スマートフォン版はこちら

転職活動最後の関門 最終面接で落ちる確率を減らすための対策とは

筆記試験、一次(二次)面接と進んで迎えるのが最終面接です。ここで失敗してしまうと、これまでの積み重ねが水の泡です。そうしたことにならないように、しっかりと対策を立てましょう。

最終面接で不採用 落ちる可能性は50%以上も

一般的に最終面接は、一次面接や二次面接よりも通りやすい傾向にあり、最終面接までいけばほぼ大丈夫と考える人もいるかもしれません。
しかし、実際は転職活動の最終面接で落ちる可能性は50%程度。厳しい企業だと70%程度に上るところもあります。つまり、半数以上の人は落ちているのです。甘く考えていると失敗してしまうので、充分に気をつけましょう。

実は、最終面接で落ちるというケースは少なくない

転職面接は新卒採用と違い、職務経歴書などから実績や経験の情報を得ることができるため、基本的に選考の初期段階でニーズに沿わない人材は採用を見送ることができます。そのため、一次、二次面接に通過したということは、人事担当者や採用担当者、面接を行った現場社員などは採用しても良いと考えているので、最終面接は役員クラスの最終確認というケースがあるのも事実です。
しかし、最近は企業も人材不足という大きな課題に直面しています。採用した人に簡単に辞められないよう、ミスマッチをなくすべく役員が細かい質問をするケースも増えているのです。そんな時に、役員からの質問に緊張して答えられなかったり、見当違いの回答をしてしまったりしたら、当然不採用となってしまいます。

最終面接 落ちるフラグはどこにある?

しかるべき結果につながる分岐点について、「フラグが立つ」と言われたりします。では、最終面接で「落ちるフラグ」が立ってしまうのは、どのような瞬間なのでしょうか。面接の場合、フラグが立ったからといって、必ず落ちるというわけではありません。しかし、「落ちるフラグ」について知っておくことは、そのような行動を避けられるため、面接対策に役立ちます。

面接がすぐ終わった、これってだめ?

落ちるフラグの1つとして考えられるのが、面接の時間が短かったこと。
面接時間が長ければ、面接官はあなたへの関心が高く、反対に短い場合は、関心を持たれなかったのではないか?と、不安を覚えてしまうこともあるでしょう。
もちろん、その可能性も否めませんが、一方で、それまでの面接でほぼ採用が決まっていて、最終面接は役員との顔合わせという位置づけの場合にも、面接時間は短めになります。ですので、面接時間が短いから不採用とは一概には言えません
しかし、面接時に質問への受け答えがうまくいかなかったり、あるいはきちんと話せたつもりなのに、面接官の反応が薄かったり、興味がなさそうだったりして、極端に短く終わってしまった場合は心の準備をしておいた方が良いかもしれません。

また、最終面接は面接官が社長や役員クラスの人物であった場合、多忙な時間を割いて面接しているので、時間が短めな場合もあります。回答には端的に答えることが望まれます。

面接官の反応が薄い 諦めて待つ?

面接官の反応が薄かったり、素っ気なかったりした場合は、不合格フラグが立っている可能性も考えられます。
しかし、あえて素っ気ない態度をとってあなたの反応を見るという面接の場合もありますので、面接官が関心を示さないような態度だったとしても、必要以上に気に病まず、落ち着いて受け答えをしましょう。気にしだすと不安になり、自信がなさそうな態度をとってしまったり、受け答えが不自然になってしまったりします。そうなると、本当に不合格になる可能性が出てきてしまいます。

少なくとも最終面接を受けている間は「落ちるフラグ」に気を取られることなく、聞かれた質問に対して、落ち着いて答えていきましょう。

最終面接でされる質問は? 逆質問には必ず答えよう

面接には定型質問と言われるような、どの面接でも聞かれる質問があります。この質問は、最終面接でも例に漏れず聞かれるケースがほとんどです。
また、最終面接でも「最後に何か質問はありますか?」と逆質問されるケースは多くあります。
合否決定前に質問できる最後のチャンスとなりますので、必ず質問するようにしましょう。

最終面接の面接官は、社長や役員である場合がほとんどです。それは、「本当に自社に必要な人材か」「自社の風土に合っているか」などを経営者視線で判断するためです。緊張すると思いますが、自分が会社に利する人材であることを、落ち着いてしっかりとアピールしましょう。

最終面接で改めて聞かれる志望動機

面接の初期段階からほぼ必ず聞かれる志望動機。もちろん最終面接でも聞かれる可能性があります。その理由は、しっかりとした入社動機を述べられる人は、その会社に入りたいという気持ちが強いと考えられているからです。最初の面接で語った入社動機とブレがあるようでは、面接用の建前だと思われてしまいます。ブレることなく、会社に対する強い思いや仕事に対する意欲をアピールしましょう。

