スマートフォン版はこちら

英会話学校運営からの転職

  • 池上さん(24歳・女性)

    1. Before
      英会話学校 
      運営
    2. After
      外資系IT企業 
      営業職

「自分の1ヵ月後を、自分で変えることができるんですね」と目を輝かせて言う池上さん。転職を決めてから、実際に動き出すまでの間はとても腰が重かったのに、いざ始めてみると、「いろいろな会社に出会うことが楽しくて仕方なかった」とか。 現在は外資系企業営業職として、活き活きとした毎日を過ごされています。

転職する前の仕事

転職する前の会社ではどんなお仕事をされていましたか?
英会話学校のスクールマネージャーとして、講師のマネジメント、生徒様のケア、営業、宣伝、経理など教室運営に関わるあらゆる業務に従事していました

転職の理由

転職を考えたきっかけは何ですか?
前職では、生徒の方の上達を間近で見ることができ、また、教室が黒字運営になっていくのが数字で見ることができたので、やりがいと楽しさを感じていました。
しかし、仕事量が多く、ほとんど毎日終電で帰宅し、生活が不規則になって体調を崩してしまいました。また、いくら仕事が楽しくても、「なんでもやる仕事」では、自分の中に専門性が育たないと思い、このままでよいのか、と思うようになったのです。

私の転職活動

どのように転職活動をされましたか?
実は、パソナキャリアに登録してからたった1週間で決まってしまったんです。
最初のカウンセリングで数社紹介していただいて、その中からいいなと思った会社に書類を提出し、翌週書類通過した現職の会社に面接をして、3次面接でその場で内定をいただきました。
その会社に入りたいとは思ったのですが、あまりに急に決まったので、どうしたらよいのかわからなくなってしまいました。
他に書類が通過して面接が決まっていた会社もあったので、キャリアアドバイザーに「本当にこの会社でいいのか、決めることができない」と相談したところ、他の会社の面接日程を前倒しにしてくださったのです。
入社のお返事をしなければいけない1週間の間に他の会社の面接を受けて、本当に入りたい会社をじっくり考える時間を持つことができました。全部で4社受け、最終的には、最初に内定をいただいた会社に決めました。
他の会社を見たことで自分の判断に確信できたので、本当によかったと思っています。

入社する企業について

今度入社する会社を選んだ理由は何ですか?
「仕事は仕事、プライベートはプライベート」という社内の雰囲気がいいな、と思いました。やるべきことをやっていれば定時に帰ってよいという会社で、がつがつしたところがなく、それでいて仕事内容はやりがいがあるので、長く働ける会社だと思いました。

入社後の現状・新たな目標など

新しい仕事や今後の目標について教えてください。
社内業務はすべて英語で、お客様も英語しかしゃべれない方が少なくありません。まずはビジネス英語に慣れることを目標にしようと思っています。
最初は小さな企業の担当に配属されますが、いずれは先輩社員のように大きな企業のお客様を任されるようになりたいと思っています。前の会社は2年ほどで離職しましたが、今の会社はできるだけ長く働きたいと思っています。
転職をお考えの方へのメッセージ

現状が不満なのに、やりたいことが見つからないから、行動を起こさない、というのは何か違う気がします。
私も何をやったらよいかわからない状態で転職活動を始めましたが、キャリアアドバイザーと話しながら「人と接することが好き」「できれば英語を使う仕事がしたい」という漠然とした思いを煮詰めて点を線で結んでいくことで、新しい仕事に出会うことができました。
今の仕事に不満があったら、悩まないで誰かに相談してみるとよいと思います。やっぱり今の仕事をがんばろうと思うかもしれないし、新しい仕事に出会うかもしれない。どうなるかはわからないけれど、何かしらそこで見えてくるものは必ずあるはずです。

キャリアアドバイザーからみた池上さんの転職

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。