スマートフォン版はこちら

横浜市のレジャー・アミューズメント・スポーツ業界の求人・転職情報

転職エージェント「パソナキャリア」が紹介する横浜市のレジャー・アミューズメント・スポーツ業界の求人情報。
高い専門性を持つ専任のキャリアアドバイザーがひとつ上のレベルの転職を支援します。

公開中の求人5件中 1~5件を表示

  • 株式会社横浜DeNAベイスターズ
    オープンポジション 総合エントリー

    年収
    350万円~1000万円※経験に応ず
    勤務地
    神奈川県
    • 正社員
    • 転勤なし
    仕事内容

    現在積極募集中の職種以外での採用をご希望の方は、エントリー後に登録内容を拝見させて頂き、合格者の方には面接等を経た上でご内定までにご希望とご経歴にマッチしたポジションをこちらからご案内させて頂きます。下記は配属の一例です。
    ■経営・IT戦略部:調査・分析等を通じたマーケティング業務や計数計画業務、「I☆YOKOHAMA」「CLUB BAYSTARS」などのブランドPJTや地域連携PJTの推進、全社のシステム管理、Webコミュニケーション、顧客向けサービスのIT化促進など
    ■広報・PR部:チーム、事業に関するPR・広報活動や各種広告ビジュアルの制作など
    ■営業部:スポンサー獲得営業、年間シート販売などの企画立案
    ■チケット部:チケット販売、販売施策の企画・立案、ファンクラブの運営などに関わる業務全般
    ■MD部:球団オフィシャルグッズ、+Bの商品企画、販売、ECサイトの運営など
    また、販促企画の立案実行
    ■管理本部:人事、総務、経理、法務など

    会社特徴

    横浜DeNAベイスターズは、2011年12月の誕生以来、「良質な非常識」をコーポレートアイデンティティに掲げ、さまざまな取り組みを実施、4年で観客動員数165%増などを達成しております。
    野球が好きな人から野球を観たことがない人まで、多様な人がスタジアムに集いコミュニケーションを育むことを目指す『コミュニティボールパーク化構想』や、横浜の街を野球で盛り上げるイベント『YOKOHAMA STAR☆NIGHT』など、私たちは、野球をきっかけに”横浜”に関わるすべての人々が一つにつながることを目指しています。
    【球団経営の第2段階―球団ではなくなる?】
    同社は単なる球団経営だけでなく、”街づくり”に関するリリースを立て続けに出しており、「横浜スポーツタウン構想」を掲げております。「THE BAYS」は市の指定文化財である旧関東財務局横浜財務事務所のリノベーションにより2017年3月にオープン、クリエイターらが集い新たな産業創出の拠点となっております。その他ライフスタイルショップである「+B」の県内各地出店、横浜市との協定締結など、一球団運営会社ではなく、多方面での成長が期待できる企業です。
    ※横浜スタジアムの改修工事は2020年2月に完了予定

    勤務地

    神奈川県横浜市中区尾上町1-8 関内新井ビル7F
    東京都(東京駅より電車約40分で関内駅)

    担当者のコメント

    ☆2015年1月に新たに、株式会社ディー・エヌ・エー創業者で同社の取締役ファウンダーを務める南場智子氏がオーナーに就任。より強く、より楽しく、ファンの皆様にもっともっと楽しんでいただける球団を目指します。
  • 株式会社横浜DeNAベイスターズ
    【横浜DeNAベイスターズ】商品企画担当

    年収
    350万円~600万円※経験に応ず
    勤務地
    神奈川県
    • 正社員
    • 転勤なし
    仕事内容

    横浜DeNAベイスターズのオフィシャルグッズの企画開発を担当していただきます。
    ◆具体的な業務
    ・同社のブランド(球団)に連携した商品企画
    ・新商品の企画開発
    ・メーカーとの商談
    ・売れ筋商品および数値分析
    ・商品の販売計画立案
    ・売上増加施策の立案
    など部署内の課題解決に向けた改善に対し、幅広くご担当頂きます。