最も多い逆質問「何か質問はありませんか?」

逆質問とは、面接官から「何か質問はありませんか?」と問われることです。
面接の最後に聞かれることが多いですが、最終面接の緊張から解放されたいが故に、「特にありません」と答えてしまうのは一番ダメなケースです。文字通り最後の質問ですので、必ず何か質問するようにしましょう。
そのためにも、最終面接の前に逆質問の内容をいくつか準備しておく必要があります。
「御社で仕事に取り組む際、最も大切なこと、心掛けるべきことを教えてください」
「入社までに勉強をしておいた方がよいこと、身に着けておくべきスキルがありましたら教えてください」など、ここで働きたいという意欲がアピールできる質問をすると良いでしょう。

「顔合わせ」と言われている最終面接の場合も、気を抜かない

最終面接は、それまでの面接でほぼ採用が決まっていて、経営陣との顔合わせという位置づけなことも実際にあります。しかし、最終面接で役員を怒らせて不採用になったという例もあるため、採用が決まっていたとしても決して気を抜かないようにしましょう。

最終面接は社長、役員クラスの年配の方が面接官となります。今まで以上に敬語や話し方、ビジネスマナーに気をつけましょう。もちろん一次、二次面接でもビジネスマナーに気をつけることはマストですが、面接官の年齢が近しいことも多い一次面接ではフランクに話せる場面があったとしても、年配の役員クラスと対峙する最終面接に同じようなノリで挑んでしまうと、「マナーがなってない」「社会人としての意識が低い」と判断されてしまいます。特に、最終面接前は、ビジネスマナーを再確認するようにしましょう。

最終面接、終わったらお礼メールを出したほうがいいか?

面接後に、お礼のメールを出すのは良いことです。しかし、最終面接の場合は面接官が社長や役員ということもあり、直接連絡して良いものか悩む人もいるでしょう。この場合は、どうしたら良いのでしょうか。

時間を取っていただいたことへのお礼と、面接内容のフォロー

一次面接・二次面接など、最終面接の前段階にお礼メールを送っていた場合は、最終面接の後にも送ることをおすすめします。送信先は、採用担当者で問題ありません。忙しい中、役員クラスの方の時間をいただいたことへのお礼と、面接内容のフォロー、そして改めて志望度が高いことなどを記載し、最後のアピールにすると効果的です。

最終面接の結果連絡までの期間 翌日に来ることもあれば長く待たされることも

最終面接の結果はすぐにでも知りたいもの。しかし、結果の連絡までにかかる期間は企業によって違います。

結果連絡が早い企業の場合は、最終面接の翌日に連絡がくることも。
その一方で、採用活動全体の進行を待って決断しようとしている、もしくは面接を担当した役員が多忙で不在がちな場合は時間がかかることもあります。

結果連絡の期日を教えてくれている場合は、その日までは落ち着いて待ちましょう。
連絡期日を伝えられていない場合は、日を追うごとに不安になると思いますが、少なくとも1週間~10日は待ち、それを過ぎても連絡がない場合は、採用担当者に連絡をしてみると良いでしょう。その際も、結果の催促をするのではなく、いつ頃に結果が出るのか様子を伺うような形で問い合わせることをおすすめします。

しっかりと準備して、最後まで気を抜かない

最終面接は、合否を分ける最終ステップ。緊張するのは当たり前です。その緊張を少しでも和らげ、普段通りの自分で受け答えをするには、しっかりとした準備が大切。ここで紹介したことを参考に準備を行い、気を抜かず最終面接にチャレンジしましょう。

これ一冊で転職活動のすべてがわかる!
「転職必勝ガイド」差し上げます

転職サポートお申し込み

※ご来社いただいた方全員にプレゼントいたします。(求人がご紹介できない場合は、ご来社いただけない場合がございますことをご了承ください)

※転職必勝ガイドプレゼントは、お一人様1冊となります。

転職成功ノウハウ

面接対策・職務経歴書の書き方など、転職に役⽴つ情報をご紹介します。

新着コラム記事

転職をお考えの方へ

パソナキャリアは株式会社パソナが運営する人材紹介サービスブランドです。
業界・職種の専門知識やノウハウをもつ専任アドバイザーによる親身なキャリアカウンセリングと豊富な求人・転職情報を無料で提供、皆様のキャリアアップや自己実現をサポートいたします。

女性

ご利用者様の声

自動車部品業界・物流・倉庫・在庫管理(40歳・女性)

転職者にとってベストな選択になるような観点で、情報提供やサポートを頂いた。
話しやすい雰囲気で、なんでも相談することができ、懸念等を解決できた。