スマートフォン版はこちら

二次面接のポイントと対策|万全の準備で転職活動を成功させる!

knowhow_170105-thumb-600xauto-10734.png

一次面接を通過した後に迎える二次面接は、転職活動における大きなヤマ場と言えます。二次面接では、採用された場合に配属される部署の責任者が面接官になることも多く、たとえ一次面接と同じ質問内容だったとしても、一歩踏み込んだ専門的なものになる場合があります。この記事では、二次面接と一次面接、最終面接の違いや二次面接のポイントなどについてご紹介します。

<目次>

  • 1. 二次面接と一次面接、最終面接の主な違い
  • 2. 二次面接で面接官が確認したいこと
  • 3. 二次面接のポイントと対策
  • 4. 二次面接で落ちやすい人の特徴
  • 5. あいまいな点をなくした事前準備で、二次面接を突破しよう

二次面接と一次面接、最終面接の主な違い

採用面接は、各ステップによって面接官が異なります。では、一次面接、二次面接、最終面接と進むにつれて、面接官がチェックするポイントはどう変わるのでしょうか。

●【一次面接】はビジネスマナーや人柄の確認

一次面接は人事担当者が行うことが多く、履歴書や職務経歴書だけでは判断できない、基本的なビジネスマナーやコミュニケーション能力の有無、人柄、社風との相性などがチェックされます。 そのため、あいさつや言葉遣い、服装、髪型など社会人として最低限身に付けておきたい基本項目をしっかりと守ることが大切です。

●【二次面接】は入社後の働き方のチェック

二次面接は、入社後の配属先の責任者(部長・課長など)が面接を行うことが多く、その場合は「即戦力として働けるキャリアやスキルを持っているか」「一緒に働ける人物かどうか」などがチェックされます。業務に関する深い内容の質問で応募者の本気度も見られるため、二次面接が転職活動のヤマ場と言えるでしょう。 二次面接を通過した時点で、現場は「採用したい」という評価を下したと考えられます。

●【最終面接】は社長や役員が「人間力」を見極め

最終面接では社長や役員が面接官となり、会社のビジョンにマッチした人材かどうかが主にチェックされます。二次面接まででスキルや人間性については確認できているため、最終面接では総合的な人間力を見極められると考えていいでしょう。社長や役員が年配の場合も多いため、話し方や服装、立ち居振る舞いなど基本的なマナーが合否に影響する可能性も高いです。

二次面接で面接官が確認したいこと

二次面接では面接官の質問に答えつつ、会社のニーズに的確に応えられる人材であることをアピールしましょう。面接官が見ている主なポイントは以下の3つです。

●入社後に活躍できるか

二次面接では、キャリアやスキル、適性などから、即戦力として活躍できるかどうかをチェックされます。具体的には、前職での仕事内容をはじめ、身に付けたスキルを転職先でどのように活かせるのか、入社後に手掛けたい仕事や実現したいことなどについて、自分の言葉できちんと話せるようにしておきましょう。 転職エージェントに登録して、キャリアアドバイザーのアドバイスを受けると、二次面接での受け答えをまとめるのに役立ちます。

●職場の雰囲気に馴染めるか

キャリアやスキルの高さと同じくらい重視されるのが、「既存の社員とうまく仕事ができるか」というポイントです。人柄だけでなく、服装や希望する勤務体系が転職先の働き方に合うかどうか、部署のアウトプットを最大化するために一緒に力を合わせて取り組める人物かどうかが確認されます。

●会社のビジョンに合致するか

長く働いてもらえる人材かどうかを判断するため、会社のビジョンや方向性と応募者のキャリアプランにズレがないかという点もチェックされます。そのため、5年後、10年後の中長期的なキャリアプランや仕事に対する哲学、今後の人生設計などについて質問されることがあります。

二次面接のポイントと対策

二次面接で面接官に「一緒に働きたい」と思ってもらえれば、採用の可能性は一段と高まります。ただし、一次面接よりもさらに綿密な準備が必要です。

●一次面接の内容のブラッシュアップ

二次面接では、一次面接で答えた内容について、さらに深く聞かれることがあります。一度答えた内容をより具体的に説明できるようにブラッシュアップしておくことが重要です。 また、履歴書・職務経歴書の内容や一次面接での回答との整合性があるかどうかも見られます。一次と二次で回答に矛盾があると、評価が下がり不採用となってしまう可能性が高いので、一貫した回答を心がけましょう。

●志望動機の深掘り

転職を決意したきっかけと志望動機は二次面接でも聞かれる質問です。そのため、どのような質問が来ても対応できるように、十分に準備しておく必要があります。応募する職種によって求められるスキルや経験も異なるので、アピールすべきポイントを踏まえて志望動機を作成するようにしましょう。

