スマートフォン版はこちら

鉄鋼専門商社事務職からの転職

  • 松下さん(31歳・女性)

    1. Before
      鉄鋼関係専門商社 
      事務職
    2. After
      人材サービス企業 
      営業事務

新卒で正社員として入社した会社を3年余で退社後、派遣社員として2社に勤務。「30歳になり、正社員として落ち着いて働きたいと思うようになった」と、転職を決意した松下さん。持ち前の明るい性格と責任感の強さを評価され、人材サービス企業の営業事務職に就職が決まりました。

転職する前の仕事

転職する前の会社ではどんなお仕事をされていましたか?
新卒で鉄鋼の専門商社に入社し、3年3ヶ月勤務した後、実家の自営業を手伝うために退社。その後しばらくして、派遣社員として働き始め、鉄鋼を扱う商社2社経験しました。

転職の理由

転職を考えたきっかけは何ですか?
前職では、派遣社員だったのにもかかわらず、残業も遅くまでしていましたし、取引先との接待に同席したり、1人で取引先に出向いて研修を受けたり……仕事の質も量も大変で、責任も大きく、社員の人と同じように働いているのに派遣社員だというだけで待遇に大きな差があることに、不満を持っていました。30歳になったとき、転職情報を見てみると、多くの求人が「30歳くらいまで」と書いてあったので、早めに転職して社員になろう、と思いました。

私の転職活動

どのように転職活動をされましたか?
新卒の就職活動のときは情報がたくさんあったのですが、転職の場合は公開している情報が少なく、その中から自分に合う会社を自分で探しだすことは難しいと思ったので、人材紹介会社に登録しました。カウンセリング時に紹介された会社のうち数社受け、その後に紹介された企業にあっという間に入社が決まった感じです。
私は今までずっと鉄鋼関係の商社に勤めていたので、転職先も鉄鋼関係を希望していました。というより、鉄鋼関係以外への転職は厳しいのではないかと思っていたのです。でも、思いがけずキャリアアドバイザーの方から「あなたに合うと思って」と、人材サービス企業の事務職を紹介され、話を聞いているうちに、その会社に興味を持つようになりました。その会社は、雰囲気がよさそうで、仕事内容も、私が希望していた「内勤の事務職で、営業の方のサポートをしながら周りの人を助けるような仕事」にぴったりでした。選考が進む中で未経験分野だけれどチャレンジしてみようかな、という気持ちになり、1次面接、2次面接を通過し、採用が決まりました。

入社した企業について

今度入社する会社を選んだ理由は何ですか?
なんといっても、働く環境のよさです。今までは年収や待遇ということばかりに目が行っていましたが、面接を受けながら、社風に惹かれて「ここで働いてみたい!」と思ったので、その直感を大事にすることにしました。私のことをよく知ってくれているキャリアアドバイザーが「私に合う」と言ってくれたのだから、きっと私に合う何かがあるのだろう、とも思いました。

入社後の現状・新たな目標など

入社した会社はいかがですか?また、今後の目標があれば教えてください。
今、入社して1週間ほどたち、未経験の業種なので前任者からの引き継ぎを行っているところです。周りがいい人ばかりで、働きやすい環境なので、仕事を覚えるのは大変ですが、毎日楽しく過ごしています。まずは3ヶ月で仕事を覚えることを目標に、自分のキャリアプランについては、その後ゆっくり考えていこうと思っています。
転職をお考えの方へのメッセージ

転職は、年齢を考えてあせってしまう人も多いと思います。私も31歳になる前に転職を決めたい、とあせっしまったところがありました。でも、転職は自分をしっかり見つめて、じっくりあせらず探していくべきだと思います。あとは、転職も何かの縁なので、面接を受けて、「ここだ!」と思ったら、そのときは自分の直感も大事にするとよいのではないでしょうか。

キャリアアドバイザーからみた松下さんの転職

キャリアアドバイザーからのコメント

松下さんの明るいお人柄や積極的な姿勢など、今回入社された会社の雰囲気にピッタリだと思います。松下さんにとって未経験の業界でのお仕事にはなりますが、新しい職場でもきっと活躍されると信じています。

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。