スマートフォン版はこちら

エネルギー関連会社の資材調達・購買からの転職

  • 園田さん(31歳・男性)

    1. Before
      エネルギー関連会社
      資材調達・購買
    2. After
      プラントエンジニアリング会社
      資材調達・購買

エネルギー関連会社の購買職として活躍されていた園田さん。 大学院を経て、再び購買職としての活躍の場を得られた園田さんの転職成功のポイントいついてお話を伺いました。

転職する前の仕事

転職する前の会社ではどんなお仕事をされていましたか?
エネルギー関連の会社で、主に購買を担当していました。生活を支えるインフラ関連の事業を行っている会社に興味があり、新卒で入社しました。
基本的に1案件に対して1担当制でしたので、材料や専門機器の購買担当として取引先との交渉、契約締結など、自分1人で最後まで対応していました。
エネルギー関連の企業としては日本有数の企業だったので、プロジェクトの規模や取引額が大きく、購買としてのやりがいを感じていました。
どんなスキルや強みを得られましたか?
元々は数字に対する苦手意識がありました。しかし、購買を担当するうちに苦にならなくなり、予算管理もできるようになりました。
取引先との交渉が頻繁に発生していたので、交渉力、コミュニケーション力が身についたと思います。また、取引先が海外企業の場合は、必然的に英語での交渉が求められたため、英語も上達しました。

転職の理由

転職を考えたきっかけは何ですか?
国内外の企業との交渉を重ねる中で、法律知識の必要性を感じていました。特に海外企業の場合は特殊なやり取りが発生し、弁護士に相談しなければ解決できないことも多々ありました。社内にもっと法律に詳しい人材が居れば、と日々感じていたことから、退職して大学院に進み、法律について学びました。大学院での勉強に一区切りついたところで、法律の知識を現場で活かしたい、購買の経験を活かして働きたい、と転職活動を始めました。
転職活動で重視したのはどんなことですか?
業務経験があり、大学院で学んだ法律の知識も活かせるため、購買職の求人を探していました。社会に貢献できるという点と規模の大きな仕事ができるという点で魅力を感じていたので、業種は前職と同じインフラやエネルギー関連の企業を希望しました。
業務内容を重視していましたし、前職の経験から大体イメージがついていたので、社風はあまり気にしませんでした。
勤務地はあまり意識はしていませんでしたが、実家が関東圏にあるのと、知見を深めるためにも首都圏に居られたらとは思っていました。

私の転職活動

転職活動は順調に進められましたか?
実務から離れていた期間があることをネガティブに捉えられることが多く、自分の意識の甘さを思い知りました。しかし、実務を離れていたからこそ、現場で法律の知識を活かしたい、活かすべきだという想いが強くあり、自分を理解してくれる会社を探して転職活動を続けていました。
購買職のイメージとして、安く仕入れることを第一に考えていましたが、いざ求人を探してみると、企業によっても購買職に求める要件が様々であることを知りました。自分の経験と学んだ法律知識が、応募先でどのように活かせるかを考えながら面接に臨んでいました。
転職活動で大変だったのはどんなことですか?
面接で、前職から大学院を経て、現在に至るまでの経緯を筋道を立てて説明することが難しいと感じました。
厳しい質問が投げかけられることもありましたが、むしろ自分のことをきちんと見てくれていると感じられましたし、毎回アドバイザーの方から事前にアドバイスを受けていたこともあり、自信を持って自分の想いをしっかりと伝えるようにしました。
アドバイザーとの転職活動はいかがでしたか?
実務を離れていた期間があったので、自分ではもっと転職活動が難航するだろうと思っていましたが、想像以上にスムーズに内定に至ったので驚きました。
人材紹介会社を利用しなければ、これほど上手く進まなかったと思います。
アドバイザーの方からは、企業が非公開で募集をしている求人など、自分だけでは知りえなかった求人情報を提供していただけましたし、書類の添削や面接対策をしていただけたので、安心して転職活動を進めることができました。
面接の前には、企業からの評価ポイントなどを伺うことができ、アドバイスもいただけたので、当日とても役に立っていました。
私の希望を尊重しながらも、転職のプロとしての視点でアドバイスをいただけたので、客観的に自分を見つめ直すことができ、前向きに転職活動が進められて良かったと思います。

入社する企業について

今度入社する会社を選んだ理由は何ですか?
自分の希望に業種・職種ともに合致しており、勤務地も実家に近いところだったので、ほとんど悩まずに入社を決めました。
企業規模も大きく、ブランド力もあるので、規模の大きな案件に携わることができると思い、期待しています。大変なことも多いと思いますが、その分やりがいは大きく、達成感も感じられると思います。
入社後に不安はありますか?
前職と仕事の進め方が異なるため、若干不安を覚えています。最初は戸惑うことも多いと思いますが、学ぶことは苦にならないので、前職の活かせる経験は活かし、新しいことはどんどん吸収していきたいと思います。
直接的に購買の仕事につながらなくても、間接的に役立つことであれば、積極的に学んでいきたいと思っています。

入社後の仕事内容と今後の目標

新しい仕事ではどのようなことを担当されますか?
最初は国内のプロジェクトを担当しますが、将来的には海外のプロジェクトも担当できるようになりたいです。海外との取引は、法律を学ぼうと思ったきっかけにもなったように、国内のルールが通用せず、難易度が高い仕事です。しかし、とても刺激的で、大きなやりがいが感じられる仕事でもあります。実務で英語を使うことが上達の近道でもあるので、チャンスがあれば積極的にチャレンジしたいと思います。
転職をお考えの方へのメッセージ

自分が何をやりたいことを貫けるかが転職成功のポイントだと思います。私自身、自分のやりたいことが何かをずっと考えて転職活動を進めてきました。それに加えて、待遇や勤務地など、理想と現実をバランスよく摺り合わせることが大切です。妥協できないことはしない、妥協できることはするなど、自分の中で優先度をつけると良いと思います。
また、時間と労力がかかるので、スケジュール管理は必須ですね。
自分の中でやりたいことをメインに考えつつも、人材紹介会社のアドバイザーからアドバイスがあった場合は、応募先の幅を広げてみるのも良いと思います。実際に面接に行って見て良い方に変わることもあるので、チャンスは多く持つことをおすすめします。

キャリアアドバイザーからみた園田さんの転職

キャリアアドバイザーからのコメント

前職での経験を活かせる購買職求人のご紹介をさせて頂きました。直近数年のブランクがあること、一般的には法科大学院=弁護士志望と受け取られてしまうため、面接官に如何に理解をしてもらうかということがポイントでした。

サポート内容

面接では、30、40分程度の非常に短い時間で自分自身を正確に理解してもらわねばなりません。なかなか難しいことですが、どうすれば相手により等身大の自分を理解してもらえるのか、どんな表現方法であればより正確に伝わるのかをきちんと考えて臨むことが重要です。
園田さんの場合、何故辞めてまで大学院へ行く必要があったのか、それが今後のキャリア(購買職)にどのように繋がるのか、という点を一緒に考えていきました。

内定獲得のポイント

大学院で学んだという事を評価頂ける企業や面接官に出会えるかどうかもポイントの一つだったので、ご紹介した求人に積極的に応募していただけたのが良かったと思います。
入社を決められた企業は、大学院での勉強過程を評価してくれた企業でした。園田さんは向上心をお持ちの方ですので、新しい企業でも様々なチャレンジをし、ご活躍いただけるものと確信しています。

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。