スマートフォン版はこちら

【徹底解説】人事コンサルタントとは?仕事内容から転職方法まで

img_jinji01.jpg

人事コンサルタントの仕事をされている方の中には、自分の現在の業務や将来のキャリアを見つめ直している方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、人事コンサルタントの経験はないけど、人事コンサルタントの仕事に興味があるという方もいらっしゃるでしょう。

今回は、人事コンサルタントの仕事内容や年収・資格・転職方法・やりがいなどの情報を徹底解説します。

パソナでは、多くの人事コンサルタントの転職のサポートをさせていただいておりますので、詳しく話を聞きたいという方や求人に応募したいという方は、ぜひご相談ください。

 

 

人事コンサルタントとは?どんな仕事なのか

人事コンサルタントとは、企業の経営課題を解決するために人事領域の改善・提案・実行を行う仕事です。企業の経営課題を解決する仕事を経営コンサルタントといいますが、その中の一つです。その他の経営コンサルタントの種類としては、財務コンサルタント、物流コンサルタント、マーケティングコンサルタントなど様々なものがあります。

人事コンサルタントの仕事内容

人事コンサルタントの具体的な仕事内容は、企業の経営課題、人事課題を分析し、原因を明らかにします。その課題に対して、解決のためにどのようなアプローチをしたらいいか解決策を考え企業に提案します。 その後、アドバイスや効果測定などを行いながら、企業の求める理想的な経営をサポートします。また、アドバイスだけではなく、実際に現場で人事業務を代行することもあります。

一口に、人事コンサルタントといっても様々な分野があります。人事制度や組織構造の課題にアプローチする「人事組織コンサルタント」。企業の採用活動を支援する「採用コンサルタント」。従業員の教育・研修における課題を解決する「人材育成・教育コンサルタント」などです。 この3つはこの先でご紹介させていただきますが、その他にもグローバル人材コンサルタントや労務コンサルタントなど、様々な分野があります。

人事コンサルティング会社・求人情報

人事コンサルティングの会社にも、大手企業から中小企業まで様々です。大手の総合型コンサルティングファームであれば、人事分野の部門があります。人事領域に特化したコンサルティング会社もあり、人事領域の中でもグローバル人材に特化した外資系の企業などもあります。 コンサルティング会社の中でも、人事領域、その中でもさらに狭い領域でサービスを提案していればいるほど、専門性が高く、求められるスキルも高くなる可能性があります。

詳しい企業の情報や求人の情報は、ぜひパソナのキャリアアドバイザーにご相談ください。

 

人事コンサルタントの種類とそれぞれのミッション

人事コンサルタントの中にも、いくつかの種類があります。企業の抱える人事課題は様々であるため、企業の課題に合わせて、専門的なコンサルティングを行います。 今回は「人事組織コンサルティング」「採用コンサルティング」「人材育成・教育コンサルティング」について解説します。それぞれが企業のどのような課題に対して、どのようにアプローチするものなのか、理解を深めていきましょう。

人事組織(制度)コンサルティング

人事組織コンサルティングは、人事制度の構築や組織構造の改革を行います。企業の経営戦略に基づいて、現状の分析~具体的施策の考案~導入・運用・効果測定までを行います。

例えば、人事制度に対する不満から離職率が上がっている企業に対して、評価制度や報酬制度の見直しを行ったり、新たな事業を立ち上げるにあたって、全体最適な組織構成を考案したりします。
人事や組織に関するプロフェッショナルであることはもちろん、企業の経営課題や経営戦力を理解した上でのコンサルティング能力が求められます。

採用コンサルティング

採用コンサルティングは、企業の採用課題に対して採用戦略を考案したり、実際に採用活動を行ったりします。

例えば採用のノウハウや知見がない企業に対して、採用計画を立案し、採用ターゲットの策定、採用手法の選定を行います。また、人事担当者の人手が足りていない企業に対して、採用コンサルタント自身が書類選考や面接を行い、入社に至るまでのサポート業務を代行する場合もあります。
採用コンサルティングは、企業の求める人材のスキルを把握するだけでなく、企業理念や風土を理解した上でどのような人材がマッチするかも把握する必要があります。

人材育成・教育コンサルティング

人材育成・教育コンサルティングは、従業員の能力を高め、パフォーマンスの向上、組織力強化を図ります。人材育成像の構築、教育体系の策定、研修プログラムの企画立案を行い、実際に研修の講師を行うこともあります。

従業員の全体的なボトムアップのために、新入社員研修や階層別の研修、経営層に向けた研修のように、従業員の年次に応じた必須の研修を導入します。また、課題に応じてマネジメント研修や技術研修、営業研修などピンポイントのスキルを強化する研修を導入することもあります。定着力の強化やモチベーション向上のために、企業理念やビジネスマインドの教育が必要な場合もあるでしょう。
人材育成・教育コンサルティングでは、中長期的な視点でどのように育成していくべきか、戦略的な視点が求められます。

 

人事コンサルタントの年収はどのくらい?

