スマートフォン版はこちら

その他回路設計(電源・高周波・レイアウト)のベンチャー企業の求人・転職情報

転職エージェント「パソナキャリア」が紹介するその他回路設計(電源・高周波・レイアウト)のベンチャー企業の求人情報。
高い専門性を持つ専任のキャリアアドバイザーがひとつ上のレベルの転職を支援します。

公開中の求人1件中 1~1件を表示

  • リバーフィールド株式会社
    電気設計エンジニア【手術支援ロボット開発】

    年収
    年収非公開
    勤務地
    東京都
    • ベンチャー企業
    • 正社員
    • 管理職・マネージャー
    • 転勤なし
    • 土日休み
    • 完全週休2日制
    • フレックスタイム制度
    仕事内容

    医療現場の課題・ニーズに真摯に向き合い、技術に立脚した高品質な製品・サービスをタイムリーに提供することで、日本の医療機器産業の発展に貢献していいただきます。
    【具体的には】
    ■手術支援ロボットの回路設計業務
    ・製品設計
    ・仕様書及び報告書などドキュメント作成
    ・試作
    ・安全試験
    ◆開発環境、ツール
    OrCAD、Visio、Solidworks
    ■組織構成:電気設計2名、ソフトウェア4名、機械設計5名

    会社特徴

    ■手術支援ロボットとは?
    従来の外科手術に代わる治療として注目されているのが「低侵襲治療」と呼ばれる治療法です。患者さんの体に小さな穴をあけ、そこから内視鏡や器具を挿入する方法によって、入院期間の短縮や術後の早期回復など、患者さんへの負担を軽減することができます。低侵襲治療で複雑な手術を行うためには多様な手術操作が必要になりますが、手術支援ロボットによってそれが可能になります。国内では保険適用範囲が大幅に拡大したことによって、医 療現場からのニーズがますます高まっています。
    ■当社の強み
    当社の強みは、大学での長年の研究の末に確立した、世界に類をみない「空気圧制御」技術。人にやさしい繊細な動きを 実現するこの技術を活用し、設立からわずか1年余りで世界初となる空気圧駆動型の内視鏡ホルダーロボット「EMARO」 の製品化に成功。低侵襲治療の現場で活躍しています。 次なる挑戦は、この技術を活用した次世代手術支援ロボットを世に送り出すこと。「安全性」「機能性」「操作性」を兼ね備えたMade in Japanの手術支援ロボットのパイオニアを目指しています。
    ■累計で約20億円の資金調達を実現するなど、業界でも注目されております。医療技術の発展と上場を目指す会社を一緒に創っていきたいという意欲のある方をお迎えしたいと考えております。

    勤務地

    東京都新宿区左門町20番地 四谷メディカルビル5F

    担当者のコメント

    定年65歳!長期就業が可能です!今後はグローバルに事業展開予定。事業の成長とともにあなたも成長してみませんか?

関連の求人を探す