スマートフォン版はこちら

人事に必要な資格5選!転職に必要なスキルについても解説!

img_humanresources01.jpg

人事としてスキルアップしたり、転職したりする際に、資格は一つの武器になります。もちろん実務経験が最重要ではありますが、資格を持っていることで一定の知識やスキルを有していることが証明できます。また、資格取得に向けた勉強の過程で、実務だけでは得られない知識を身に着けることができるでしょう。

資格といっても、人事の業務に役立つ資格はたくさんあります。キャリア支援・転職支援のプロの目線から、特におすすめの資格5選をご紹介させていただきます。
パソナでは無料の転職サポートを行っています。人事のキャリアに関するご相談や転職市場の情報提供も可能ですので、お気軽にご相談ください。

 

人事におすすめの資格5選

社会保険労務士

社会保険労務士の資格は、人事のなかでも「労務」の領域に携わるのであれば、非常に役立つ資格です。
社会保険労務士は、労働保険、社会保険、年金関係の手続きや就業規則の作成など、人事・労務の専門家としての国家資格です。労務全般の基本的な知識を身に付けられるほか、キャリアアップや転職でも有利となる資格です。
誰でも受験できるものではなく、難易度も高いため専門の講座を利用して勉強するとよいでしょう。

受験資格 受験資格は、おもに「学歴」「実務経験」「試験合格」の3つに分けられる 詳しくは、以下「社会保険労務士試験 オフィシャルサイト」を参照ください
実施時期 8月ごろ
受験手数料 9,000円
受験者数 直近、2020年8月23日(日)の試験に関しては、34,845人
(※2021年2月19日時点)
合格率 直近、2020年8月23日(日)の試験に関しては、6.4%
(※2021年2月19日時点)

社会保険労務士試験 オフィシャルサイト

産業カウンセラー

産業カウンセラーは、社内の人間関係やストレスなどの悩みを抱えている人の相談を受けて、アドバイスをする専門家です。働く人たちの心のケアを行うことができ、メンタルヘルス対策を強化する企業が増えているため、ニーズの高い資格だといえるでしょう。
学科試験と実技試験があり、受験資格も設けられていますが、合格率は65~70%であるため、しっかりと勉強すれば産業カウンセラーとして活躍することができるでしょう。

受験資格 受験資格は全部で3つあり、どれか一つに該当すれば試験を受けられる 詳しくは、以下「一般社団法人 日本産業カウンセラー協会 JAICO」を参照ください
実施時期 1月ごろ
受験手数料 学科試験:10,800円(税込)
実技試験:21,600円(税込)
受験者数 直近、2019年度の試験に関しては以下のとおり。
学科試験:2,788人
実技試験:1,122人
(※2021年2月19日時点)
合格率 直近、2019年度の試験に関しては以下のとおり。
学科試験:69.4%
実技試験:66.5%
(※2021年2月19日時点)

一般社団法人 日本産業カウンセラー協会 JAICO

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントは、働く人の経験やスキルに基づき、キャリア形成の支援を行う専門家。社員の“教育研修”や“制度企画”などの領域での活躍も期待できるでしょう。
受験資格はありますが、特定の講座を受講すれば、受験することができるので、人事経験や人材業界での経験がない方でもチャレンジできます。合格率は60%ほどで、5年おきに更新が必要ですが、人事としてのキャリアアップにも役立つ国家資格です。

受験資格 ・厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了している
・労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力開発及び向上のいずれかに関する相談に関し3年以上の経験を有している
・技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験又は実技試験に合格している
・2016年3月まで実施されていた「キャリア・コンサルタント能力評価試験」の受験資格である養成講座を修了している
実施時期 学科・実技論述試験:3月ごろ、6月ごろ、10月ごろの3回
実技面接試験:3月ごろ、7月ごろ、11月ごろの3回
受験手数料 学科試験:8,900円(税込)
実技試験(論述試験・面接試験):29,900円(税込)
受験者数 直近、第15回の試験に関しては以下のとおり
学科試験:2,835人
実技試験:2,896人
(※2021年2月19日時点)
合格率 直近、第15回の試験に関しては以下のとおり
学科試験:75.3%
実技試験:61.7%
(※2021年2月19日時点)

特定非営利活動法人キャリアコンサルティング協議会
特定非営利活動法人日本キャリア開発協会

メンタルヘルス・マネジメント検定

メンタルヘルス・マネジメント検定は、年々重要度が増しているメンタルヘルス管理の業務に役に立つ資格です。ストレス社会における社員の気持ちの変化や精神的な不調に気づき、対処することが重要です。
受験資格はありませんが、資格のレベルによって難易度や合格率が異なります。自分にあったレベルから受験していくことで、人事としてのスキルアップにもつながるでしょう。

