スマートフォン版はこちら

人事の仕事とは? 仕事内容、総務や労務との違い、やりがいを解説します

Fotolia_210025094_S.jpg

「人事」と聞くと、「採用に携わる仕事」「面接を行ったり、採用セミナーで登壇して話す仕事」といったイメージをされる方が多いのではないでしょうか。今回は、人事の人が実際にどのような仕事をしているのか、具体的な業務内容や、総務・労務など他の管理部門系職種との仕事内容の違い、人事の仕事のやりがいやつらいと思うポイント、求人の探し方や気にするべきポイントなどを、パソナキャリアで人事職を中心に転職サポートを行う藤野から、分類分けしてご紹介します。

人事の仕事とは?

人事部門の仕事は、企業にとって大切な財産である「ヒト」を活かすことです。
一般的には、新卒や中途採用をイメージされることが多いですが、採用業務だけでなく「募集・採用から退職に至る」まで、「従業員に関する業務」を行うことが主となります。

企業は人材を確保し、育成・活用することで利益を増大させることができます。
人事の使命は、社員を採用し、経営基盤のさらなる安定を図ることです。そのため、人事担当者は、社長や役員などの経営幹部とも関わりを強く持ち、業務を行っていきます。

人事は具体的にどのような業務を行っているのか?

人事の業務を一覧にすると、主に6つの分野に分類することができます。

1. 人材を確保する(雇用管理・採用企画)
企業の事業が正常に運営されるように、採用計画の策定や採用活動、入退社手続き、定着率向上に向けた施策の企画運営を行います。

2. 人材を活用する(人事管理)
従業員の適性・能力に応じ、配置・異動を決定したり、昇格・昇進の管理、評価制度の運用、等級制度の構築・見直しを行うことで、従業員が気持ちよく働ける環境を整備します。

3. 人材を育成する(キャリア開発・能力開発・組織開発)
人事面談を実施したり、教育研修の企画運営を行い、従業員の能力を高め、会社の業績に結び付けます。

4. 働き方をマネジメントする(労働条件管理)
就業規則の運営・改定、勤怠管理、休暇管理を行います。

5. 報酬を払う(報酬管理)
給与計算や税金の処理、年末調整、退職金、企業年金の事務業務はもちろんのことですが、それに加え、給与体系の見直し、昇給、賞与の決定も行います。

6. 働きやすい環境を整える
従業員が安心して働くことができるように、労働保険・社会保険への加入手続きなどを行います。

人事と総務・労務の業務内容の違いは?

転職活動・就職活動をされる方から、「人事と総務・労務の仕事は、どう違うのでしょうか?」といった質問をいただくことがあります。
企業規模によっては、前の段落で述べた人事業務が「人事部」「人事総務部」「人事労務部」といった組織内で行われていることも多くあります。業務内容は企業によってさまざまですが、代表的な業務内容は以下の通りです。

●総務
来客対応、受付対応、備品の管理、社内外行事の企画、株主総会の企画運営、CSR活動、防火防犯対策など、企業全体に携わる仕事を担当しています。

●労務
給与計算、社会保険手続き、就業規則管理、勤怠管理、福利厚生業務、健康診断や衛生委員会実施などが主な仕事です。

企業規模(大企業か、中小企業か)や部署の人数によって、採用から総務・労務までの業務を一人で担当している企業もあれば、給与計算のみ、新卒採用業務のみといった形で、業務内容が細分化されていることもあります。また、社会保険手続きや給与計算は外部の協力会社などにアウトソーシングしているケースもあり、労務担当者が協力会社との窓口を担っている場合もあります。

人事の仕事のやりがいは?つらい仕事なの?

人事の仕事は、会社全体の中でも重要なポジションです。「やりがいはあるが、つらい」「忙しすぎる」とついマイナス面ばかりが目についてしまい、「やめたい」と感じてしまうこともあるかと思いますが、人事というポジションだからこそ感じることができるやりがいも多くあります。

まずは、自分が採用した社員の活躍する姿を見ることができる点です。
人事は、社員の評価や昇格・昇進などの個人情報を持っているので、業務の悩みを他部署の人に相談がしにくいといったことも悩みの一つとしてあるようです。
しかし、社員一人ひとりとコミュニケーションを取る機会も多く、新卒採用や中途採用など、自身が採用に携わった社員との関わりを入社後も継続していくことができます。自分が面接をした人が成長する姿、楽しそうに働く姿を見ることで、「人事」という仕事へのやりがいを感じることができるでしょう。

また、人事の仕事は先述したように、企業戦略と直結する業務が多く含まれています。そのため、仕事を行うことで経営に大きく貢献することが可能です。影響力がある仕事でもあるため、責任も伴いますが、戦略的・長期的な視点で業務を行い、経営に関わることができる点は、大きなやりがいにつながります。

人事の採用・求人の見つけ方は?どのような点に気を付けるべき?

現在、人事の仕事をしているけれど、もっとキャリアアップしたい。仕事の幅を広げるために転職をしたい。そうは言ってもどうやって自分の希望が叶う転職先を探したら良いのか……とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

中途採用で人事の求人を探す際、転職エージェントに相談する、転職サイトで検索をする、ハローワークで求人を探す、自分が気になっている企業の採用ページを見るなど、さまざまなアプローチ方法があるかと思います。
いずれにせよ、求人を探す際の大事なポイントは、同じ「人事」という職種の求人募集でも、その会社の人事職が企業組織の中でどのような業務を行っているか、その会社で人事の仕事をすることでどのようなキャリアが積めるかをきちんと確かめることです。また、部署構成も大事な要素となります。

これらの情報は、求人票に記載されている場合もあれば、応募時には開示されていない場合もあります。
しかし、採用、教育、労務など人事業務をすべて担う管理部門のスペシャリストを目指すことができるのか、それとも採用や労務に特化し、担当業務を極めることができるポジションなのか、どちらかによって今後のあなたのキャリアの方向性も変わってくるはずです。
自分が目指したいと考える業務ができるかどうかは、転職先を決める上で重要な要素のひとつ。できる限り情報を集め、自分の希望に一番合った仕事ができる企業を見極める必要があります。

パソナキャリアでは、管理部門専門のキャリアアドバイザーから各企業の人事部門の部署構成や業務内容などの企業情報をお伝えすることはもちろん、あなたの経験(キャリア)や要望に合わせた求人のご紹介、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策などを通して、あなたの転職のお手伝いをいたします。
非公開求人も含め、あなたの希望に沿った企業をお探しいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

人事職で転職を目指している方はこちら

転職サポートへのご登録

人事職(採用・労務・制度設計・研修)の求人・転職特集

人事の職務経歴書の書き方見本&テンプレート

【人事職】社員を支える人事職を目指すための志望動機の書き方のコツ