スマートフォン版はこちら

消費者向けサービスシステム企画からの転職

  • 田口さん(31歳・女性)

    1. Before
      消費者向けサービス 
      システム企画
    2. After
      インターネット広告 
      SEMコンサルタント

結婚をひかえ、ライフスタイルを第一のポイントにおいて転職活動をされた田口さん。仕事のやりがいも合わせて追い求め、最終的には未経験の業界・職種に転職先を決定されました。田口さんはどのように転職活動を進められたのでしょうか。また入社を決めたポイントとは。

転職する前の仕事

転職する前の会社ではどんなお仕事をされていましたか?
携帯電話での電子決済向けシステムを企画開発する会社で詳細設計や要件定義、サービス企画を行う部署で働いていました。 私のメインの仕事はシステムの要件定義で、協力会社との打ち合わせも多くありました。
どのようなところにやりがいを感じていましたか?

転職の理由

なぜ転職を考えたのですか?
勤めていた会社が早期退職を募っていたということもありますが、最終的には自分の望むライフスタイルに合わせた仕事をするために転職を決意しました。
システム開発に携わっていると、どうしても土日も出なければいけない時があります。当時自身の結婚が控えており、結婚後のライフスタイルを考えると続けていくのは厳しいかなと思いました。
将来子供ができ、育っていくときに仕事と両立させていけるかと考えると、もう少しプライベートに比重を置いた仕事をしたいと思い、転職活動へ入りました。

私の転職活動

面談ではどのような話をされましたか?
当初はキャリアアドバイザーの方にライフスタイル重視と伝え、職種や雇用形態にあまりこだわりはありませんでした。
ただキャリアアドバイザーの方から今後のキャリアプランを考えた転職を薦められ、改めて仕事内容についての希望を考えました。
仕事に対する希望として、お客様の希望にあったシステムを作り上げていくために必要なスキルをもっと伸ばしたいと思っていたので、コンサルティングか上流設計のできる部門ということでお伝えしました。
転職活動はどのように進められましたか?
転職自体はなるべく早めに行いたいと思っていました。自身の年齢的にも経験が求められ、新しい仕事をするには柔軟性や適応能力が見られるような状況にいましたし、結婚やその後出産することも考えると早めに仕事を決めておきたいと思っていました。
ただ、当時は景況感から求人が少なく、選考は厳しかったです。システムの開発職に応募した時などは、直近ではありませんが開発業務経験はあったので、すぐに感覚は取り戻せるという自信はありました。それで数社応募したのですが、なかなか難しく、書類選考で落とされてしまうところも多くありました。
また面接でも、自分では手ごたえを感じながらも落とされてしまうこともありました。なかなか思うように選考が進まず、応募先を自身のスキルにマッチしたところに絞らないと難しいかなと感じていました。
そんな中今勤めている会社を紹介して頂きました。
今の会社はインターネット広告のコンサルティングをメインに行っている会社であり、自身の経験がすぐに活かせるわけではありませんでした。ただ、インターネットということでシステムの部分から、さらに私はフロントよりのシステムに携わっていたので、親和性はあるなと感じました。
そこでキャリアアドバイザーの方に仕事について詳しく聞いてみたところ、内容的にもコンサルタントとしてお客様と関われると分かりました。希望していたコンサルティングの仕事であり、分野としてもインターネット広告という新しい分野なのでやりがいはあるだろうと思い、応募しました。
面接選考への準備はどのように行いましたか?
準備のための情報は全てインターネットで調べました。社長のブログや記事などを読み、基本的に自分が知りたい、気になると思ったことの概要を把握しておきました。
それで更に深い部分で気になるところは面接で全部聞きました。たくさん質問する、すなわち興味があるということは企業に伝えていいと思います。
その中で自身の経験ですぐに活かせるところや、未知の仕事で自身のスキルを活かせるだろうというところを伝えました。

入社した企業について

入社を決めた理由は何ですか?
実はもう一社内定を頂いていました。そちらはWEB系の大手の会社で、職種的にも自身の経験をより活かせるものでした。仕事内容も幅広く、年収面でも不満は無かったのですが、残業が多いところが気になりました。
今回の転職の一番のポイントが自身の望むライフスタイルに合うかということだったので、これではいずれこの会社にわがままを言ってしまうだろうと思いました。それで現在の会社に決めました。
入社してライフスタイルの面ではいかがでしょうか?
ライフスタイル重視といっても、広告系の会社ということでそれなりに覚悟をしていたのですが、予想していた以上に家庭状況などに配慮を感じました。
男性社員でも実際に育児休暇を取っている方もいらっしゃいますし、その他にも社員の事情を考慮した上での配慮を強く感じる部分があって、とても良い会社だなと思います。

新たな仕事のやりがい

新しい仕事はどのような内容ですか?
自身のシステム開発の経験を活かした会社HP作成なども行いましたが、メインはお客様のインターネット広告のコンサルティング・運用業務です。
実際の運用を通してデータを集めて分析し、更なる改善施策の提案をしています。同時に自身の知見も高めて今後の提案に活かせるところが魅力です。こうした一連の流れを通じてよい結果を出し、お客様にも認めてもらえると、非常に嬉しいですしやりがいもありますね。
転職をお考えの方へのメッセージ

私の場合は自分のライフスタイルを考えることからスタートしました。その上でやりたい仕事を見つけるという転職活動を進めました。ライフスタイルで満足いくものがあってこそ、やりたい仕事をより楽しめると思ったからです。
転職をお考えの方で、もしご自身に結婚などの将来設計があるのであれば、やりたいことよりライフスタイルを重視するという選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。

キャリアアドバイザーからみた田口さんの転職

内定獲得のポイント

面接の度に企業の担当者から言われたのが、「会社として、どんな仕事を任せられるかのイメージが持ちやすい方」ということでした。
インターネット広告は確かに未経験の分野ですが、一定のインプットに対して一定のアウトプットを出す仕組み(=システム)を適切に運用できるように設計して構築するという点では、代理店としての広告運用とシステム開発にも共通点はあります。その様な経験をしっかりとお伝えになれたことで、十分に即戦力として期待できる評価になったのではないでしょうか。
また、働き方も含めたライフスタイルについて企業にきちんと伝えて頂いていたこともあり、採用する側としてもどのような志向をもっている方なのかを理解できていたように思います。
採用する側の企業にそのような希望を伝えることをためらう方もいらっしゃいますが、長期で働く以上はお互いに対する理解は必須です。無理やわがままを押し通すのは禁物ですが、誠実に主張を伝えることはマイナス評価に繋がりません。

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。