    会社特徴

    横浜DeNAベイスターズは、2011年12月の誕生以来、「良質な非常識」をコーポレートアイデンティティに掲げ、さまざまな取り組みを実施、4年で観客動員数165%増などを達成しております。
    野球が好きな人から野球を観たことがない人まで、多様な人がスタジアムに集いコミュニケーションを育むことを目指す『コミュニティボールパーク化構想』や、横浜の街を野球で盛り上げるイベント『YOKOHAMA STAR☆NIGHT』など、私たちは、野球をきっかけに”横浜”に関わるすべての人々が一つにつながることを目指しています。
    【球団経営の第2段階―球団ではなくなる?】
    同社は単なる球団経営だけでなく、”街づくり”に関するリリースを立て続けに出しており、「横浜スポーツタウン構想」を掲げております。「THE BAYS」は市の指定文化財である旧関東財務局横浜財務事務所のリノベーションにより2017年3月にオープン、クリエイターらが集い新たな産業創出の拠点となっております。その他ライフスタイルショップである「+B」の県内各地出店、横浜市との協定締結など、一球団運営会社ではなく、多方面での成長が期待できる企業です。
    ※横浜スタジアムの改修工事は2020年2月に完了予定

    勤務地

    神奈川県横浜市中区尾上町1-8 関内新井ビル7F
    東京都(東京駅より電車約40分で関内駅)

    担当者のコメント

    ☆2015年1月に新たに、株式会社ディー・エヌ・エー創業者で同社の取締役ファウンダーを務める南場智子氏がオーナーに就任。より強く、より楽しく、ファンの皆様にもっともっと楽しんでいただける球団を目指します。
  • 株式会社横浜DeNAベイスターズ
    経理担当

    年収
    350万円~600万円※経験に応ず
    勤務地
    神奈川県
    • 正社員
    • 転勤なし
    仕事内容

    横浜DeNAベイスターズの経理業務全般をご担当いただきます。
    ◆具体的な業務
    ・球団及び連結子会社の経理/税務全般
    ・連結決算及び親会社への決算報告
    ・管理会計及び取締役会等での決算報告
    ・社内の決算業務インフラの構築など業務フローの改善
    【配属】管理本部 経理グループ グループ4名

    会社特徴

    横浜DeNAベイスターズは、2011年12月の誕生以来、「良質な非常識」をコーポレートアイデンティティに掲げ、さまざまな取り組みを実施、4年で観客動員数165%増などを達成しております。
    野球が好きな人から野球を観たことがない人まで、多様な人がスタジアムに集いコミュニケーションを育むことを目指す『コミュニティボールパーク化構想』や、横浜の街を野球で盛り上げるイベント『YOKOHAMA STAR☆NIGHT』など、私たちは、野球をきっかけに”横浜”に関わるすべての人々が一つにつながることを目指しています。
    【球団経営の第2段階―球団ではなくなる?】
    同社は単なる球団経営だけでなく、”街づくり”に関するリリースを立て続けに出しており、「横浜スポーツタウン構想」を掲げております。「THE BAYS」は市の指定文化財である旧関東財務局横浜財務事務所のリノベーションにより2017年3月にオープン、クリエイターらが集い新たな産業創出の拠点となっております。その他ライフスタイルショップである「+B」の県内各地出店、横浜市との協定締結など、一球団運営会社ではなく、多方面での成長が期待できる企業です。
    ※横浜スタジアムの改修工事は2020年2月に完了予定

    勤務地

    神奈川県横浜市中区尾上町1-8 関内新井ビル7F
    東京都(東京駅より電車約40分で関内駅)

    担当者のコメント

    ☆2015年1月に新たに、株式会社ディー・エヌ・エー創業者で同社の取締役ファウンダーを務める南場智子氏がオーナーに就任。より強く、より楽しく、ファンの皆様にもっともっと楽しんでいただける球団を目指します。
  • 株式会社横浜DeNAベイスターズ
    スポンサー営業

    年収
    350万円~600万円※経験に応ず
    勤務地
    神奈川県
    • 正社員
    • 転勤なし
    仕事内容

    【横浜DeNAベイスターズのスポンサー営業をお任せいたします】
    営業担当として、既存スポンサー様への提案、新規スポンサー獲得に向けた営業活動を行っていただきます。
    ■具体的な業務
    ・試合協賛、イベント協賛などの提案営業活動
    ・シーズンシートの企画販売
    ・各スポンサー様協賛試合のフォロー
    ・新規商品の企画設計、営業戦略の策定など
    ※業務ボリュームとしては、営業7割、営業企画3割程度の想定

