スマートフォン版はこちら

ソフトウェア開発会社組込エンジニアからの転職

  • 小林さん(25歳・男性)

    1. Before
      ソフトウェア開発会社
      組込エンジニア
    2. After
      大手輸送機器メーカー
      組込エンジニア

メーカー系のソフトウェア開発会社で組込系エンジニアを3年経験した小林さん。 いくつかのプロジェクトを経験するうちに、より上流工程でものづくりに携わりたいという思いが強くなり、転職を決意。強いこだわりを持って転職活動に臨んだ小林さんが選んだ会社とは……

転職する前の仕事

前職ではどんなお仕事をされていましたか?
海外向けの家電製品の開発を行っていました。新卒で入社した会社なのですが、入社してはじめて携わったプロジェクトではプロジェクトマネジメント業務を担当し、マネジメント役として、協力会社の調整・管理等を行いました。その後、親会社である家電メーカー製品の開発業務の担当として、詳細設計、プログラミング、テストなど、一連の業務を担当していました。
前の会社でのやりがいは、どうでしたか?
「ものづくりに携わりたい」という思いが強くあり、それは就職する際の会社選びの基準のひとつでもあったため、自分が携わった製品が市場に出回ることに非常にやりがいを感じました。
仕事をするなかで身につけた強み、スキルなどはありますか?
エンジニアとしてのスキルももちろんですが、コミュニケーション能力が身についたと感じています。プロジェクトマネジメント役を通じて、他部門や協力会社との交渉力、調整能力、また、海外向けの製品を担当していたので、英語力も身につけることができました。

転職の理由

なぜ転職を考えたのですか?
製品を開発する上で、より上流の工程に携わりたいと考えるようになったからです。いくつか経験したプロジェクトのうち、大半は親会社である家電メーカーで企画された仕様にそっての開発が多かったのですが、新規の製品開発のプロジェクトにも携わることができました。そのプロジェクトに携わった経験から、より上流工程で製品の企画をしてみたいという思いが強くなりました。
転職を決意したきっかけ、出来事はありますか?
入社して3年がたち、今後のキャリアを考えるのであれば、今が転換点かと思い、転職を決意しました。3年という節目を向かえ、ものづくりにより深く携わりたいという思いが強くなったこと、また前職で経験できそうな製品には限りがあると感じるようになったことが、転職活動を決意したきっかけになりました。
何に重きをおいて転職活動を行いましたか?
経験を活かしてキャリアアップを実現し、さらなるやりがいを得るために、「ものづくりに携わる」「より上流の工程に携わる」という2点を重視して転職活動を行いました。

私の転職活動

どのように転職活動を行いましたか?
仕事をしながらの転職でした。同僚や友人に人材紹介会社経由で転職をした人が多かったので、まずは人材紹介会社に登録をしました。3社の人材紹介会社に登録をしたのですが、最終的にはパソナキャリアにしぼり、転職活動を行いました。応募した企業は10社程度で、最終的に1社から内定をいただきました。期間としては、3ヶ月程度だったと思います。
転職活動において工夫したことはありますか?
時間をいかに有効に活用するかという点です。仕事をしながらの転職でしたので、時間を確保することがなかなかできませんでした。求人探し、書類作成、日程調整、どれをとっても時間がかかってしまいます。私の場合、人材紹介会社をうまく活用しました。書類作成のチェック、企業への応募、面接の日程調整などをやっていただくことで、時間に余裕をつくり、求人・企業選びをじっくり行うなど時間を有効的に使いました。
転職活動において、大変だったことはありますか?
転職活動当初は仕事をしながらの転職ではあったのですが、実は転職を決意した際に会社側に退職の意思を伝えていましたので、実際に内定をいただく前に退職時期がやってきてしまい、焦りを感じました。また、その頃経済情勢も不安定になり、転職ができるのか不安にもなりました。
アドバイザーのアドバイスはいかがでしたか?
応募している企業の過去の面接の内容や、求める人物像についての情報を提供していただいたことが、大変役に立ちました。個人で転職活動をしているのではなかなか分からない情報でしたので、面接の対策を立てやすかったです。また、キャリアアドバイザーだけではなく、企業を担当されている営業の方から直接お話を聞く機会もあり、アドバイス含め、情報提供量という点で満足をしています。

入社した企業について

入社を決めた理由は何ですか?
日本を代表するメーカーのひとつであり、今回の転職で希望していた「ものづくりに携わること」「上流工程に携わること」という2点の条件が満たされていたので、入社を決意しました。また面接官の方の印象も良く、社風についても安心をして入社を決めることができました。
入社してかなえられたことは何ですか?
自社の製品の企画業務から携われるという点です。またグローバルな企業ですので、今まで海外とやりとりをしてきたスキルを活かすこともできると思っています。希望していた条件に合致した転職先なので、本当に今回の転職には満足をしています。

入社後と新たな目標

新しい仕事はどのような内容ですか?
自社製品の開発における企画フェーズから担当をしていきます。今後の目標は、さらに大規模な製品開発のプロジェクトに携われるよう、スキルアップをしてくことです。また、海外で働いてみたいという希望もでてきたので、それがかなえられるよう、英語のスキルも上げていこうと思っています。
転職をお考えの方へのメッセージ

退職時期についてはよく考えたほうが良いと思います。私は結果として、退職後にそれほど離職期間を作らずに内定をいただくことができました。これがもし、なかなか内定をいただけなかったとすると、それほど希望に合致していない企業であっても入社を決めていたかもしれません。自分にとって満足のいく転職をするためにも、ある程度次の転職先を見据えてから、現職の会社へ退職の意思を伝えることをおすすめします。

キャリアアドバイザーからみた小林さんの転職

キャリアアドバイザーからのコメント

今回の転職の軸が「ものづくりにより深く携わりたい」という点でしたので、一連の工程を担当することが多い中小企業や、大手であっても、担当業務の幅が広いポジションという求人をご提案していきました。まだお若く、経験は若干少なかったため、現在勉強している英語についてや、今後どんな知識を取得していこうと思っているかなど、意欲もあわせてアピールできるよう、面接対策も一緒に行いました。

内定獲得のポイント

内定に至ったポイントはレスポンスの早さと面接対策です。ご紹介させて頂いた求人に対して、応募の意思をすぐにご連絡いただけたので、タイミングよく企業側へ応募することができました。また、面接が通らなかった場合も、その理由を一緒に振り返り、面接に対する改善をしていった点が、最終的に納得のいく企業から内定をいただけたポイントでしょう。

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。