受験資格 年齢・性別・国籍・学歴による制限はなく、誰でも受験できる
「Ⅱ種(Ⅰ種)からの受験」や「Ⅰ種・Ⅱ種の併用受験」なども可能
実施時期 3月ごろと11月ごろの2回
受験手数料 Ⅰ種:11,000円(税込)
Ⅱ種:6,600円(税込)
Ⅲ種:4,400円(税込)
受験者数 直近、2020年11月1日(日)の試験に関しては以下のとおり
Ⅰ種:1,571人
Ⅱ種:11,294人
Ⅲ種:5,516人
(※2021年2月19日時点)
合格率 直近、2020年11月1日(日)の試験に関しては以下のとおり
Ⅰ種:21.3%
Ⅱ種:56.5%
Ⅲ種:86.4%
(※2021年2月19日時点)

働く人たちの心の健康と活力ある職場づくりのために メンタルヘルス・マネジメント®検定

人事総務検定

人事総務検定は、人事や総務の仕事をする上で必要な知識を体系立てて学ぶことができる資格です。人事の業務内容は企業によって異なっていたり、総務や労務との住み分けがなかったりします。そのため、人事、労務管理、年金、法律関連といった専門知識を総合的に身に付けられるので、業務での活躍の幅も広がるでしょう。
3級は受験資格がなく、3級に合格すると2級が受験でき、2級に合格すると1級が受験できるという仕組みです。まずは、3級からチャレンジしていくとよいでしょう。

受験資格 3級:年齢、学歴に関係なく、誰でも受験可能
2級:3級合格者、かつ人事総務スキルアップ検定協会への登録者
1級:2級合格者、かつ人事総務スキルアップ検定協会への登録者
実施時期 3月ごろと10月ごろの2回
受験手数料 3級:5,090円
2級:7,640円
1級:11,000円
合格率 非公表

一般社団法人 人事総務スキルアップ検定協会

資格を取る前に気を付けること

資格の取得において重要なのは、目的を“資格の勉強で得た知識を実務で生かす”ことに設定することです。今後、自分がどんな業務に携わるのかを把握して、その上で役立つ資格を取ることが大切だといえるでしょう。資格はたくさんあるので、あれこれと目移りしてしまいがちですが、「この資格は役立つかもしれない」という気持ちで選ぶよりも「この業務に携わりたいからこの資格を取ろう」というほうが頑張れるはずです。資格取得の先に本当の目的をおくことが、自分にとって得難い宝物を手に入れることにつながるでしょう。

改めて人事の仕事に関して詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。資格を取得した上でどのようにキャリアに活かすかも重要です。将来のキャリアパスを描いた上で、計画的に資格の取得や転職活動を行うとよいでしょう。

これからの人事職に求められるもの

働き方改革という言葉も浸透し、ダイバーシティ(多様性)が重視されるようになって雇用形態も変化しています。そのなかで、人事には何が求められるのでしょうか。
これからの人事には、「時代の変化をキャッチアップする力」やそれをいち早く「社内の組織力強化・人材力強化につなげる力」が求められます。なぜならば、IT技術の進歩や少子高齢化にともなう労働人口の減少など、変化のスピードが加速しているためです。これまでの人事関連の知識や業務だけにとらわれず、柔軟に対応していく力は重要だといえるでしょう。
最近は“タレントマネジメント”が注目されています。自社の人材(タレント)の経験・得意分野・スキル・素養などのデータを一元管理し、新しいプロジェクトを開始したときなどに適材・適所の人材を迅速に配置したり、教育したりすることを指します。外から新たな人材を採用したり、業務をアウトソーシングしたりせずに、社内で適切な人材を見つけるためのマネジメントが求められています。
また、人的資源(Human Resource)とテクノロジーを掛け合わせた「HRテック」にも注目が集まっています。「HRテック」とは、人工知能(AI)、クラウド、ビックデータなどの最先端のテクノロジーを駆使して人事課題を解決する試みです。日々の業務をこなすだけでなく、課題解決の視点を常に持ち、社員をマネジメントする能力を持つ人材が、人事職にも求められる時代になっているといえるでしょう。

人事職への転職を目指すなら

「人事職への意向が強まった」、「自分にどんな強みがあるのか知りたい」という方は、ぜひパソナのキャリアアドバイザーにご相談ください。
人事職のどの分野に、あるいはどんな働き方に向いているのか?転職のプロが、無料のキャリアカウンセリングであなたの強みの洗いだし、応募企業を検討したり志望動機を考えたりする際には、参考となる情報の提供も可能です。応募書類の添削や模擬面接も個別に実施しており、内定や入社までのサポートもさせていただきますので、1人で転職活動を進めるよりも満足のいく転職を目指すことができると思います。どうぞお気軽にご相談ください。

監修者プロフィール

キャリアアドバイザー 宮崎 壮一郎

経理・人事を中心に管理部門全般、20代~50代の方々を幅広くサポートしております。 面談では、これからのキャリアパスを始めより良い転職活動を行うには何をすべきか一緒に打ち合わせさせていただきます。また、転職活動は様々な不安や悩みが多々出てきますので、何でもお気軽に相談下さい。全力で貴方のサポートさせて頂きます。良い転職活動にしていきましょう。


キャリアアドバイザー紹介ページはこちら>>