    会社特徴

    横浜DeNAベイスターズは、2011年12月の誕生以来、「良質な非常識」をコーポレートアイデンティティに掲げ、さまざまな取り組みを実施、4年で観客動員数165%増などを達成しております。
    野球が好きな人から野球を観たことがない人まで、多様な人がスタジアムに集いコミュニケーションを育むことを目指す『コミュニティボールパーク化構想』や、横浜の街を野球で盛り上げるイベント『YOKOHAMA STAR☆NIGHT』など、私たちは、野球をきっかけに”横浜”に関わるすべての人々が一つにつながることを目指しています。
    【球団経営の第2段階―球団ではなくなる?】
    同社は単なる球団経営だけでなく、”街づくり”に関するリリースを立て続けに出しており、「横浜スポーツタウン構想」を掲げております。「THE BAYS」は市の指定文化財である旧関東財務局横浜財務事務所のリノベーションにより2017年3月にオープン、クリエイターらが集い新たな産業創出の拠点となっております。その他ライフスタイルショップである「+B」の県内各地出店、横浜市との協定締結など、一球団運営会社ではなく、多方面での成長が期待できる企業です。
    ※横浜スタジアムの改修工事は2020年2月に完了予定

    勤務地

    神奈川県横浜市中区尾上町1-8 関内新井ビル7F
    東京都(東京駅より電車約40分で関内駅)

    担当者のコメント

    ☆2015年1月に新たに、株式会社ディー・エヌ・エー創業者で同社の取締役ファウンダーを務める南場智子氏がオーナーに就任。より強く、より楽しく、ファンの皆様にもっともっと楽しんでいただける球団を目指します。
  • 株式会社横浜DeNAベイスターズ
    事業戦略担当

    年収
    350万円~600万円※経験に応ず
    勤務地
    神奈川県
    • 正社員
    • 転勤なし
    仕事内容

    【横浜DeNAベイスターズの事業成長に向けた戦略の企画・立案、各種プロジェクトの推進、各事業部との連携による、戦略策定など幅広くマネジャーとともに担当いただきます】
    具体的には以下のような業務を想定しています。
    ・横浜スタジアムの改修等を含む、中期経営計画の策定
    ・来場者調査などの各種マーケティング/調査分析
    ・各部門戦略策定サポート、部門横断施策/個別部門重点施策の進捗管理、サポート
    ・「横浜スポーツタウン構想」「THE BAYS」等の新規事業計画、推進

    会社特徴

    横浜DeNAベイスターズは、2011年12月の誕生以来、「良質な非常識」をコーポレートアイデンティティに掲げ、さまざまな取り組みを実施、4年で観客動員数165%増などを達成しております。
    野球が好きな人から野球を観たことがない人まで、多様な人がスタジアムに集いコミュニケーションを育むことを目指す『コミュニティボールパーク化構想』や、横浜の街を野球で盛り上げるイベント『YOKOHAMA STAR☆NIGHT』など、私たちは、野球をきっかけに”横浜”に関わるすべての人々が一つにつながることを目指しています。
    【球団経営の第2段階―球団ではなくなる?】
    同社は単なる球団経営だけでなく、”街づくり”に関するリリースを立て続けに出しており、「横浜スポーツタウン構想」を掲げております。「THE BAYS」は市の指定文化財である旧関東財務局横浜財務事務所のリノベーションにより2017年3月にオープン、クリエイターらが集い新たな産業創出の拠点となっております。その他ライフスタイルショップである「+B」の県内各地出店、横浜市との協定締結など、一球団運営会社ではなく、多方面での成長が期待できる企業です。
    ※横浜スタジアムの改修工事は2020年2月に完了予定

    勤務地

    神奈川県横浜市中区尾上町1-8 関内新井ビル7F
    東京都(東京駅より電車約40分で関内駅)

    担当者のコメント

    ☆2015年1月に新たに、株式会社ディー・エヌ・エー創業者で同社の取締役ファウンダーを務める南場智子氏がオーナーに就任。より強く、より楽しく、ファンの皆様にもっともっと楽しんでいただける球団を目指します。

関連の求人を探す