用コートの定番です。
面接もビジネスシーンの一つであることを考えれば、トレンチコートは最適といえるでしょう。定番のトレンチコートであれば、どんな業種や職種でも問題はありません。

ビジネス用コートを選択した場合も、丈の長さには注意しましょう。
男性の場合、丈が短く、コートの裾からジャケットが見えてしまうようなスタイルはNG。逆に女性の場合は、あまり長すぎず、スカートの裾が少し見えるくらいの丈が望ましいです。せっかく定番コートを選んでも、丈が長すぎたり短すぎたりするとビジネスシーンにそぐわないものになってしまいます。

見落としがちな裏地にも注意

ビジネスにふさわしい形のコートでも、裏地に目立つ色や柄が入っていたりすることはあります。ファッション性があるこうしたコートは、やはりビジネスの場には適していません。
裏地はコートをたたんだときに目につくものです。表地と同系色落ち着いた色合いで、無地、あるいは柄が目立たないものを選びましょう。

色は何色ならOK? 白や茶、グレーでも大丈夫?

コートの色を気にする人もいると思いますが、黒やベージュなどベーシックな色であれば、まったく問題ありません。その他、紺色や濃紺なども定番です。白や茶、グレーなどでも特に問題はありません。
しかし、白や茶は年齢やスーツの色味と合わせた着こなしが難しく、見た目の印象に影響する恐れがあります。特に白は汚れが目立つので、清潔感を保つための注意が必要です。

コートを脱ぐ、着るタイミングはいつ?どこで?

普段のビジネスシーンでも、コートの扱いに困っている人はいるのでは?ここで、ビジネスマナーを今一度確認しておきましょう。

コートは玄関の外で脱ぐ

まず、コートは訪問先企業に入る前に玄関の外で脱ぐのが基本です。
集合ビルなどではエントランスでコートを脱いでも構いません。
雨が降っているなどの事情で、外で脱ぎづらく、着たままビルに入ってしまった場合でも、企業の受付で名乗る前には必ず脱ぐようにしましょう。

脱いだコートは歩いているときは手に持ち面談や面接などの際はたたんで鞄の上に置くのがマナーです。

コートの正しいたたみ方、持ち方

ここで、脱いだコートの正しいたたみ方、持ち方を押さえておきましょう。

コートのたたみ方 裏返しが基本

コートは裏返しにたたむのが基本とされています。
その理由は、外気と触れている表面の汚れや花粉などを室内に持ち込まないためです。また、外で脱いだ際にコートを軽く振る、手で払うなどして、コートの汚れを落とすようにするのもマナーの一つです。

裏返しにたたむ理由には、表地が汚れないようにするためというのもあります。面接中に出された飲み物などを万が一こぼしてしまったとしても、裏返しにしてあれば表地にシミが残らずに済みます。

コートのたたみ方 手順

コートをたたむ際は、ただ裏返しにすれば良いわけではなく、面接会場で持ち歩いたり、置いたりしてもきれいに見える正しいたたみ方をする必要があります。

【手順】
1.コートの両肩の部分に内側から手を入れる
2.内側が外側に来るように、くるりと返し、前身ごろと後身ごろがピッタリと合うようにする
3.持ちやすいように上下半分にする


この状態で腕にかけて持ち歩くときれいに見えます。たたんだコートを持ち歩く際は、鞄を持たない方の腕にかけて持つようにしましょう。

ここが難関!? 面接中のコートの置き方、置き場所

コートの取り扱いで一番困るのが、実は面接が開始し、着席する場面です。

背もたれにかける?床に置く?鞄の上?膝の上?正解は……

着席する際にコートをどこに置くか?という悩みをよくお伺いします。正解は鞄の上です。
座る際に椅子の背もたれにかける人もいますが、着丈によってはコートの裾が床についてしまい、見た目も衛生面でもよくありません。床に直に置くのも同様の理由でおすすめできません。
膝の上に置くのは、面接官が入ってきた際や面接終了後に立ち上がって挨拶をするのに邪魔になりますし、コートを手に挨拶をするのは失礼となりますので、これもNGです。

正しいたたみ方をしたコートをさらに半分に折り、鞄の上に置くのがベスト。そのためにも、先述した正しいたたみ方をマスターしておきましょう。自信がない人は、事前に練習しておくことをおすすめします。慣れてしまえば、難しいことはありません。自然にできるようになります。

ハンガーラックがあったら、使っていい?