パソナで現在ご紹介させていただく事ができる人事コンサルタントの求人の平均年収は、約740万円です。おおよそ500万円~1000万円で募集をされている求人が多いです。 もちろん、ご年齢やご経験、企業の給与水準によって変動するので一概にはいえません。しかし、人事コンサルタントの仕事は、企業の経営課題を解決するという難易度が高く重要なミッションを担っており、専門知識や素質も必要なので、年収は比較的高いといえるでしょう。 コンサルタントの平均年収は以下の通りです。

20代の若手の方であれば、400万円~600万円程度。40歳を超えると1000万円を超えることが多いです。年齢が上がり、マネジメントや役職がつくと1500万円を超えることもあります。また、これまでの経験が即戦力をしていかせる場合や資格や語学力が評価されれば、想定年収を上回るオファーが出ることもあります。

年収と比例して、求められる仕事やプレッシャー、やりがいも大きいと考えるとよいでしょう。

人事コンサルタントに必要な資格は?

人事コンサルタントになるために必要な資格はあるのでしょうか。この資格がないと携われない業務があるわけではないので、必須の資格はありません。資格より、どのような業務を行ってきたか、どのようなスキルがあるかが重要だといえるでしょう。

必須の資格はない

人事コンサルタントの業務を行う上で役立つ資格や転職の際に有利になる資格はあります。しかし、必ずしも資格を持っていないといけないわけではありません。資格取得にあたって身につけた知識やその知識を活かしてどのような業務に携わってきたかが重要です。人事コンサルタントの業務を行う上でおすすめの資格をご紹介します。

●キャリアコンサルタント
キャリアコンサルタントは、従業員の適性や能力、関心に基づいて、キャリア形成の支援を行うための国家資格です。人事コンサルタントとして、従業員のキャリアを考えた人事制度の構築や教育体系の策定を行う上で役立つ知識を身につけることができます。

●社会保険労務士
キャリアコンサルタントは、従業員の適性や能力、関心に基づいて、キャリア形成の支援を行うための国家資格です。人事コンサルタントとして、従業員のキャリアを考えた人事制度の構築や教育体系の策定を行う上で役立つ知識を身につけることができます。

●中小企業診断士
中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家になるための国家資格です。人事コンサルタントは、人事業務における課題だけではなく、企業の経営課題を理解した上で人事戦略を考える必要があります。そのため、経営的な視点や分析・アドバイスできる知見が求められるでしょう。

人事コンサルタントに必要なスキル

人事コンサルタントとして必要なスキルは何でしょう。資格は専門的な知識やスキルを持っていることの証明になりますが、目に見えないスキルとしてはどのようなものが強みになるのか解説していきます。

●論理的思考力がある
論理的思考力は、人事コンサルタントに限らずコンサルティング業務を行う上で非常に重要なスキルです。企業の課題を分析・把握して、解決策を考え提案する上で「本来あるべき姿」や「理想像」から逆算することが出来なければなりません。また企業に対してその解決策の重要性や効果を論理的に説明する必要もあります。その上で、ロジカルシンキングやゼロベース思考、仮説思考が求められるでしょう。

●人や組織の仕組みに興味がある
人事コンサルティングというだけに、人や組織の仕組みに興味関心が高いことは大前提として必要でしょう。経営課題を人事戦略に落とし込む上で、人や組織に対する課題意識がなくては、効果的な解決策を考案することができません。また、人事領域での専門的な知識も必要なため、積極的に情報を収集したり、勉強したりすることが求められます。自分の仕事に対するモチベーションのためにも、人や組織の仕組みに興味があるかは重要でしょう。

●体力やメンタルが強い
人事コンサルタントとしての業務には、体力と精神力が必要です。クライアント企業の課題を解決しなくてはならないというプレッシャーのもと、時間的な制約や人間関係などの様々な問題も発生します。企業の採用目標や離職率といった、具体的な数字をKPIとして設定されることもあり、目標達成に向けてのマインドも強くなくてはなりません。

人事コンサルタントになるには?転職するには?

