スマートフォン版はこちら

保険会社営業(職域営業)からの転職

  • 小池さん(42歳・女性)

    1. Before
      保険会社 
      営業
    2. After
      保険会社 
      営業

保険会社の営業職から同じく保険会社の営業職に転職した小池さん。職種は同じでも、その内容は大きく変わり、現在は投資信託や変額年金保険などを扱うファイナンシャル・プランナーとして精力的に活動されています。

転職の理由

転職を考えたきっかけは何ですか?
前職では、お客様のニーズに応えられるきめ細かいサービスを心がけ、また、半年毎の査定でも目標をクリアできるようにがんばってきました。
しかし、若いお客様をターゲットにしていたので、マーケットに限界があり、また、職場も20代の若い人が多く、仕事内容も少しマンネリを感じていました。転職に不安がなかったわけではありませんが、キャリアアップしたいという気持ちが高くなり、前職を続けながら転職活動を始めました。

私の転職活動

どのように転職活動をされましたか?
最初のカウンセリングでは、担当者の方は業界のことに大変詳しく、信頼して話をすることができ、自分の希望もしっかり聞いてもらえました。また、私は前の会社での経験を大したことではないと思っていたのですが、「7年間勤めた経験は大きなPRポイントになります」と教えていただきました。
私は自分で前に出て自己PRするタイプではないので、カウンセリングで肯定的なアドバイスをいただけたことが励みになりました。カウンセリングの後、数社紹介していただき、今の会社に書類を送り、面接2回を経て入社が決まりました。

入社先について

今度入社する会社を選んだ理由は何ですか?
面接時に、採用面接というよりも職場説明会といった感じで仕事内容を細かく教えていただき、自分がやりたいこととマッチしているかどうかよく考えてみてください、といわれました。面接の雰囲気はとてもよく、「この人たちと一緒に働けたら楽しいだろうな」と思ったことが一番の決め手になりました。
入社後の現状・新たな目標などはありますか?
前職と同じ保険会社といっても、仕事内容はまるで異なり、毎日が勉強で新鮮です。今の会社では、保険だけにとどまらず、投資信託や変額年金保険などのリスク商品を扱います。今まで扱ったことのない商品も多いので、社内の勉強会などに参加しながら資格を取得し、営業の幅を広げています。フォロー体制がしっかりしている会社なので、スキルアップができる環境です。
また、勤務時間はコアタイムがないフレックス制で、極端にいうと、1ヶ月で1年分の成績を上げれば、あとの11ヶ月は遊んでいてもよいというくらいに自由な環境です。自分のペースで仕事ができるので、仕事と家庭を両立させることができ、女性にとって働きやすい職場だと思います。待遇面に関しても、成績を上げた分だけ評価されるのでやりがいがあります。毎月の営業ノルマがないので、お客様に無理やり商品をお勧めしなければいけないこともなく、お客様のことをじっくり考えたご提案ができるので、ストレスを感じずに働くことが出来ます。
転職をお考えの方へのメッセージ

現職に留まった方が結果的によい場合もあれば、私のように思い切って挑戦してみて、より良い仕事にめぐり合えることもあります。人それぞれですが、まずは、自分の希望をきちんと周囲に伝えることが大事なのではないかと思います。

キャリアアドバイザーからみた小池さんの転職

キャリアアドバイザーからのコメント

小池さんのように、キャリアアドバイザーに相談することで、予想もしなかったような「転職」に出会えることもあるのです。小池さんのように前向きな気持ちで「活動」すれば、前向きな「結果」につながるのだと思います!

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。