<志望動機の例:営業職の場合>

「このたび貴社に応募いたしましたのは、前職で培った営業経験とスキルを活かせると考えたことが理由です。 私は前職で毎日○件以上の取引先に赴き、担当者との打ち合わせや商談、商品のメンテナンスなどを行ってまいりました。各取引先の担当者とも親密な関係を構築し、『○○君だから、お願いしている』というありがたい言葉をいただいたこともあります。昨年下半期には営業2部でトップの成績を収めました。 ○○を扱う営業は初めてですが、現在書籍を読みながら業界に関する勉強をしています。入社後は即戦力として活躍し、売り上げナンバーワンを目指したいと考えております。」

また、志望動機に対して「それなら別の会社でも良いのでは?」などと、わざとネガティブなことを言われる場合もあります。 そのような質問が来たときは、どのように対応するかを見られているので、冷静さを保ち、誠実に回答するよう心がけましょう。

●客観的な自己分析・自己評価を行う

時には自身の内面的な部分に切り込んでくる質問もあります。客観的な自己分析や評価を行い、自分の強みと弱みを具体化しておくことが重要です。友人や同僚、キャリアアドバイザーなども活用して、第三者からの視点を入れると良いでしょう。

ただし、弱みはそのまま伝えるとマイナスのイメージを与えるだけで終わる恐れがあるため、表現を工夫して話す必要があります。例えば、「あなたの弱みは何ですか?」という質問に対して、神経質な点を言いたい場合は「細かいところをつい気にしてしまう性格ですが、その分、何事も慎重に進めます」などとポジティブな言い回しにすることで印象が変わります。

●困難な仕事に取り組んだ経験や失敗をリカバリーした経験をまとめておく

困難な仕事を乗り越えて、どのような結果を得られたのか、大きな失敗をしたときにどのように対処し、リカバリーしたのかを具体的なエピソードを交えて説明できるようにしておきましょう。いずれも二次面接で聞かれやすい質問です。

●転職先で実現したいことを明確化する

貢献できそうなスキルや経験を棚卸しし、転職先でできること、実現したいことを明確にしておきましょう。自分を採用した場合のメリットをアピールすることで、面接官に「採用したい」と思わせることが大事です。ただし、実現したいことは、転職先が求めるニーズに合った内容にしましょう。

二次面接で落ちやすい人の特徴

一次面接は通過できるのに、二次面接をなかなか突破できないという人には、共通点があります。自分に当てはまる点はないか、チェックしてみましょう。

●キャリア・スキルが不足している

業務に関する基本的な質問に答えられない場合は、キャリアや知識、スキルが不足していると見なされ、マイナス評価となる可能性が高いでしょう。ただし、ポテンシャルを期待される第二新卒の採用面接では、キャリアやスキルが多少不足していても、人柄や向上心などで二次面接を通過できることもあります。その場合は積極的に学ぶ姿勢を見せるようにしましょう。

●一次面接と言っていることが違う

一次面接と同じ質問をされたときに一貫性がない回答をすると、不信感を持たれる恐れがあります。また、「~の部署を志望していますが、~の部署に配属されても大丈夫です」という答え方も、「本当は何がしたいのか?」と思われるため、避けましょう。

●転職希望先の会社に対する知識が乏しい

複数の企業に同時に応募している人のなかには、企業の公式サイトさえ十分に見ていないという勉強不足の人もいます。応募した企業に関する基本的な知識がないと、「本当に志望しているのだろうか?」と入社意欲を疑われます。応募前によく企業研究を行いましょう。

●待遇ばかり聞く

待遇面の質問ばかりするケースもNGです。面接官から、「この人は仕事内容ではなく、待遇面にしか興味がないのか」と思われる可能性があります。待遇面や条件などは、キャリアアドバイザー経由で聞くのが良いでしょう。

●前職または現職への批判や悪口を言う

前職や現職への批判や悪口を言うのは、二次面接でなくても避けましょう。転職理由を聞かれたときに、会社や上司への不満を正直に話してしまう人がいますが、「この人は、この会社に来てもすぐに不満を感じてしまうのではないか」と面接官は考え、不合格の可能性が上がってしまいます。面接の場が和やかな話しやすい雰囲気になると、気が緩んで愚痴が出てしまうこともありますので、注意しましょう。

●扱いにくい印象を与える

面接の場で、「できればマネジメントはやりたくありません」「上司に反対意見があるときはどうすればいいですか?」などと質問すると、「扱いにくそう」という印象を与える恐れがあります。「一緒に働きたい」と思われるような言動を心がけましょう。

あいまいな点をなくした事前準備で、二次面接を突破しよう

二次面接は、転職希望者だけでなく、企業にとってもヤマ場であるため、回答があいまいな部分や矛盾点があれば、掘り下げて質問が行われます。そのため、どのような質問を受けても、落ち着いて返答ができるように、あらかじめしっかりと準備をしておくことが大切です。 二次面接を通過できれば、現場からのお墨付きをもらったということ。内定にさらに一歩近づくことになるので、気負ったり、不安がったりすることなく、真摯に回答することを心がけましょう。