人事コンサルタントになるには、様々な方法があります。当然のことながら、現職が人事コンサルティングサービスを提供していなければ、人事コンサルティングの会社に転職することになるでしょう。現職でのご経験別に、転職の難易度やポイントとなる点を解説させていただきます。

未経験からなる場合

未経験から人事コンサルタントになることは可能です。年齢的には、第2新卒~20代後半であれば転職できる可能性が高いです。ご経験としては、無形商材の法人営業のように、クライアントの要望や課題に対して、ソリューションを組み合わせて提案するような経験が評価に繋がります。

このような経験がなくても、四大卒で学歴が高かったり、プライベートで資格取得や自己研鑽に励んだりしていれば、面接に進めることもあります。面接では、論理的思考力や知的好奇心などが評価されれば面接に進めるでしょう。 書類選考にしても、面接にしても、かなり難易度が高いので転職のプロである転職エージェントのサポートをオススメします。

人事コンサルタントからキャリアアップする場合

人事コンサルタントから人事コンサルタントに転職する場合は、転職によって何を叶えたいのかを明確にして転職活動をする必要があります。現職でも人事コンサルタントとして働いているため、現職では叶えることができないという説得力のある理由と根拠が必要です。「こんなことがしたい」「現職では叶えられない」「転職するしかない」という点を明確にしましょう。

また、仕事内容以外の点で不満がある場合でも、「人事コンサルタントとしてどんなキャリアを歩みたいか」を考えましょう。企業に転職理由を伝える際に、不満があったらすぐに転職してしまう人だという印象を持たれてしまいます。転職して、人事コンサルタントとして磨きたいスキルや描きたいキャリアを伝えるようにしましょう。

副業として働く場合

人事コンサルタントは副業として、働くこともできます。人事コンサルティングの仕事は、稼働時間も様々です。週に2~3日、クライアント企業に訪問して打ち合わせをする場合もあれば、毎日2時間、改善施策考案や資料作りを行い、月に1回オンラインで打ち合わせをする場合もあります。もちろん、人事業務を代行するとなれば、毎日クライアント企業に常駐する場合もあります。

人事コンサルタントの案件内容やクライアント企業の要望によって、勤務形態も勤務時間も様々なので、副業として働くことも可能です。その場合は、会社という看板がないため、個人のスキルや実績、人としての信頼がなくてはクライアントから案件を受けることができません。

人事コンサルタントのやりがいは?

企業の経営課題を解決するために人事領域の改善・提案・実行を行う人事コンサルタント。そのやりがいはどのような部分にあるのでしょうか。求められるスキルや年収も高い分、やりがいの大きな仕事を行っているといえるでしょう。

経営課題を解決できる

人事コンサルタントの一番のやりがいは企業の経営課題を解決できることでしょう。人材は企業の経営とって重要な資源です。人事課題を解決することは、企業の経営課題を解決することです。そして企業が成長し、社会に与えるインパクトの大きな事業になれば、あなたの仕事が社会に貢献したということです。企業の経営課題を解決するということは、それだけ重要で価値のある仕事だといえるでしょう。

様々な人に関わることができる

人事コンサルタントのやりがいの一つに、様々な人に関わることができるという点があげられます。クライアントの企業の人事の方はもちろんですが、経営者の方や実際に働いている従業員の方と接する機会もあるでしょう。 様々な立場の人から、様々な課題や思いを聞いてコンサルティング業務に活かすことができます。実際に成果に繋がったときは、直接感謝の言葉をいただくことも多い仕事です。

また、様々な人と関わることで自分の考え方や人事コンサルティングとしてのキャリアを見つめ直すきっかけになるかもしれません。クライアントワークによって、自分の会社以外の価値観の人を関わり、刺激が得られることは大きなやりがいに繋がります。

様々な企業に貢献できる

人事コンサルタントがコンサルティングサービスを提供するのは1社だけではありません。経営課題・人事課題を抱える様々な企業に貢献できることは、人事コンサルタントのやりがいです。

一般的にサービスの提供先というのは、企業や個人、国や公共団体など様々ですが、企業に提供するサービスは経済に大きな影響を与えるのではないでしょうか。人事コンサルタントとして企業にコンサルティングサービスを提供することは、経済を活性化させることに繋がると考えられます。経済を活性化させている企業への支援は、幅広い専門知見やスキルが身に付くでしょう。

まとめ

人事コンサルタントは、企業の経営課題を解決するために人事領域の改善・提案・実行を行う仕事です。人事コンサルタントの仕事をする上で必要なスキルも求められるレベルも高いですが、それだけやりがいのある仕事です。

人事コンサルタントと一口に言っても、人事領域も様々です。自分の強みを活かした分野でキャリア設計をするとよいでしょう。今後のキャリア設計に関しては、ぜひ、パソナへお気軽にご相談ください。