企業によっては面接会場にハンガーラックの用意があるところもあります。
しかし、ハンガーラックがあるからといって勝手に使うのはNGです。面接官や案内係から「どうぞお使いください」と勧められてから、「ありがとうございます。失礼します」とお礼を述べ使うようにします。

鞄に入れる?ロッカーに預ける?

手が塞がることを避けるためにコートを鞄に入れたいと考える人もいるかもしれません。鞄の中に無理やり詰めるのは、書類などを取り出す際にもたついたり、鞄が膨れ上がって見苦しくなったりとさまざまな問題が生じるため、あまり良い方法とは言えません。やはり、鞄と一緒に手に持つ方がスマートです。
また、最寄り駅まで着ていき、面接に不要な荷物などがある場合は、コートも一緒にロッカーに預けるというのも一つの方法です。

いっそ着ていかないという選択肢もあり

コートのマナーまで考えるのはもう面倒!そんな余裕はない!と思う人もいるかもしれません。
コートの取り扱いやたたみ方に自信がないから、着ていかない方が良い、むしろ気が楽だと考える人もいるかもしれません。それも選択肢の一つです。
着ていかないことがマナー違反にはなりません
ただし、面接に行った後、風邪をひいてしまい、転職活動に支障が出てしまった……といったことのないように、きちんと自己管理、体調管理をすることは大切。コートを着ない場合は、インナーや、マフラー、手袋といった小物などでしっかり寒さ対策をしましょう。

傘や、マフラー、手袋はどうする?

冬本番の寒い時期は、コートだけでなくマフラーや手袋をつける方も多いでしょう。また雨の日は傘も手に持つことになります。ここでは、コート以外の持ち物の扱い方をご紹介します。

傘は傘立てに? 持っておくべき?

面接先企業が自社ビルで傘立てが用意されている場合、もしくは集合ビルでも来訪者が利用できる専用の鍵付きの傘立てがある場合は、それを利用して問題ありません

鍵がない、あるいは開かれた場にある傘立ての場合は、間違われたり、紛失したり、といったことも起こり得ます。面接の場でそうしたことが起こるのは、面接する側も、受ける側もお互いに気分の良いことではありません。仮に採用されても嫌な思い出として残りますので、そうした場合は、持って移動しましょう。

傘を持ったまま移動する場合は、入口に傘袋の用意があればそれを利用し、用意がない場合は、傘の水気をよくきります。
鞄を持たないほうの手で傘を持ち、床を突いたり、引きずったりしないように移動しましょう。

着席する際は、椅子の足元に置いた鞄の横に寝かせて置きます
背もたれや机にかけるのは、話の途中で倒れて音を立てたりして、面接する側もされる側も集中力が欠けてしまう可能性があるので避けましょう。

手袋やマフラーはたたんで鞄へ

手袋やマフラーは、コートと同様に建物に入る前にはずし鞄にしまうようにします。
鞄の中にしまうと、書類を出す時にもたつきそう、という心配がある場合は、手袋はコートのポケットに入れて、コートをたたみ、マフラーは二つ折り、四つ折りなどにして、コートと一緒に手にかけて移動しても良いでしょう。着席するときは、コートとまとめてたたんで、鞄の上に置きます。

コートのマナーを理解して、スマートに冬の面接を乗り切る

コートやマフラー、手袋は防寒具ですので、寒い冬の面接に着用していくこと自体はまったく問題ないでしょう。面接に適した形や色を選び、脱ぎ着をするタイミングや扱い方、マナーを身に付けておけば、特に心配をする必要はありません。

コートのマナーは、転職活動の面接だけでなく、その後のビジネスシーンでも役に立つマナーです。
冬の時期の面接でも本気を出せるよう、そして転職に成功した後、ビジネスマナーを体得したビジネスマンとして活躍するためにも、この機会にコートの選び方、たたみ方をマスターしましょう。

これ一冊で転職活動のすべてがわかる!
「転職必勝ガイド」差し上げます

転職サポートお申し込み

※ご来社いただいた方全員にプレゼントいたします。(求人がご紹介できない場合は、ご来社いただけない場合がございますことをご了承ください)

※転職必勝ガイドプレゼントは、お一人様1冊となります。

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。

新着コラム記事

転職をお考えの方へ

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。
業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。

女性
人材紹介・派遣業界・人材ビジネス・教育関連(28歳・女性)

私の希望職種毎に、多くの求人をご案内してくださいました。強引な紹介や連絡もなく適切な転職サポートをしていただけた印象でした。