スマートフォン版はこちら

総合商社総合職からの転職

  • 長谷川さん(25歳・女性)

    1. Before
      総合商社 
      総合職
    2. After
      戦略・会計・人事系コンサル 
      ビジネスツール企画開発

大手総合商社で、総合職として1年3カ月勤務された長谷川さん。付加価値がつけられるような仕事で経験を積みたいと、パソナキャリアに登録。 北海道にお住まいなので、ネットと電話による転職活動をスタートされました。

転職する前の仕事

転職する前の会社ではどんなお仕事をされていましたか?
大学の外国語学部中国語学科を卒業後、総合商社の原料部門に総合職として入社しました。膨大な量の仕事を幅広く任されて、貿易・経理等の知識も身につき、商社機能の概要はつかめたと自負しています。どの取引もスケールが大きく、やりがいが感じられました。
仕事では、課の予決算業務、営業補佐、貿易業務を担当しました。具体的には、中長期計画の提出、審査・経理部門への預託限度・在庫・帳簿分析の報告、為替のチェックや予約・限度管理、三国間貿易に関わる書類作成、海外取引先との連絡・調整業務などです。

転職の理由

転職を考えたきっかけは何ですか?
商社は、右から左へと物を動かす機能を担います。確かに、様々な資材を扱えますし、スケールの大きさにやりがいもあります。ただ、そのビジネスに身を置くうちに「物を動かす仕事ではなく、製品やサービスで付加価値がつけられるような仕事で経験を積みたい」と考える様になりました。
その考えに至ったとき、入社以来の3年勤続という目標にこだわるよりも、むしろ早いうちに切り替えたいと思うようになりました。また、労働時間が非常に長く、体力的にも厳しいことも、転職を後押しする一因となったと思います。

私の転職活動

どのように転職活動をされましたか?
大学で学んできた「中国」には興味があり勉強を重ねていきたい分野であり、スキル活かせる場でもあったので、中国に渡り転職活動を開始しました。納得できるまで探そうと考えていました。しかし、実際に転職活動をしてみると、通訳などの仕事はあっても、市場調査や企画・マーケティングといった求人はありませんでした。日本で2カ月、現地で1カ月、活動をしてみて、踏ん切りがつきました。遠回りをしましたが私にとっては必要不可欠な過程だったと考えています。
帰国後すぐに、転職活動を再開しました。仕事内容次第では首都圏をはじめ全国勤務を前提としていたので、北海道に住みながらネットで人材紹介会社に登録し、求人情報を検索しました。
登録しても各社反応は様々で、何も反応もない紹介会社もありました。その中で最初に北海道まで電話をかけてくれたのが、パソナキャリアのキャリアアドバイザーでした。電話でのカウンセリングと求人の紹介を受け、帰国2週間後には東京で面接を受け、内定をいただきました。

入社した企業について

今度入社する会社を選んだ理由は何ですか?
今度入社する会社では、第二新卒を対象とする企画の絡む仕事を募集していました。メーカーではありませんが、自社製品を持っています。一般的によく知られているその自社製品に、どんな付加価値をつけていけるのか、どのように仕事を拡げていけるのか……その可能性に惹かれました。
もちろん残業もありますが、労働時間にゆとりはありそうです。長く働き続けていける要素の一つとしても納得できました。

入社後の現状・新たな目標など

今後の目標を教えてください。
入社後に具体的な目標を決める事になるでしょうが、私は仕事上で専門性を身につけたいと考えています。ポジションを確立して、自分にしかできない仕事を築き、やりがいを見出していきたいと思います。また、入社後余裕ができたら、体を動かしたり、勉強する時間を作るのもいいですね。
転職をお考えの方へのメッセージ

転職活動を通じて、家族と話し合う時間が増えた事が私にとっては非常に有意義でした。家族1人1人考え方や価値観が違いますし、転職は家族も深く関わる問題です。勤務地、雇用形態、仕事内容、企業内容、家族からの期待、生活観・・・。挙げたらきりがありません。
転職をお考えの方にはぜひ、よく考えていただきたいと思います。一生続けられる仕事、一生続けたい仕事を見つけるには、必要不可欠な過程ではないでしょうか。その上で、これまでの経験やスキルを整理・自己分析して、自信を持って堂々と面接に臨んでください。

キャリアアドバイザーからみた長谷川さんの転職

キャリアアドバイザーからのコメント

北海道にお住まいなので、電話でのカウンセリングでした。質問には、簡潔にハキハキと答えてくださいました。前職では、配属先で女性初のスタッフとして、臨機応変に処理するスキルを身につけていらっしゃいます。また、部署全体を把握できる広範囲に及ぶ業務をなさっていたため、社内外とのコミュニケーションを円滑に築くことができ、調整を正確にこなすスキルもお持ちです。
ご自分のキャリア、志向、希望を明確に整理されていたので、転職活動もスムーズだったのだと思います。中国における転職活動での行動力・踏ん切りのつけ方、日本における転職活動のスピードは、長谷川さんならでは。今後の一層のご活躍を期待します。

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。